放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
ARMAGEDDON'75
2007年01月19日 (金) | 編集 |
ARMAGEDDON Christopher

『これぞ、まさしく名盤シリーズ・第5弾』

「アルマゲドン」と言えば、オイラの場合、クリストファーの方なんですね。(写真右)
俺、1st好きでさぁ~。また、やってくんないかな?…(>o<)

で、以前買ったと言う記事を書いたままになってました。
俺は、70年代は、日本のもの中心に聴いていたので、海外のものは
ほとんどが後追い。しかも、それについての知識がほとんどない!(爆)

ルネッサンスのライナーに「ヤードバーズ直系のハード・ブルース・ロック・バンド結成」
って書いてあるけど、俺は、ヤードバーズは名前しか知らない!∑(=゚ω゚=;) マジ!?

これ1発目が強烈!!その名も「肉食鳥」!!!
出だしのギターから、も~スリリングでカック良い!!
なんかね~途中で、ハーモニカとか出てくる!(笑)
ギターとか、ドラムについて賛美するサイトは結構あるけど
俺、ここのベースさん、特に、この1曲目の、ブュ~ンって、ベース好きだな!!
終わり方もカック良いんだよ!1回フェイントかけるんだ!(爆)

2曲目「シルヴァー・タイトロープ」1曲目と、うって変わって、静かなしんみりした曲。
グィ~ン、グィ~ンうねりをあげたギターがアルペジオになる!(笑)
なんか、ルネッサンスみたい…キースの声も素敵…。
終盤のギターの響きが、もの凄く神秘的…。

3曲目「未来への小路
ここまで来ると、このアルバムは、やはりギター中心なのかなと思う(笑)

4曲目「ラスト・スタンド・ビフォア」
やや古めかしい、ブルース調の曲。ハーモニカ活躍!(笑)

最後は、「真夜中の太陽」
11分半あって、4つのパートから成り立ってる。
イントロみたいのが終わると、急に踊りたくなるようなリズム♪
楽しげなナンバー!!途中、ワウワウギター活躍!!

てか、ドラムの音大きくねぇ?

Vo上げてたせいか、ドコドコドコが、チョー大きい!(笑)
これが、妙に臨場感あって良いんだけどね!!d(^o^)b

サイモン先生のドラムも凄いけど、ボビーも只者じゃなか!(爆)
スポンサーサイト