放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
ザ・カーナビーツ・ファーストアルバム・アンドモア '99
2008年04月05日 (土) | 編集 |
carnabeats

オイラの音楽ルーツは、確実に、グループ・サウンズからであります。
ザ・タイガースの次に、オックスと、この、ザ・カーナビーツが大好きでした!!
と言っても、お子ちゃまだったので、テレビで観てるだけ。
音源なんか買えません。プレイヤーもありません!(爆)
1日のお小遣いは、「5円」でしたが、駄菓子に消える時代であります!(爆)
駄菓子が「5円」で買える時代なのに、LPは「2000円」くらいしてたよね?
単純計算で、13ヶ月分のお小遣いが必要だったのです。

大好きな、ザ・タイガースのLPを買ったのも、社会人になってから…。
初めてのボーナスで、ステレオ買いました!!
友達が、ザ・カーナビーツのファンで、LPを借り、擦り切れる程聴き込みました。
レコードだから、傷つけて、弁償なんて事もありました。(大汗)

全部歌えるよ。覚えてるもんだね!!
曲も歌詞も単純明快なものが多いので、今でも、お風呂で歌います!(爆)

サンディー サンディー I love you everyday~♪
サンディー サンディー いつも夢にみて 心ふるわせる僕さ
バンジーの花のように いつも素敵な僕のサンディー♪


「ANNABELLA」は英詞であり、カバーだけど、それは、それは名曲なんだよ。
面白いのは、ザ・タイガース『モナリザの微笑み』『君だけに愛を』が入ってて
これは、一味も二味も、違ってて面白いよ。モンキーズ『デイドリーム』
ビートルズ『ゲット・バック』とかまでカバーしてる。しかもうまい!!(爆)

グループ・サウンズってのは、当時社会現象を巻き起こしたくらい凄かった。
右を向いても「ザ・○○ズ」って感じで、みんなギター抱えて歩いてたもん。
ビートルズ、モンキーズetc…の影響を受けながらも、日本歌謡の部分を持ち合わせて
独特の音楽文化を築き上げたと言っても良いかな?不思議な世界だったよ。
それに、ファッションね!!今見ても斬新なファッション!!テレビで衣装を
見るのも、一つの楽しみだった。新曲ごとに、新しい衣装になる。

オリジナル・リリースが、68年!!ふるぅ~~~~~~!
日本では、GSが懐メロ扱いされてるけど、現在海外では、日本の60年代
ガレージ・パンクとして注目され、多くのコンピが出回っている。


すぎやまこういちが、当時のコンセプトについて語る。興味深いです…。

スポンサーサイト