放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヨコハマメリー
2010年06月10日 (木) | 編集 |
merry1.jpg

私は、横浜で生まれ、横浜で育った。
つい最近、マイミクさんの日記で、「メリーさん」の事を知った。
ネットで色々調べていたら、非常に興味がわいた。
彼女は、米軍相手の娼婦であったこと。パンパンとか、
私の父は「パンスケ」と呼んだ。白人相手の「白パン」黒人相手の「黒パン」
1995年故郷に帰るまで、現役を貫いたというのも驚く事実だ。


もしかしたら、どこかで遭遇してたかもしれない。
映画や、お芝居にもなっているということ。この映画は、ドキュメンタリー。

ご本人が中心という作品ではなく、彼女に関わった人達の証言が中心。
たまに、彼女の写真や映像が、使われている。
何しろ、回りの人の証言だけなので、ますます、本人像に興味がわく。
戦後、凄い速度で、様変わりして行く横浜という街が、彼女の目に、どう映っていたのか…。

愛する恋人を待ち続けて、娼婦を続けていたとしたら…。
戦後1~3年の間、外人墓地や、根岸の墓地には、混血の無数の赤ん坊の死骸があったと。
数は、800~900体。それを「メリーさんの子供たち」と呼んでいると。
彼女には子供がいなかったのか?家族を作りたいという願望はなかったのか?
この映画の中からは、凄い数の妄想が膨らんでいきます。

彼女が実際出演した映画も作成されたようだが、フィルムは、今だ行方不明。
ご本人が、自叙伝を書いて残していたら、もっと真実がわかったのに。。

この映画には、「特典映像」が、付いていました。
彼女の1番の理解者であったと思われるシャンソン歌手の永登元次郎さん。
彼は、末期癌に侵されていて、亡くなる4ヶ月前の、コンサートの模様が入ってる。
涙をいっぱいためて、「これが自分の最後になるであろう」歌を、歌うシーン。
これには、マジ涙出ましたよ。この短い歌の中に、色々なものが凝縮されてた気がする。

癌に蝕まれた身体で、メリーさんの老人ホームへの慰問。
この中には、動くメリーさんの貴重な映像が入っている。
すっかり、薄化粧の普通のご老人になったメリーさんは、気品高く
かつて、絶世の美女と言われた、面影が残っている。綺麗なおばあちゃんですよ。
元次郎さんに「ありがとうございました」と言った可愛い声…。

私は、彼女は、物凄く頭の良い人だったような気がするんですよ。
本人が書いた、手紙の文章の素晴らしさ、文字のうまさ。。

もし、生きてられたら、お話してみたかったです。残念です。

merry.jpg

永登元次郎さんが、この世を去った翌年、彼女は彼の後を追うように他界。

人生とは、シナリオのないドラマである。
スポンサーサイト

THIS IS IT!!
2009年11月19日 (木) | 編集 |
thisisit.jpg

ANVILと共に観たかった映画!!
最初2週間の上映予定だったけど、4週間になったんだね!人気で。
でも、今月の27日で終わってしまうので、レディースディの昨日、
上の娘と行って来ました。

浅草から、錦糸町まで歩いて行きました。意外と近いんだね!!
「TOHOシネマズ錦糸町」ネット予約してて良かったです。チケット完売!!

観終わった後、2人の感想は一緒でした。しかも一言。

凄い!

ある意味、彼は、このショーに命かけてたんだと思うなぁ~。
それが実現されずに、終わってしまった事は非常に残念だ。
本人が、1番悲しんでいるかもしれない…。あーとても残念だぁ~!

