放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


I Can See Your House from Here/Camel '79
2009年01月03日 (土) | 編集 |
ican.jpg

正月3日間は、Camel祭りと、洒落こみます!ご了承ください!Tommy

彼らの2000年ツアー・ライヴで、知らない曲が1曲あった。
FC会長に問い合わせしたら、その曲名は『HYMN TO HER』である事がわかり
このアルバムに収録されている事を教えてもらった。即走った!(笑)
その曲を聴く為だけに、買ったアルバムだ!それくらい良かったんだね!

今日は、横浜の父の墓参りに行った!!
i-podに、このアルバムを入れて聴きながら行ったのだ!!
ポップ色が強く、聴く頻度の低いアルバムだ。
このアルバムの中には、あの大名曲『Ice』が、収録されてる。
『EYE OF THE STORM』『HYMN TO HER』『Ice』が、お気に入りだったりする。
これは、彼らの通産8作目。ダブルキーボードだったりする。

父に、煙草と、日本酒をあげて、横浜のデパートへ!!
あまりに、素敵なトイレなので、激写!(爆)

toto.jpg

それから、母と、弟、私たち家族で、お食事をしました!!
結構、贅沢に見えるけど、お安かったです!会計は、母!(爆)
(↓クリックすると、大パノラマでご覧いただけます/笑)

yokohama.jpg

HYMN TO HER

スポンサーサイト

今日のCamel!
2009年01月02日 (金) | 編集 |
mirage.jpg
MIRAGE/Camel '74

長いこと、Camelファンを、やってて、今日!ある事に気づいた!
英語のライナーだから、開いても見なかったんだけど、うしろのページに
演奏する、メンバーの写真の中に、小さく出てたんだよ!これが!↓

mirage2.jpg
で、USA SLEEVEって書いてあるの!なんか、Heavy Metalチックなジャケと
思わねぇ?俺だけか?内容は、同じでも、ファンとしたら欲しい…。見かけないね…。

彼らの、1stは、アナログで所有してて、結構聴く頻度高いです!好きです!
アナログ所有のものは、少しづつ、CDで買い直してます。

で、これは、彼らの、2ndなんだけど、かなり、最近CDで買いました。
周りの、メタル仲間(アーティスト)には、評判の良いアルバムだったりします。
けど、帯には「全曲気合いの入ったナンバーで、このバンドの数多いディスコグラフィー
の中でも、間違いなく上位に入る出来だがファンからは、意外と相手にされない1枚」

な~~~んて書かれてる!(爆)

なんせ、彼らの名曲中の名曲「レディー・ファンタジー」が、収録されてるからね♪
で、よ~く聴くと、ラティマーのギターが、凄くフューチャーされてて、ギタリスト諸君には、
特に、ラティマーという人間の、ギターが、色々な意味て、心に響くのでは?
とか、勝手に想像しちゃったりなんかして!(笑)

フルートも素晴らしい!他のメンバーも、良い仕事してます。
1度見たら、忘れられない、タバコのようなジャケ!見かけたらよろしく!(^。^)丿
私は、3曲目『Nimrodel/The Procession/The White Rider 』が、スゲェ好き♪
ボーナストラックに、ライヴが、いっぱい入っててお買い得♪

※カテゴリーに「Camel」を、追加しました。気づいた人いる?

詳しいサイト

いただきもの/ライヴ・ファンタジア
2009年01月02日 (金) | 編集 |
081231_1919~0001

「モンドセレクション金賞受賞」のビールを、いただきました!
埼玉の入間郡で作られてるんですね!地ビール?
とても、まろやかでウマい!!飲み口最高でしたよ!!

コエドブルワリー

そんな、贅沢なビールを飲みながら、おせちなど食べて良い気持ち!(笑)

newyear.jpg

alive.jpg
ライヴ・ファンタジア/Camel '78

74年~77年のライヴのハイライトを収録した、2枚組っす!
フルオーケストラとの「スノーグース」組曲とか、聴きどころ満載!!
みんな、メル・コリンズばかり評価してるけど、ラティマーのギターは
勢いいいぞ!!やはり、ギターに、耳が行くなぁ~俺の場合…。

今日は、CamelDAYと称して、Camel三昧で行きますか~!おーー!
ラティマーと、一緒に、お祝するのだ!!

「ラティマー、ほら、栗きんとんだよ!あーんして」とかさ!(爆)
復帰まで、時間かかると思うけど、私は、ずっと待ってるよ!待ってるからね!Tommy

ranrie.jpg
Rieの、Myspaceに、鸞~RANの、サンプルが、2曲追加されました!
御用と、お急ぎでない方は、聴いてやってください!(笑)

ラティマー!おめでとう!
2008年12月25日 (木) | 編集 |
latimer4.jpg
昨日、Food for Thoughts、Candy for Earsさんのブログに嬉しい記事が!
(オフィシャルは、更新されてないので、ニュースレターかと思います)

ラティマーの移植は、100%成功と言っていいだろう!11月21日に
シャンパンでお祝いしたという感じらしいっす!読めないけど!

