放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
土曜の夜と日曜の朝/佐藤隆 '85
2006年01月16日 (月) | 編集 |
sato

みなさんは、佐藤隆をご存知だろうか?
数十年前、俺は、やはりラジオで彼の存在を知った。
高橋真梨子へ提供した「桃色吐息」があまりに有名である。
このアルバムは、彼の作品の中では最大なセールスを誇ったらしい。

このアルバム全てに異国情緒溢れる風景と大人の色気、はかない気持ち、
彼の悲しいピアノの音色と、けだるく響くボーカル。

彼は、色々な人に楽曲を提供して来たが、実は、彼が歌った方が、100倍素晴らしい。
これは、本当に、本当に、みんなに聴いて欲しいアルバムだ!!

「12番街のキャロル」は、谷村新司との競作である事を今知る。
この曲は、不思議な雰囲気が漂って、アルバム中で1番好きな曲だ。
彼は、本当に才能ある人だ。
こんな人が、たいした評価もされず、地下に埋もれてしまうには
勿体無さ過ぎる…。

みんなに、彼の存在を知って欲しい。
こんなに素晴らしいアーティストが、日本にもいるんだと言うことを。

詳しいサイト

スポンサーサイト