マイケルのバックバンドでギター弾いてたのが、女の子で、なぜか
Rieと、たぶって見えて来た!!親ばかです、ハイ!(笑)

私は思ったね。マイケルは、歌って踊っているけど、彼の身体そのものが
音楽でできているのではないかと?そう錯覚させる程の歌と踊りには
驚きを通り越した、何か神聖なものを感じてしまうTommyであった。
もしかしたら、音楽の星からやって来て、音楽の星に帰って行ったのかも?(笑)



オフィシャル

ANVIL!!!
2009年11月07日 (土) | 編集 |
anvil.jpg

映画館で映画観るの、何年振りなんだろか?
レディースディなので、一応年取ってても「女」だしぃ~(爆)

ANVIL聴いたことないくせして、周りが大反響なので、早く観たかった!
上の娘は、先に吉祥寺で観た!!私は、下の娘を連れて千葉で観た!(笑)
千葉のショボイ映画館。観客は、わずか数名。しかも「メタル」の「メ」も
なさそうな人達!!レディースディで、こんなに、少ないのも悲しいな…。

娘が、BANDやってるから、なんか他人事とは思えない気持ちで観てた。
娘も、大変興味深げに観てる。本人、とても感激してる模様。
BANDやってるからには、多くの人に聴いてもらいたいと誰しも思うわけで。
一生懸命やってても、その境遇に恵まれない人もいる。才能がありながらも。
ん…観てて、応援したいなって思った!!「ロック・スター」になって欲しいと!(笑)

内容は詳しく書かない方が良い。
観てない人は、絶対に観て欲しい映画だな!!巨大スクリーンで!
この映画で大ブレイクして、超CDが売れて、大人気になって欲しいよ!
応援しちゃうよ!Tommyちゃん!(爆)

良かった~超感動!!

映画オフィシャル←こちらで、劇場情報等詳しい事がわかります。
myspace



オフィシャル

奇跡のシンフォニー '08
2009年06月16日 (火) | 編集 |
ar.jpg

音楽をモチーフに親と子の奇跡の再会を描く感動のファンタシ゛ー!

娘が借りて来たので、一緒に観たよ!!

もう、超素晴らしい!!音楽好きな人には、きっとグッと来る。
音楽が織りなす、さまざまな魔法。音楽が人々に与える多大なる影響力。

『チャーリーとチョコレート工場』の、坊やが、本当に可愛くてね…。
人生うまく行かないもので、「すれ違い」ばかり。
だけど、願いは、きっと通じるって、すれ違いばかりでも通じるって。

ただ!ただ!音楽の魔力に見とれていました。
ジョナサン・リース=マイヤーズが、かっこいい!!
最後のシーンは、何回観ても泣ける…。良い映画っすよ!お薦めTommy



ヒルコ/妖怪ハンター'91
2009年06月12日 (金) | 編集 |
hy.jpg

ジュリーは歌手としても素晴らしいが、俳優としても素晴らしい!
そこにいるだけで素晴らしい!!(笑)

『太陽を盗んだ男』『魔界転生』なんか、ヤベェよな!!
しかし、この作品は観た事がなかったのだ!ファン失格?

監督・脚本:塚本晋也、原作:諸星大二郎。
塚本監督の『鉄男』っての、少し観たけど、へんちくりんな映画だったな…。
精神かく乱…。

ジュリーは、たいてい「かっこいい役」と思うかもしれないけど
ここでは、少し間抜けな考古学者なんだよ!!少年と妖怪を退治するの。
単純計算しても、この時、ジュリー42歳かな?

なかなかスリルあって、一機に観てしまった!!面白かったよ!キンチョール!
2回も観てしまったよ!(笑)



あと、最近、上の娘が「ムー」を借りて来て観てます。
ほのぼのしてて、人情味があって、ついつい、一緒に観てしまいます!
なんつーのかね、心がホッと一息つける瞬間ってのかもね。

d0371.jpg

詳しいサイト

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
2008年10月28日 (火) | 編集 |
okanboku.jpg

少し前に観た映画の紹介です。
この頃「自分が癌ではないか?」と思っていたので、かーなりビビりました!(大汗)
癌との壮絶な戦い。それは、本人よりも、周りの人たちが大変なこと。
莫大なお金がかかること。そして、それは、普通に起こりえること。

リリー・フランキーが、自身の母親との半生を綴ったもの。実話ですよ。
事実は、小説より奇なり。訴える力が違いますね。

母親は、そこにいて当たり前。自分の身の回りのことしてくれて当たり前。
この当たり前に、みんな飼いならされていませんか?
それでも、遠くにある違うものが、良いんですよね、欲張りです人間!
こんなに身近に、こんなに愛してくれている人がいるのに…。


