放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Color of The Time/Equinox 1995
2005年09月11日 (日) | 編集 |
equinox

本作と、Z'nuffの“PEACH FAZZ”を握り締めて新幹線に乗った。
大阪のRockRockで、リクエストする為だ!!友達と2人、2泊3日の滞在。
RockRockの近所の“ホテル・カリフォルニア”という所に泊まった。(笑)今でもあるんだろうか?…。
あれから、10年近くが経ってしまったんだね。彼らは、本作だけ残して消えてしまった…。

和田誠さまが、猛プッシュしてたアメリカは、ミネアポリス出身のトリオだ。そのサウンドは、QUEENSRYCHEやDREAM THEATERに基本を持っていると言っていいだろう。

テクニカル云々よりも、俺は個性あるものが好きだ!!
彼らは、その両面を兼ね備えた申し分のない存在だった。
1発目で、も~やられたね!!のびやかなハイトーンVo、キレの良いDr、
美しいトーンをかもし出すG。楽曲も叙情性溢れるものから、テクニカル面を
全面に押し出したものまでバラエティーに富んでいる。

どの曲も好きなのだが、8曲目“Believe”このバラードは極上だよ~!!
そして、アルバムの最後を飾る超大作“Color of The Time”くぅ~~~~~~!

アメリカン・プログレッシヴ・ハードにも通じると和田さまは言う。
JOURNEY、STIX、KANSASの影響もかなり受けているみたいだ。

次作をかなり期待していたのに…どこに行ったのさ~・゚・(/o\)・゚・

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。