誰か、簡単に、訳してくださーい!!Tommy

2008 has been an eventful year for us. All things Camel have had to be put on the
back burner while we dealt with the various stages of Andrew's recovery. Andrew
must still recover his health, but I am so very happy to be able to say the transplant
has been 100% successful!

First, we'll talk a bit of Camel ... We will also have a DVD in the spring.
We have found a way to sort out the audio of the Santa Cruz, California,
performance at The Catalyst, the first of Camel's 'Farewell Tour' shows. As it was
the first show, the title of the DVD could only be "The Opening Farewell".
When production has gotten well underway, we'll send out an update.

On 21st November, one full year to the date of the transplant, we allowed ourselves
the luxury of optimism and cracked open a bottle of champagne to celebrate.
I don't think the bubbly has ever tasted so good. It is so true that what
doesn't break us makes us stronger. The deep well of support we have both
been able to draw upon has kept the darkest hours at bay. Things that once seemed
so terribly important have been rendered quite benign by the lessons we have learned.
It's almost too trite to say 'life's too short', but there's no other way to say it.
Life is just too short.

We were fully prepared to take each day as it came, but it transpired that we had
to take each day in quarterly segments - morning, afternoon, evening and night time.
Things often changed that rapidly because the transplant process is fraught with a
multitude of fragmented possibilities. Good, rotten, okay and lousy days comprised
the quartered 24 hours. I think it was similar to being at sea. We just had to
weather the storm with the calm. Interestingly, this is a good way to live life
in general. But it's all too easy to be swept up by the small stuff. For that,
I am grateful to have been taught the difference. Adversity is an excellent teacher.

This year, we have the unadulterated pleasure of lighting our Hour Candle for all
of you. You have shared your compassion, feelings, experiences and love with
open hearts. That has been the brightest light in those candles. So we will light
our candles for you and for one other truly special person... the anonymous donor
who gave the very greatest gift in this world. The gift of life.

We wish you health, peace and love. With these blessings, happiness cannot help but follow.

Forever grateful,

Susan Hoover

私には、ビックニュースです!
リンク先の、t_maxさんも、ご自分のサイトで、訳してくださいました!ありがとう!
charlie432さんも、お忙しいのに、訳してくださいました↓ありがとう!!!
--------------------------------------------------------------------
2008年はいろいろあった年でした。アンドリューの回復のために、キャメルのことは後回しに
しなければなりませんでした。彼はまだ、これから健康を取り戻さねばならない状態ですが、
移植が100%成功したことをお知らせすることが出来て大変嬉しく思います。!

まず、キャメルについて少しお話しすると、、、春にはDVD出ま~す(^o^)
カリフォルニア州サンタクルズのCatalystで行われたキャメルの「さよならツアー」
の最初の音源を整理する目処がたちました。最初のショーなのでタイトルは
「The Opening Farewell」になるでしょう。作成が順調に行ったら最新版を出します。

移植から丸1年たった11月21日、事態が楽観視できる状態になったので、
祝いにシャンペンを1本開けました。こんなに美味いとは思いませんでした。
我々が、消沈せずに強くなったことは事実です。よきサポートの元、暗黒な時間になる
ことはありませんでした。一度、ひどい状態になったかのように思えましたが、
過去に学んだ経験から対処し、容態は穏やかになりました。ありふれた言葉ですが、
「人生は本当に短い」と言うより他にありません。

毎日、その時がくる準備は万端でしたが、朝、昼、午後、夜の4回、事にあたらねば
なりませんでした。移植の過程は、多くの断片化された可能性に満ちていたので、
事はしばしば急速に変化しました。良い時だったり、腐った時だったり、OKな時、
最低な時、24時間は、そんな調子でした。まるで海にいるようだと思いました。
落ち着いて嵐に立ち向かわねばなりませんでした。面白い事に、一般には、
そうすることが人生を送るには良い方法なのです。しかしそれは、小さな物を掃く
ほどに簡単なことでした。違いを教えられたことに感謝します。逆境は素晴らしい先生です。

今年、皆さんに(曲名とかけて)「Hour Candle」の灯をともすことができて、
純粋に嬉しいです。皆、広い心で同情、感情、経験と愛を共有してくれました。
ロウソクの灯の中でそれが最も明るい光でした。だから、私達はあなた方に、
そして本当に特別な人物、、、匿名で命という最も素晴らしい
贈りものをを提供してくださった方に、ロウソクの灯火を捧げます。

