放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
DONJUAN LIVE/萩原健一 '07
2008年03月14日 (金) | 編集 |
donjuan

先日、PYGの記事を書いた時に、ショーケンのその後が気になり、
アマゾンで検索しているとこのアルバムと遭遇した。
レヴューを読んで、即、クリック!欲しいと思ったら待てない人!(爆)

■日本を代表するロック・アルバム。
■ショーケンが完全にイッてる。
■日本ロック史上に輝く、超名曲「ローリング・オン・ザ・ロード」の
ライブバージョンが聞けるのはこのアルバムだけ。

これが決定打!(爆)

1980年8月26、27、28日 新宿厚生年金会館
限定生産/紙ジャケ&24bitデジタル・リマスタリング仕様
レーベル「BOURBON」、完全復活!歴史的名盤を一挙ドドーン!と復刻!

Donjuan R&R Band
石間秀樹(フラワー・トラベリン・バンド)、速水清司(井上堯之バンド)(G)、
篠原信彦(ハプニングス・フォー)(Key)、ケンタッキー林(B)、
原田裕臣(・ミッキーカーチスとサムライ)、田中清(Dr)

ツインギターの、ツインドラムかよ~~~!サザンロックかい?(爆)

たいした難しい演奏をやってるわけでもないなぁ~と思いながら聴いていると。

Rie「珍しいの聴いてるね!スリーコードじゃんか!」

母「そなの……(*_*)」

Rie「スリーコードは、奥が深いよ。色々な事ができる分、弾く人のセンスが出る」

そんな話もおかまいなしに、腰を振り続ける母!(爆)

ショーケンは、ぶっちゃけ歌うまくないね。
このアルバム聴いてると、「歌は、うまさじゃない」と思える。
汗でグショグショになって、声もかすれ、音も外してるけど、伝わるものがある。
表現力と気迫だ!!気迫!気迫!!

そして、これは彼の生き様だろ!!
綺麗な生き方ではないけど、俺は、そゆ生き様晒す人が好きだ!

映像があれば観たい。
このライヴを目の前で観た人は、どんな感動を覚えたのだろう…。

映像を探したが、良いものがないので、これを!!「大阪で生まれた女」

良い表情してますね、彼。早く復帰して欲しいね。

マニアックなサイト
スポンサーサイト