人間は、空気がないと生きていけません。空気に感謝しながら生きてますか?
地球から空気が無くなった時、人類は、初めて、その大切さに気づき
気づいた時には、もう手遅れなんですよね。なんでもそうです。

母親を東京に呼び寄せて、一緒に暮らす中でも、最初は新鮮だった生活が
だんだんと、なーなーになって、用事以外、言葉も交わさなくなります。
それでも、死期を感じた母親は、息子の為に、箱を残すんですよ。
「私が死んだら開けてくださいね」って。。。

癌も末期になり、抗がん治療の、想像を絶する苦しみ。
青島幸雄が生前言ってました。抗がん治療してる時、みんな自殺を考えるって。
それほど苦しいらしいです。手足を縛られ、飛び降り防止で窓がない言ってました。
苦しんで、のたうちまわる「オカン」に、「ごめんね!ごめんね!」を繰り返す息子。
人が苦しんでいる時、「ごめんね」とかしか、もう言えないんだろうなぁ…。。。

人生は楽しむためのもの。とか、最近まで、考えていましたが、この映画を見て
人生とは、何人の人に愛されたか?ではないかな?って、思いました。
自分を本当に愛してくれた人、家族、恋人、友人。そして「ありがとう」


まだ、ご覧になってない方がいたら、是非観て欲しい映画です。
きっと、この映画の中から、学ぶこと多いんじゃないのかな?



ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ
2008年09月17日 (水) | 編集 |
fuji.jpg

最近密かに「松山ケンイチ」が、マイブームです!(^。^)丿
先日は、『神童』を観ました!これも、なかなか良かった。
松山ケンイチと、ピアノ…。。なんでも似合う男!!(爆)

今度は、松山ケンイチと、イルカ!しかも獣医役だったりする。。
獣医と言えば、聞こえは良いけど、かなり大変な役どころなのです。

これに乗れば、「イルカに乗った松ケン」(爆)

私は、動物を見世物にするのが、とても嫌なんですね。
自然の中で、群れと共に、自由に跳ねまわるのが1番だと思うので。
だから、生き物を飼うのも、実は、あまり好きではない。
小屋とか、飼育BOXとか、狭い所に、押し込まれて可哀そう…。
…と言いつつ、猫飼いたいとか言ってますけど!(爆)

子供の頃は、動物園が好きでした。
けど、今は、動物園に行くと、苦しいですね…なんでか。
あの狭い檻の中で、一生を終えるのか。私たちは旅とか好きな事が
できるけど…とか考えちゃう。。

結局、生き物に、曲芸を教え込んで、それで人呼んでって金儲けでしょ?
けど、その中で、必死に、生き物と向かい合って生きる人たちもいるわけで…。
なんでも、そーですけど、その中に、1つ1つのドラマがあるわけです。

感情があるのは人間だけではないと考えています。ぶっちゃけ、すべてのものに
感情があるんじゃないのかな?なんて考えることも多々あります。
生きるすべてのものと、コンタクト取れれば、ベターなんでしょうけど、
コンタクト取れる人もいるみたいですけど、私たち凡人では、無理だよね~。

この主人公「フジ」は、実在するイルカです。実話に基づいて作られました。
尾びれが壊死する病気にかかり、世界初の人工尾びれプロジェクトを作り
無事に泳げるようになるというもの。
自然界で、この病気にかかると、確実に死ぬんだそうです。
人間が、イルカを救う、ある意味美しい話なんですけどね。。。

最後、フジが、ジャンプしたシーンには、胸が熱くなるってか拍手しちゃいました!

オフィシャル
美ら海ニュース

GLOBAL METAL
2008年09月06日 (土) | 編集 |
GLOBAL METAL

お友達が観に行って、とても興味深かったと。
あ~観たいなぁ~~~~!

しかし、レイトショーって?
田舎者には、観るなってこと?26日で終わり?

23時5分に終わって、ダッシュで、最終に乗れるか?
転んだら?おい?(爆)

うー!イスラエルのデスメタルバンド『ORPHAND LAND』!!

詳しいサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。