放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SALEM伝説
2005年09月06日 (火) | 編集 |
salem

■REASON FOR EXISTENCE 1993 (左)
■LIFE WITH NO HOPE 1993 (右)
Metalに目覚めたのは、普通の人より、数十年遅かった。最初は、海外至上主義だったので、日本のMETALに目を向ける事はしなかった。日本のMETALに興味を持つキッカケになったのが“Kabbala”と言うファンジンだった。どのBAND名も、聞いた事すらなかった。

その15号で彼らが特集され、物凄く興味を持つ。
彼らは、1984~1994年まで活動していた、プログレッシヴ・メタルバンドなのだ。HOWLLING BULLから、リリースされた2枚のアルバムは、すでに廃盤。色々な方々のご協力で、やっと入手に至る。“IN BELIEF THAT RIGHT”(1992 12"EP)も、どうにか手に入れた。他にも、DEMO数本や、“SALEM LIVE”なる動く彼らを体験できる貴重な代物まであるらしいが、たぶん入手困難。

オイラ世界の全てのMetalを聴いたわけじゃないから、断言はできないけど、唯一無二とは彼らの為にある言葉だと思う。海外でも、日本でも、こんな音楽性を持つバンドは存在しないんじゃないのかな?KERRANG、MORBID、METALHAMMER、F.E.T.Uなど、有名なメタル雑誌からも絶賛を浴びるくらいだから、その実力が、どれ程のものか、うかがい知ることができると思う。

1989年Vo失踪により解散の危機を向かえながらも、1990年新たなVo笠松(元FACTOR)加入。1993年には、初のイギリスツアーを成功させた。

オイラが1番驚いたのは、二見(Dr)の職人芸だった。こんなに手数の多いドラムを聴いた事なかった。楽曲においても、ある時は、セバスチャン・ハーディーよりも泣かせてくれるし、クリムゾンのredをも、超越してしまっている。ある意味実に恐ろしいバンドだったと思うな。色々なバンドが復活劇をしてる中、彼らの復活は2度とないだろう…。そう思うと、リアルタイムで体験できなかった事が、ただ、ただ悔しい。そして、日本にこんなスゲェバンドが存在した事を知らない人の為にも、私は書く。
日本のバンドを敬遠し続ける海外至上主義の人達の為にも書く。

こんなスゲェバンドがいたんだよ!

こんな音楽性を持つ、若きバンド達が、再びシーンに現れてくれる事を願う。
良い音楽は、語り継がれるべきであると思う。
そう思う反面「伝説化」されたままで良いと思う自分もいる事を否めないのである。

“PIL GRIM OF SOULS”中間部のギターが俺の頭の中で鳴り止まない…。

KARMA TO BURN/KARMA TO BURN 1997
2005年09月05日 (月) | 編集 |
karma to burn

昔、Power Rock Todayで“Patty Hearst's Closet Mantra”を聴いて、かなり動揺したのを覚えている。気持ち良いのだ!!その後、色々な人に音源を聴いてもらったが…。

誰一人「良い」と言わなかった!(;_;)ぱか…。

今、聴いても、これ困っちゃうくらい良いんですけど…。

妖しい毒牙を放つ不道徳ワールドへようこそ~
歪んだ緊張感が交錯する、解毒不能の新世代トリップ・ミュージック(帯たたきより)

簡単にライナーを掻い摘んでみることにしよう!!
ウエスト・ヴァージニア州出身の新鋭4人組。
不穏で不定形な情感のたぎりを律動的に脈打つ図太いエレクトリック・ノイズのうねりに載せてどこへともなく押し流していくかの感触に満ちた、このKARMA TO BURNの不気味にうち鎮まったへヴィ・グループ・サウンドには、ドラマもなければストーリーもない現実の閉塞感覚が生々しくリアルに描き出されている。(中略)このバンドは自らの音楽的なインスピレーションがドラッグ・ベースのサイケ・トリップにあることを隠しておらず、この屈折した音楽性で“セックス”“ドラッグ”“ロックン・ロール”のナンセンスな享楽世界を現代的に読み替えようとしている。
彼らの、その後が気になっていたんだけど、新しいアルバムを出していたんだね!!これが…また気になるんだな…。Vo抜けちゃったみたいだね…。

「WILD WONDERFUL PURGATORY」
何故か某誌でBACKYARD BABIESが選ぶ1999年のベストアルバム10枚の内の1枚に選ばれ話題の、ウェスト・ヴァ-ジニアの爆裂インスト・ヘヴィ・ロック・バンド. 骨太かつ埃っぽいサウンドで、ギターとベースが豪快にうねりまくる男っぽーいヘヴィ・ロックなのですが、これが本当に不思議なくらい、歌が無いのを感じさせず、最後まで全く飽きさせまん. ミュージシャンが惚れるのも大納得の一枚です. BACKYARD BABIESファンにオススメとは言いませんが、最近のUSヘヴィ・ロック/デザート・ロックにハマっている人、何となく気になる人、是非一度お試し下さい.
何故か、妙にハマる事間違い無し. オススメです.


