放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
THE DAWNING OF MOURNFUL HYMNS/MOURNFUL CONGREGATION '02
2006年05月10日 (水) | 編集 |
MOURNFUL CONGREGATION

先日、地獄に行った時、時間があまりなくて、Doomコーナーしか
観れなかったけど、店の人の紹介文だけで、知らないBAND購入!!(爆)

02年. オーストラリア. Ex-CHALICE、STARGAZERのメンバーがやっているらしい
カルト・フューネラル・ドゥームの'94、'95、'99年のデモに未発表曲2曲を加えた2枚組.
神奈川のWEIRD TRUTH PROD.からのリリース. 暗鬱とした悲しげなメロディーを奏でる、
スローなドゥームでカッコイイです. GOOD!!(地獄レヴュー)
昨日のBAND聴いたら、もう怖いものなしよ!!(爆)
本作(写真左)を聴きながらご出勤して帰って来て、今まであまり
聴く気が起きなかったCATHEDRALの『この森の静寂の中で』(写真右)を聴く。
これが、速く聴こえるんだから、人間の耳とは不思議なものだ!(笑)
ひたすら、重く、スローなんだね。
音圧で迫る感じじゃなくて、美しく重い非常にもの悲しい暗い世界。
結構叙情的で、ホロリと来る場面あり!(爆)
アコースティックなギターに、小川のせせらぎみたいな曲もあるね。
1枚目の最後の曲は、オーケストラ(シンセ?)が入ってて壮大な雰囲気だなぁ…。
素敵…。ギターも哀しそう…。

哀しい事があった時、明るい曲を聴くよりも、暗い曲聴いて、沈む所まで、
沈んで、這い上がるってのが、俺には効果大なんだ!!(笑)


俺は、こゆ世界観、結構好きかも♪

中ジャケには、今までリリースした音源のジャケットや写真が色々出てるよ。
これは、何してんだろうね?妖しいね…。さすが、カルト…。
MOURNFUL CONGREGATION2

オフィシャル

オーストラリアのドゥームゴッド、Mournful Congregationのこれまでの活動を
すべて網羅したバイブル的アルバム。彼等がこれまでにリリースした、
Weeping(1994)、An Epic Dream of Desire(1995)、Tears From a Grieving Heart(1999)の
3本のデモからの音源すべてに、未発表曲2曲を追加した、トータル126分におよぶ超大作。
キーボードも、女性ヴォーカルも、クリーンヴォーカルもいっさい使わない、ギター、ベース、
ドラム、ロウグロウルのみのシンプルな構成によるモーンフルドゥーム。
ひたすら遅いひきずるようなリズムを刻み続けるドラム、陰鬱で悲し気なメロディーを奏でる
ヘビーなギター、魂の奥底から自らの苦悩を絞り出すかのような強烈なうなり声、
これらがあなたを DOOM(破滅) の境地へといざなう! 来たるべき破滅は汝のもとへ...
参照サイト
スポンサーサイト