放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
哀愁の南十字星/Sebastian Hardie '76
2007年01月30日 (火) | 編集 |
sebastian
 

 1. グローリーズ・シャル・ビー・リリースト
 2. 夜明け
 3. ジャーニー・スルー・アワ・ドリームス
 4. エヴリシング・イズ・リアル
 5. ロザンナ
 6. 哀愁の南十字星





『これぞ、まさしく歴史的名盤』

誰にも、忘れられない過去がある。
その過去を振り切る為に、必要なのは、時間のみ…。
時間が全てを解決してくれる。

俺には、このアルバムを再度聴く為には、時間が必要だった。
かなり長い間、封印していたのだ。
このアルバムを聴くと、当時にフィード・バックしてしまうからだ。
アナログで所有してたが、CDものちに購入した。

そして、2003年7月、まさかの来日公演!!
現CamelFCの会長と、プログレ仲間数人で参戦した。
2部構成で、1部が、マリオ・ミーロ・バンド。
2部は、彼らの登場だった。
あまりに夢のようなライヴだったので、記憶が飛んでしまっている!(笑)

で、肝心な内容の方だが、
素晴らしい、美しい、感動的とか、そんな言葉では、到底現す事は不可能だ。
そんな安っぽい言葉さえ通用しない彼らの作品は、もう奇跡としか言いようがない。


これを聴いて何回枕を濡らしただろう?
来る日も、来る日も、このアルバムばかり聴いていた日々。

このアルバムに出会えた事を、彼らに出会えた事に感謝したい。

ライヴレポートサイト
スポンサーサイト