放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよなら、デイビー…。
2012年03月01日 (木) | 編集 |
私の少女時代は、ザ・モンキーズに明け暮れていました。
テレビでは、いつも「ザ・モンキーズショー」やってて、アイドル的に
扱われていたけど、とても楽曲が良かったんだよね。

ずっと、ずっと好きだった。

でも、アルバムを手に入れたは、高校で、はじめてバイトして買った2枚組ベスト!!
改めて聴くと、本当に、名曲揃いで、レコード擦り切れる程聴いた!!

デイビー、1度も会えなかったね。。
こんなに早く、貴方が、この世を去るなんて誰が想像しただろう?
あの、あどけない可愛い笑顔は、しっかり胸に焼き付いてる。

できれば、君に会いたかった。

人の死は、突然やって来る。本当に悲しい事だけど、それは本当のこと。
昨日まで、元気でも、1秒先のこともわからない。

ただ、貴方が、あの時のままで、私の中で、今でも生きてる。

本当に、ありがとう。本当にありがとう。


スポンサーサイト

世界のまん中
2011年09月22日 (木) | 編集 |
この曲を聴くと、無条件に涙が出るよ!!
悲しくて出るんじゃなくて、感動して涙が出るよ!!

生きてれば、いろいろなことがあり、色々な楽しみや苦しみがある。
でも、この曲聴く事で、「明日から頑張ろう」そう思えるんだ!!

ブルーハーツは、偉大だと思う!!
リアルタイムで体験できなかった事は、俺にとって非常に悲しい事である。

単純な曲である。歌詞もわかりやすい。これがココロを掴む。



Jeff Beck Group '72
2009年12月04日 (金) | 編集 |
jbg.jpg

ある人に捧げます。

素敵なアルバムの紹介ありがとうございました。
この曲は、名曲ですね。ギターが歌っているようです。

通称“オレンジ”と、言うらしい。



オペラ座の夜/Queen '75
2009年09月12日 (土) | 編集 |
opera.jpg

20世紀の名曲といえる「ボヘミアン・ラプソディ」によってクイーン・サウンドの
金字塔を打ち建てた、1975年の4作目。独自の音楽表現と驚異的なサウンド・
プロデュースが、今なお光りを放つ。


『これぞまさしく名盤』シリーズで、「QueenII」を、紹介しました!
お恥ずかしい話、私は、これと「Made In Heaven」しか持っておりません。
両方とも、大大大好きで、擦り切れる程聴き込みました。

他のアルバムも、リュウちゃん(弟)が、アナログで持ってるはずでございます。
しかし、ののまる様のレヴューに触発され、本作を聴こうと決心しました!(笑)
彼らの「 グレイテスト・ヒッツ」は、テープで所有してて、知ってる曲も
入ってます。特に、“ボヘミアン・ラプソディ ”は、死ぬ程聴いて、死ぬ程感動!!
こんな曲なかなか、出会えないと思うし、作れないと思うよね!!

ライナーには、面白い事が書いてあるよ!!
録音に3週間費やしたといわれ、、、特に、コーラスのオーバーダビングは
180回も繰り返し、フレディ、ブライアン、ロジャーは、1日12時間以上も
歌い続けたというから尋常な労力ではない。

他にも、素敵な曲がたくさん入ってる。まだ、聴き込み中だけどね。

このアルバムのライナーには、歴史的名盤と書かれている。
けど、「QueenII」が、私の中では、最高峰なので、そっちが歴史的名盤かな?(笑)
他のアルバムも、色々出てるので、じょじょに聴いていけたらと思う。

初来日公演を観た、弟がうらやますぃ…。



Distillation/Wishbone Ash '98
2008年08月01日 (金) | 編集 |
distillation.jpg

私の今の精神状態には、Wishbone Ashが、1番落ち着くみたい!(笑)
4枚組と言うことで、なかなか、一機に聴くと言う、判断がつかないまま、
かなりの時間が経過してしまっていた…。

ジャケ写は、アマゾンのと異なるみたいなんだけど、実際は、紙のDVDケースの
大きさの左右に、2枚づつ収められてるみたい。

朝、ステレオに入れた!倒れた!!(爆)
まだ、1枚目だけしか聴いてないけど、これ、入門者には、御薦めかもしれない!

たぶん、当分入り浸り決定!! (^-^)/


本作はアンディー・パウエルが企画し、マーティン・ターナーが全曲をリマスター
(一部はリミックス)したメンバー主導の本格プロジェクトであり、多くの秘蔵音源が入念に
リサーチされた結果、CD4枚のうち1枚半にレアもしくは完全未発表音源が収録されている。

構成は、Disc1の大部分が第1期(1969-1974)、Disc2の大部分がローリー・ワイズフィールド
時代(1974-1985)で、その大半が第2期のもの。Disc3は前半が再結成期(1987-1990)で、
後半がレア音源集。Disc4がアルバム未発表のライブ音源である。
前半の2枚半のベスト集は概ね順当な選曲だと思うが、一方のレア音源集もただ珍しい
だけでなく楽曲として質が高いものだけを精選している。たとえば「Pilgrimage」にインストの
小曲として収録されていた「Alone」の歌入りオリジナル・ヴァージョンは、その存在自体驚き
だが曲としての出来も非常に良い。