皆さんの健康、平和、愛を望みます。幸せが続きますように。
永遠に感謝します。
------------------------------------------------------------------
「逆境は素晴らしい先生です。」ってのが、凄いですね!
今だから、やっと言える感じなんでしょうけど、一安心です!(^。^)丿

使えない…。
2008年11月24日 (月) | 編集 |
年賀状の季節になって来ました!!(本当は大嫌いです/爆!)
私は、会社の年賀も担当なので、数百枚作らなければならない…。

会社用、家族用、自分用と、デザインも様々なんだよね。

んで、今までのPCには、「筆王」が入ってて使い慣れてた。
新しい、VISTAには「筆ぐるめ」ってのが入ってて、使い方わかんねぇ~!!
だから、買っちゃいました!!ビンボーなのに…。。(会社の経費でね!/爆!)

zero.jpg

音声のガイダンスなんかも入ってて、説明書もあるし、わかりやすい!

んで、自分用の年賀デザインは、いつも「Camel関連」なんですけど
「アンディー・ラティマー」で、検索してたら、こんな素敵なサイト発見したよ!

だから、今日は、ゆっくりと、このアルバムを聴き込んでいました。

あー!そんで思った。やはり、Camelを超えるものなしと!!

snowgoose.jpg
The Snow Goose「スノー・グース(白雁)」'75

妄想でも、思い込みでも良いじゃない!本当に自分が好きなものが1つでもあれば♪♪♪



ラティマー近況!
2008年09月12日 (金) | 編集 |
昨日、Camelのオフィシャルの、NEWSを見たら、真白だった。。
なんか、とても嫌な予感がした。。。けど、今日見たら、更新されてた。
私は、英語が、まったくダメ!(大汗)
で、翻訳ソフト起動したけど、なんとなくしかわからない。(誰か訳してください!)
彼の近況を、スライドショーで、見せてくれています。
抜け落ちた毛髪、くぼんでしまった目…これが彼?

でも、少しづつ良くなってるみたい…薬の副作用で、ひどい関節炎になってる。
「時間が最も偉大な医師」…も少し時間かかるみたい。。。。

でも、きっと、戻って来てくれるよね?ラティマー!!
Andrew's progress, 320 days post transplant...

Once again, it has been a long time since our last post, but this time it’s all good news. Andrew is doing fantastically!

At the last update on our News page, I said things were looking positive and they have continued this way. This journey is by no means over for us yet, but there is a tangible sense of ease in the air. It is such a gift to spend time together, simply enjoying each other’s company, and especially to see him looking so much better. We often talk of the future and can’t resist looking forward to the possibility of touring again. Not an epic tour, but something he likes to call a ‘tour-ette’.

There are still a number of challenges to deal with. One of the side effects he has to deal with is severe joint pain. This seems to come and go, and it moves around his body to various points. Unfortunately, the joints that are most effected are in his hands. I can’t pretend we weren’t alarmed the first time this occurred but we did feel a bit reassured when the pain stopped and didn’t revisit for several days. This now seems to be a bit of a cycle, coming and going without warning. Until he is off all medication, we can’t know for sure, but I refuse to think that it is permanent. That’s my story, and I’m sticking to it.

There isn’t a day that passes now where he doesn’t have a guitar in his hands, even on the days when they hurt him. He has tuned the guitars down a bit, so they won’t unduly strain his hands or fingers, and although his playing is a bit stiff at times, his sound is intact. His strength is slowly returning. It’s a day by day process. He still needs to rest and sometimes that’s hard because he often feels like his ol’ self and does a bit too much. He has regained a lot of his energy and most of his hair! I think I can cautiously say that time will truly be the greatest healer now.

We are hoping to have a new DVD for the holiday season, but I’ll leave that for another newsletter, when I am confident of our release date and the material to be included. Now that Andrew’s treatment is not so intensive, I have a bit more time and will turn my attention to getting some of the items you’ve been asking for back into our shop.

We had always thought we could keep Andrew’s progress up to date on our site, with pictures and details of his experiences as he moved through the treatment stages. For a lot of reasons this was not achievable and, with hindsight, it was probably best that we didn’t. There were times when he was so terribly unwell. Seeing him like that would have been more upsetting than necessary. So, now that he seems to truly be on the other side of it all, we’ve included a short slide show. The pictures were taken by Andrew and me. You can get an idea of where we were, and where we are now.

So, just a short message to give you our positive news and to thank you, as I always do, for the phenomenal solace you have so generously offered.

