放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CORE Rhythms
2008年08月30日 (土) | 編集 |
core.jpg

いただきました!こんなに高いものうぉ!(爆)
今話題の「コアリズム」の、DVD3枚組であります。
「基本プログラム」「上級プログラム」「ラテンダンス」の、セットになってますね。

今、私が、やってる「腰ふりダイエット」は、比較的、動きがスローなんですけど
この「コアリズム」は、へヴィーな動きなんですよね!腰痛くならんのかな?
とりあえず、「基本」だけでも、チャレンジしてみますかね!(爆)

最初に、この存在を知ったのは「クワバタ」が、チャレンジした、テレビでした。
これは、本当に、驚きだったっすね~ここまで、細くなるもんなのか?と。。。
私も、こんな感じで、ウェディングドレス着たいですな~~~~!(爆)

kuwabata.jpg

ある程度、ウエストが細くなると、なんか、今まで「お腹を隠す服」ばかり着てたけど
なんとなく、露出したくなるんですよね!なんか、おしゃれが楽しくなって来ましたよTommy
スポンサーサイト

虹伝説2 THE WHITE GOBLIN/高中正義 '97
2008年08月28日 (木) | 編集 |
takanaka.jpg

虫の声など聞こえて来て、んん…秋だなぁ~と思う今日この頃。
しかし、日中は、暑かったり、涼しかったり、雨降ったり、雷鳴ったり。。。
聴くものは、山積み状態なんだけど、i-podには、色々曲入ってるんだけど…。

なぜか、こればかり聴いている私です!(笑)

80年代「虹伝説」を、聴いて狂喜乱舞した人には、なぜかウケが良くないみたい。
私も、80年代聴いて来たけど、これは、これで、すごーく好き!(笑)
彼は、たぶん、この「虹伝説」には、そーとーごだわりがあるとみたぞ!
色々な意見の人いると思うけど、このアルバム好きって人いる?
別にいなくも、良いけど、俺は、素敵なアルバムと思うぞ♪

高中のアルバムは、アナログが多いけど、CDで所有してるのは、2枚のみ。
本作と『Fade to Blue』!武道館のイベントで、このアルバムの中の曲が
気に入って買ったというもの。曲名は、「My Love」機会あったら、聴いてみ!(笑)

高中は、やっぱギターの音色ですぐわかるし、私の好みの音出すんだよね。
自分の中で、欲する音と、このアルバムが、今、妙にマッチングしてるね!
そんな時は、他のものを聴いても、ダメってこと、自分が1番良く知ってる。

ここまで、普通は、凝らないぜ!そこが、また、痺れるんだよ!俺!(爆)

niji.jpg

ゲストミュージシャンも豪華みたいよ!
Char、村上PONTA、小原礼、吉田建、武部聡志、ウルフル・ケイスケ他…。

81年時代の「虹伝説」より!!初めて聴く人も多いと思います。どんぞ



OPETH行って来ます!
2008年08月27日 (水) | 編集 |
opeth_20080827093853.jpg

以前こちらで記事書いてますが、ついに、この日が、やってまいりました!
このアルバムから、彼らの虜になり、てかさ~この頃日本盤出るなんて夢にも
思ってなくて~LOUD PARK 06で、初来日!念願の、単独に至りました!

ライヴレポとかやらないからね!

OPETHに会えてしぁ~せ(しあわせ)な気分だけでいい!(爆)

アマラドさん!よろけ牛さん!M沙鬼さん!よろしく頼むわよ!(爆)
今日は、飲むの、どーしよう…(大汗)

しかしさ~フロントンマンより、Keytが目立つバンドも珍しいよな!(爆)



海!パーティー!オールナイト!!
2008年08月25日 (月) | 編集 |
世界に名高い、メイデニストSさん、直々のご招待をいただき行って来ました!
彼は、メイデン・ヨーロッパツアーから帰国したのが、22日、パーティーは、23~24日!
いや~~~~!お疲れの所、色々なセッティングやら、買出しやら大変だったと思います。

毎年開催されてたのは、知ってたんですけど、千葉からじゃ遠いなぁ~って感じで。
でも、今回は、実家に行ってたので、電車で、40~50分あれば、行かれる距離です!