UGRA KARMA/IMPALED NAZARENE 1993
2005年09月04日 (日) | 編集 |
impaled nazarene

ジャケ違いで再発なんてしてたんだね…。

俺が、「ブラック」の「ブ」の字も知らない時に、ジャケの美しさだけで購入した1枚!(爆)
なんか、インドチックだろ?俺が、まだ、Bon Joviを聴いてる時代だな!(爆)

…しかし、家に帰り聴いて唖然!!(爆)

これなんだよ?w(0o0)w オオー!

しかし、のちに、ものスゲェ名盤である事を知る!(^ω^; )知らないで買った俺って…。
聴き込むと、かなりハマル!!6thアルバム「NIHIL」でCHILDREN OF BODOMのAlexi Laiho
が加入したというだけで購入!!

こっちの方が断然良い!!やはり名盤と呼ばれるだけの事はあるな♪

老舗ブラックメタラーのセカンド。疾走するリズムの上にノイジーなギターとMikaの迫力あるヴォーカルがのるハードコア色の強いスタイル(彼らはそんな自らのサウンドを"INDUSTRIAL CYBER PUNK SADO METAL"と自称していた)。一聴すれば彼らだとわかるこのサウンドは彼らの全てのアルバムで聴くことができるが、個人的にはこのセカンドが最高傑作だと思う。ベースには当時SENTENCEDのVo/BaだったTaneli Jarvaが参加。現在オリジナル盤は廃盤でボーナス2曲を追加収録した新しいアートワークの再発盤がリリースされている。

参照サイト

祝!!le orme来日!!
2005年09月04日 (日) | 編集 |
le orme

まさか、日本で彼らを観れるなんて夢にも思ってなかったっす!!
次は、poohだね!かとれいさん!(爆)

le ormeファンの知り合いから、彼にセレクションを送ってもらった。
どの曲も素敵で、オイラ一目惚れしちゃったのさ!!

そして、/ Amico di ieri (1997) 左と、elementi (2001) 右を買った!!俗に言われてる名盤には、
まだ手を出していない!!だって、みんな良さそうなんだもん!!(爆)

この2枚、左は、彼らのベスト盤ともいうべきものらしく、往年の名作がギッシリ詰まっている。
音質も向上し、演奏も大変うまくなってる。
右のアルバムが1番新しいと思ってたら、知らない間に、昨年新譜出してたんだね?
誰か聴いた人いる?

詳しいサイト

詳しいサイト

詳しいサイト

「これだけは聴け!!」ってアルバムあったら教えて!(^O^)/

…しかし、日程調整が大変だ…Free Loveと被ってる~~~~~~!・・・(+_;)

Back To Front/CARAVAN
2005年09月03日 (土) | 編集 |
caravan

随分前に、このアルバム(LP)を、カセットに入れてもらい、テープヨレヨレになる程聴いたもんです。探して、探して、探し続けて、でも、見つからなくて…。しかし、2004年に奇跡のリマスターCDで発売されたんです!!も~見つけた時は、天にも昇る気分でしたね。

UKのエクレクティックからのリマスターリシュー。
本作は82年にUKキングダムからリリースされたキャラヴァンの11作目。
Camelを辞めたリチャード・シンクレアが復帰したことで話題となった作品である。メル・コリンズも、Camel繋がりで参加している。しかし、本作のセールスが思わしくなく、解散に追い込まれる。

なんで、アルバムセールスが良くなかったのか、俺には、まったく分からないのである。どの曲も傑作なんだ!!特に“Videos of Hollywood”は、何回聴いても素晴らしい!!この曲の為に買ったと言っても過言でないくらい好きだ!!

ただ、ジャケがダサいよな!(笑)なんか、もう1種類デザインがあるみたいなんですけど?

これからの季節に、ピッタリなアルバムだと思うので、良かったら、どうぞ!!(^O^)/

オフィシャル
詳しいサイト


ゲホッ!
2005年09月03日 (土) | 編集 |
気持ち悪いよぉ…

会社の飲み会で、ワイン飲み放題だったので、つい…。
しかも、2次会には、なんと我が社の社長、部長、課長、そして、私達女性部下2人という、とんでもねぇ「キャスト」!(爆)

終電なくなる…。
店のマスターに、車で送ってもらう。
車の中で、吐きそう…。
帰って来ても、気持ち悪いし、おまけに下痢で腹痛いし…。

何も食べれない…。

当分、酒見たくない…。

と、言う事で、気分良くなったら、レス、メールのお返事等
する予定ですが、あくまで予定ですので…m(_ _)m

Dark Recollections/Carnage
2005年09月01日 (木) | 編集 |
carnage

METALLION Vol.21で、ARCH ENEMYの特集が組まれていた。
マイケル・アモットが参加してるという理由だけで購入した1枚!(爆)
買ったは良いが、殆ど聴く事はなかった!(爆)

しかし、読んでみれば、兄が初レコーディング(1990)した作品である事。のちに、DISMEMBERや、ENTOMBEDのメンバーも参加してたということ。CADAVERとのスプリットとしてリリースされたこと。俺の持ってるのは、再発された新装盤であること。この、レコーディング前に、ヨハン・リーヴァが在籍していたこと。2曲目は、1997年ARCH ENEMYの来日公演で演奏されたこと。など、今始めて知る事実!(爆)

でもね…リフ主体で、俺にはどうも…。
兄が若いよ!かなり可愛い!!これ1枚きりだったのかね?(@@)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。