My kindest regards,
Susan Hoover

オフィシャル・ニュース
↓良いところで、終わっちゃうのよね…。。。ここからが、泣きなのにさ…。


ラティマーからクリスマスプレゼント!!
2007年12月25日 (火) | 編集 |
cameldvd3


ついに届いたよ!!Tommy
ラティマーのサインは、半ば諦めていたけど、パンフに、ちゃんとサインがしてあった!!
いつもは、パッケージに名前のみなんだけど、今回は、「Thanks!」の文字が!!

この短い言葉。でも、これが、彼からの愛の言葉。
「ありがとう」私からも、ラティマーに贈ります!!「ありがとう」

クリスマスは嫌いでも、家族があるので、クリスマスパーティーはしました。
昼間から漬け込んだ鳥を私が焼き、娘は、オードブルを作りました。
スパークリング・ワインに、シャンペン、そして、ケーキ!!

2007.12.24.2

そして、みんなで、今日届いたCamelの『Moondances』を観ました!
「クリスマスに、CamelのDVD観ながら食事するの我が家だけじゃない?」
と娘は言ったけど、本当に、そうかもしれない!!(笑)
「俺、Camel好きで、キャメルって洋煙吸ってた!高かったけど」と旦那!(爆)

ボーナストラックの「Autumn」「Riverman」。この2曲なんと未発表音源とのこと。
これが、これが…本当に素晴らしくて、家族全員「凄い…」って。
なんで、こんな素敵な曲未発表なんだろう?


76年、オリジナル・メンバーでの「ハマースミス・オデオン」でのライヴと
’77年、アンディー・ラティマー、ピータ・バーデンス、アンディー・ワード、
メル・コリンズ、リチャード・シンクレアの布陣でのライヴを収録したDVD。
「スノー・グース」、「ムーンマッドネス」、「レインダンス」からの曲をメインに
全盛期の映像を楽しめるファン待望の作品。


A Nod and a Wink/Camel '02
2007年12月14日 (金) | 編集 |
A Nod and a Wink

ラティマーは、俺にとって、最愛の人。
そんな彼が、闘病生活を送っている。俺は苦しい…。
彼の音楽を聴くのが怖い…。どしてか聴けなかったんだ。

けど、無菌室にいながらも、友人のくれたギターで、少しづつ曲を書いてるとか。
この人、本当に音楽を愛してるんだな…そう思うと胸が熱くなる。

俺には、何もしてあげられない。募金活動をしようと思ったが、
お金に関わる事は困難だった。
んじゃ、何がしてあげられる?答えは、簡単だった。

彼の音楽を聴く事だったって、今気づいた…。

「HARBOUR OF TEARS」「DUST AND DREAMS」「Rajaz」をお薦めの3枚と
HPで紹介する程この3枚は、自分にとって重要な位置を占めていた。
しかし、今日は、あえて「A Nod and a Wink」を聴いてみた。
「Rajaz」の良さがわかるまで、物凄く時間がかかった。
このアルバムも、少し時間かかるかもしれない。
何回も、何回も繰り返し、繰り返し聴いてみた。

このアルバムの最大の山場は、なんと、日本盤のみボーナス・トラックであった。
「過ぎ去りし日々」と題された、インストナンバーは、ラティマー音楽が集約されていると
言っても良いのでは?これは、外盤には、収録されてないんだよね。
これって、ラティマーが「日本を特別な存在」としているのがわかるよね?
きっと、本人も、早く日本に来てプレーしたいと思ってると思う。

人間は、生きている中で多くの事を学ぶ。
その学びを生かせない人がいれば、それを糧に頑張る人もいる。
ラティマーは、「生きる学び」そのものの中から、人の心を揺さぶる
音楽を生み出しているのではないか?
俺が、命陽炎と呼ぶ、そのプレーは、魂から発せられているとしか思えない。

世の中には、もっともっと知名度が高く、技術的にも、セールス的にも
誇るBANDがたくさんいる。けど、俺は、彼らの中に、ハンドメイドの温かさを感じる。
寒い外から帰った人の心に「やすらぎ」と「温かいスープ」を差し出してくれる。

そんなバンドは、どこを探してもCamel以外にいない。
そう断言できる俺は、声を大にして言う!

Camelは世界一!!

右サイドバーの、MoondancesDVDをクリックすると、オフィシャルに行けるようにしました。
少しでも多くの人に彼らの作品に触れて欲しいと思ってます。

入院前に、サインを500個したと言う、彼の愛情には脱帽っす…。
私がオーダーした時には、すでに、2187だったので、サインはないかもしれないな…。

「A Nod and a Wink」リリースから、早5年が経過。
新しいアルバムと、ラティマーの元気な顔「おはぁ」が聴ける日まで待ちますとも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。