umi.jpg

あいにくの小雨模様で、最初から地下道で開催された模様でしたが、地下道は
音響くみたいで、近隣のどなたかが、通報したらしく、ポリースが、4人来たらしいです。(笑)
んで、海岸の方に、民族の大移動!スピーカやら、飲食料やら…。

umi3.jpg

外人さんもたくさんいました。Church of Miseryの新ギタリストTomが自分的にツボでした。
凄く、面白くて、ユーモアたっぷりな人です。体毛にKissさせてもらいました!(爆)
他にも、Camel好きな女性と意気投合!はじめて会った人が多かったけど、みんな
いい人達で、とても楽しかったです!好きな音楽な流れると、みんな首振りに来ます♪

umi2.jpg

明け方4時くらいの海には、サーファーの群れ!この人達は、寒いとか朝早いとか
無いんでしょうね!人のこと言えませんけど!(爆)

umi4.jpg

飲み過ぎて、次の日は、使い物にならず、自宅に帰る気力もなく、おまけに熱が出て
もう1日実家に待機して、先ほど帰宅しました。

遊んでくれた皆様!どうもありがとうございました!!Tommy

tattooの魅力!
2008年08月23日 (土) | 編集 |
tattoo.jpg
(イメージです、私ではありません!)

今、モーレツに、Tattooを入れたい!!
私の、10円Tattooを入れて、早10年が経過した。
もっと、もっと入れたい!もっと、もっと増やしたい。

けど、問題は、大好きな露天風呂(温泉)に、入れなくなること…。
この、10円みみっちぃTattooでさえ、隠して入らないとならない。。

そこで、今、肩に、小さなのを入れようかな?とか考えてる!(笑)
作戦としては、サロンパスで隠れるくらい!(爆)

図柄を考えるのも楽しい!!
できれば、大好きなBANDロゴか、全裸の女性を入れたいと思う!(爆)

目標の、ヘソピですが、オリンピック陸上のアスリート達の美しいお腹を
見ると、ヘソピは、鍛えられた腹に似合うことを痛切に感じる。
「腰回しダイエット」は、ウエストがくびれるが、下腹の脂肪は取れない…。

んん…ヘソピへの道は遠い!(爆)

Zenology/ZENO '95
2008年08月21日 (木) | 編集 |
Zenology.jpg

『勝手に名盤シリーズ第13弾』

いや~~~~!こんな名盤今までやってませんでしたか?
探したんですが、見つからないのですわ!!有ったらごめりんこ!(爆)

ウリ仙人の新譜リリースと、来日インフォが飛び交うネット上ではありますが
そんな時に、弟ZENOが聴きたくなるのは、天の邪鬼ですかね?(爆)
久々に、彼のすべてのアルバムを取り出し、聴いたけど、やっぱ良い!良すぎる!
なかでも、この「ジノロジー」は、本当に、私の心を直撃しましたね~。
1995年リリースのものしか持ってないけど、2005年に、4曲追加で、出てました。

以前書いた『RUNWAY TO THE GODS』Voは、マイケル・ボーマン。
でもね、やっぱ、私の中では、トミー・ハート!マイケル・フレクシグなんだよね!

FAIR WARNING好きな人は、すぐにハマれるはず!私がそーだから!(爆)
何しろ、曲が良い!!1度聴いたら、すぐ歌える!

天空への憧憬、打ち震える感動の心
眩いばかりの陶酔に抱かれて、旋律賛歌「ジノロジー」完成!(帯たたきより)


デヴューアルバム『ZENO』リリースから、9年の歳月が流れてるんですね。
で、本作は、まったくの新譜ではなく、今まで表舞台から姿を消しながらも、
作り続けた作品の数々に、新曲を、ミックスした、言うなれば、血と涙の結晶!
だから、これ聴いて、感動に打ち震えないわきゃ~ねぇ!!(爆)

オープニングを飾る『HEAT OF EMOTION』(FAIR WARNINGの1st収録。ジーノ提供)
が、本当に本当に大好きでね。何回聴いても、感動するし、興奮するんだよね。
で、YouTube探したげど、見つからなかった…悔しい…。

全ての楽曲が、美旋律、メロディー重視で、聴いてると、この音の洪水の
シャワーにより、全身が、リラックスするのがわかるんだよね。凄いよぉ~♪
もし、彼らに入るのならば、本作は外せません!あと『ZENO』も行っちゃってくれ!(爆)
5曲追加、デジタルリマスターが、かなり安く手に入るのでね!(^。^)丿




ジーノが単独来日したら、絶対行くと、私と、Rieは、言った!(笑)

ジーノ!来てくれぃ!

