放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEGEND
2005年08月20日 (土) | 編集 |
legend

左2nd「SECOND SIGHT」'93 右1st「LIGHT IN EXTENSION」'91

francofrehleyさんの所で、彼らの3rdが紹介されていた。
オイラ、3rdは未聴だったりする…。

オイラが、彼らと出合ったのは、2nd「SECOND SIGHT~預言者の呟き」
ライナーを、我師匠、和田誠さまが書いていたという理由だけ!(爆)

“ブリティッシュ・プログレッシヴ・ロックの新伝説レジェンドの2nd
アルバム!透明感溢れるクリスタル・ヴォイスここに再び甦る”(帯)

でも、お世辞にも、透明感とは言えないんだな、これが!(爆)
ヘタウマVoなんじゃないのかね?

1988年Key中心に結成されただけあって、その楽曲は、印象に
強く残る優しさに包まれた“心の音楽”

ギターと、Keyが特に素晴らしいBANDだと思う。
独特の世界観があって、俺は、この2ndを本当に良く聴いたな…。
ギターは、時に泣き、時に、メタリックに。良いですね…。エエ!

TOCCATAも、入ってますよ!マッちゃん!(爆)

その後1st「LIGHT IN EXTENSION~光ある世界~」を購入。
…楽曲が素晴らしいのにね…ドラムが全てを台無しにしてるのよ…。
ドコドコドコ~ってのが、打ち込みみたいで…。
このアルバムを出した後、首になっちゃったよ!!
2ndでは、リズム隊が入れ替えになってます。めでたし!めでたし!(^O^)/

ライナーによると、93年に入ってツアーの模様を収めたライヴ・ビデオ
『PLAYING WITH FIRE』をリリースしてるんだね。彼らのステージは
幻想的で定評みたいだから観てみたいな…。

しかし、3rdを出した後の彼らの活動内容がまったくわからない…。
今でも活動してるのかしら?1st、2ndとも廃盤だってよ…(ノ><)ノ

「プログレッシヴ・ロックとは、常にその時代において存在するものであって、
その時、その時によって形態が異なる。70年代にはそれにふさわしいプログレッ
シヴ・ロックがあったし、90年代はまた新しい形のプログレッシヴ・サウンドがある。
すべては、我々のアティテュードの中にこそあるものなんだ」
とは、
キース・エマーソンの名言らしい。それをジで行くバンドです!!

購入はこちら
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。