最大の目玉はDisc4で、なんとこのライブはすべて第2期のものである。主として「Live Dates 2」
のお蔵入り音源から選ばれたものだが(一部はシングル盤で発表済み)、どの演奏も素晴
らしく、「Live Dates 2」と比べて遜色がない。中には第2期の演奏する「Sometime World」など
という涙ものの音源もある。筆者はライブバンドとしては第2期が最強だったと考えているので、
あえてDisc4を第2期に限定したのは大正解だと思う。数あるボックスセットの中でも
最上ランクの作品であろう。 (アマゾンレヴューより)

Tommyの大好きな『永遠の女神』を、どんぞ~
出だしから痺れるしぃ~!!中間のギターで、死ぬしぃ~!!最後まで気を抜けないしぃ~



New England/Wishbone Ash'76
2008年07月24日 (木) | 編集 |
newengland.jpg
自分で買ったもの、お友達からいただいたもの。
その中から、何を聴こうかと、悩んだ時は、迷わずジャケ!!(爆)
なんか、このモノクロのジャケに心惹かれたのよね。なんと、ヒプノシス!!
彼らの、8作目の作品だったのね。

このアルバム、ステレオに入れたら、CD出て来なくなっちゃってさ
サポートに電話したら、修理とか言われて、大汗かいたわさ!(爆)
で、自分で分解して、取り出した。あせった!!

当時ニューイングランドにあったマーティンターナーの自宅地下室でレコーディング
って、ことで、このタイトルが付けられたのかしらね?
オープニングは、かなり、つかみはOK的かっこいい曲なんだけど
2曲目「(In All of My Dreams) You Rescue Me 」に痺れたわね。
このバンドは、やはり、ツインギターが魅力で、それが最高に出てる曲かな?
かなり、ゆったりした曲調なんだけど、不思議と癒されるのよね。

次の曲も、凄くかっこいいんだよね。全体的に、ハードロック色が強いアルバムかな。
5曲目のナンバーも大好きよ!!この、ツインも、たまんないわ!!
インストものながら、展開も、冴えてて、ご機嫌なナンバーだったりするわ。

6曲目を聴いた人は、ニンマリよ。どして?聴けばわかる!(爆)
7曲目も、実に、素晴らしい!これから、ツインのお勉強をする人は
彼らは、要チェックなバンドであることに変わりないわよ!!(笑)
あとは、やはり、コーラスワークの素晴らしさも魅力ね!!
こうやって聴いてみると、どこを切っても「ウィッシュボーン」!

8曲目も、実はステキ!!渋めの曲なんだけどね。
やっぱ、ギターの音色が、違うね!!このバンド!!
アコギで始まる、9曲目、これは、泣けるわよ。スローバラード。。

ash.jpg


Wishbone Four/Wishbone Ash '73
2008年07月23日 (水) | 編集 |
four.jpg
こぉ~暑いと、きっちりレヴューなんかしてらんないわよ!(爆)
いつものことなんですけどね!(爆)

新しいPCを、使いやすいように、カスタマイズしてるので、なかなか
コメントへのレスできなくて、すまんせんです。m(_ _)m

私は、最近、このアルバムを、こよなく愛して聴いていたりします。
今の自分が、1番聴きたい音なのかもしれない。とても、リラックスするんです。


「アーガス」の次に出た、4枚目ということらしいけど、あまり注目されてない?
このアルバムの面白い所は、偶数の曲が、すんばらしいということ!(笑)
特に、2、4、6、8曲目ね。あと、7曲目は、奇数だけど、なかなかいけるよん★

2曲目『Ballad of the Beacon』なんか聴いてると、涙出てきますね。。
私は、なかなかの隠れ名盤だと、最近思っています。

4曲目なんか、Camel入ってるからね!\(^o^)/


以前書いた記事

以前書いた記事

So Real: Songs from/Jeff Buckley '07
2008年02月27日 (水) | 編集 |
jeffbuckley

以前、こちらで記事書いたの覚えてる人いますか?
これもまた、横浜のレコファンで買いました。
名盤として名高い『Grace』と、どっちにするか迷ったけど、こっちにした!
あまりに素敵過ぎませんか?彼?

90年代、不朽の名作として知られる『Grace』を遺し、非業の死を遂げた若き天才、
ジェフ・バックリーのキャリアを1枚にまとめたベスト・アルバムが登場!
痛々しいほど感情ほとばしる美しい声を堪能できます。


そんな、シールが貼られていた。「奇跡の声」とか「美しすぎ声」
とか言われてるので気になっていたのよね、ず~っと。

で、聴いてみました。ハイトーンとか、美しい声とか、そんなんじゃないね。
なんて言ったら、なんて表現したら良いのか正直わからない。
ギターが、また良いんだよ…。

とても、不思議なの。彼の声聴いてると、とても切なくなる。
どこか、違う世界に連れて行かれそう…。
音質は、凄く良い。このジャケ見てるだけでしあわせ…。

ここの所の様々な状況から、音楽受け付けない体質になってた時も
彼だけは、ずっと、聴いてた。そんなアルバムです。


ああ!どうして、才能ある人を神様は連れて行ってしまうのだろう…。

オフィシャル


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。