放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
虚実の城/GERARD '85
2008年04月16日 (水) | 編集 |
empty lie empty dream

『勝手に名盤シリーズ第10弾』

毎日、音楽ネタを更新してるサイトは、凄いと思いますよ~。
お気に入りの「紹介」程度と言う事なのだろうが、「本当に感動したもの」を
毎日書いてるとしたら、これは凄すぎ!!(余程感受性が強いのか…?)

今まで色々な音楽聴いて来て、ここで紹介して来たけど、そんなに毎日感動する
アルバムに出会えるのか?と言ったら、俺は、稀有だと思うんだよね。

現に、ネタは尽き果て、てか、感銘を受けたものは、もう紹介しちゃってるよん★
新譜も着手してるけど「んん?」っての多いよ。
「んん?微妙」と言うものは、ゴロゴロしてます。
その程度のものを、記事に書くには、筆が進まんのですわ。私は。
(↑ここに、あんま反応しちゃいやん)

でもね、「本当に感動したもの」は
創作意欲が、1000倍くらいに達するのですわ。ブラインドタッチ全開!!
頭に浮かんだ言葉と同時に指が動くのですわ。

今日の、このアルバムは、それさえも超越してしまいました。

絶句…。。。ただ!ただ!絶句…。

メルヘン…ファンタジック!!絶妙な展開!叙情性ほとばしり!しかも…テクニカル!
私の欲してるもの全てが、凝縮されてるんですよね!!
ここの、ギターさん、Voとしても、かなりソフトで優しい声の持ち主だけど
驚くのは、彼のギターだ!!こんな凄いギタリストが日本にいたのか?え?

藤村幸宏様(Chachamaru様)
Gackt曰く「日本で3本の指に入るギタリスト」。
やはり、俺の耳は、ある程度肥えているという証か?(爆)

1986年、第1期GERARDは活動停止。2枚のアルバムとミニを残してますね。
私は、この、第1期GERARDが、限りなく好きです。復活後のものは、ギターレスを
1枚しか聴いてない。テクニカル面では、かなり進歩しているけど、楽曲は、断然第1期!

ライナーには、「ジェネシス、UKに強く影響を受けた永川敏郎」と書かれているが…。
絶対に…。。。
[続きも読んでね♪]
スポンサーサイト