オフィシャル

古着屋!
2008年08月19日 (火) | 編集 |
king2.jpg

わたくし、365日、冠婚葬祭以外、常に、メタルTシャツを着て過ごしております!(爆)
パートの安い給料で、ライヴ、音源、プロレスetc…。
とても、『おしゃれ』まで、金が回りませんって!マジな話ぃ~~~~!

近所に、大型の、古着屋があるのは知ってたんですが、なんかね…。
人の着古しでしょ?なかなかのぞくまでにも、至らなかったんですよね。。

で、今日勇気出して、のぞきました!のぞき見は好きです!(爆)
で、黒のズボンと、上に着るもの、3着。しめて!2818円!やすぅ!

もし、都内のライヴハウスなどで、これ着てるの見かけたら、「古着ですから」!!(爆)

その時は、こう声をかけてください!!

よっ!古着!!(爆)

Quest for Blood/捜血鬼 with 一噌幸弘 '08
2008年08月18日 (月) | 編集 |
quest.jpg

以前、こちらで紹介しました捜血鬼の1stフルがリリースされ
国内でも、ディスクユニオンで、発売開始されました!万歳!!
私は、ギターで参加してる東虎さんのご厚意で、一足早く聴く事ができました。感謝です。

彼らは、ご存じ凶音のドラム、黄泉槌さんを中心にしたBANDですが、メンバーは
ほぼ、凶音といった、凶音ファンには、嬉しいクレジット!!(笑)
日本のブラック・メタルとして、名前は、知られていると思いますが、このアルバムを
聴いて、ジャンル、カテゴライズ不能であることは、すぐにわかりました。

一発目で、鳥肌もんです!!

よく「鳥肌が立つ」いいますが、本当に、ザザザザ~と、立ったんです!(爆)
アルバムのコンセプトに基づいて、出だしは、アイヌの民族楽器『ムックリ』で始まります。
それから、来るんですよ~徐々に来るんですよ~!!かっけーーーー!!
強烈です!こんなアルバム、なかなかお目にかかれないと思います!!
一噌流笛方能楽師/重要無形文化財総合指定の一噌幸弘氏の笛も強烈ならば
全てのメンバーが作り出す、次元の違う世界を、じっくり味わうと、至福の時が訪れるのです。

ハッキリ言いますけど、、、

ヤヴァァァァイ!!!

ポストロックレーベルからリリースというのも、面白いが、ポストロックとも、ちと違う。
ブログレッシヴの域、はたまた、現代音楽の域、はたまた、ノイズの域…。そして古典。
それでも、このブラストは、Metal…多種多様なんですよ。
全8曲全て素晴らしい!!特に、最後を飾る『落石覚悟』。本当に、頭の上に石が
落ちて来るくらい強烈でインパクトの強い楽曲です!狂気の沙汰とはこのことです!(笑)

BANDリーダー黄泉槌さんのご厚意で、インタ形式やってみました。

■ここを聴いてほしい部分をお聞かせ下さい

そりゃ、全部でしょ。何回も聴いてもらえれば、聴くたびに少しずつ違うもの、
新しいものが聴こえてくると思います。

■苦労した点をお聞かせ下さい

"Too original" と言われてしまい、なかなかリリースできませんでした。
結局ミックスダウンから1年半近くかかってしまいました。

■このアルバムのコンセプトについてお聞かせ下さい

ブックレットの最初のページに書いてあります。
詳しくは、http://www.magane.org/ の捜血鬼>conceptをご覧下さい。
(って、読んでも分かりにくいと思いますが、、、分かりやすくしちゃうとつまらないので、、、)

さらに、嬉しいことに、私の写真を使っていただいて、初クレジットです!Tommy

quest2.jpg
日本の黄泉メタルこと凶音の黄泉槌(Ds,Vo)、久仁雄(G,Vo)、忌仕女(Key)らが捜血鬼
(QUEST FOR BLOOD)として、灰野敬二や吉田達也らとも共演している重要無形文化
財総合指定の一噌流能楽師一噌幸弘氏との共演を果たしたコラボレーション・アルバム。
メタリックなリフにブラスト混じりの疾走リズム、そして独特の和音階メロディは凶音の要素を
引き継ぎつつ、そこに一噌幸弘氏の能管や篠笛、角笛が狂気乱舞する衝撃の作品。(ユニオン)

2008.6.21楽屋にて!嬉しい事に、今年12月20日目黒ライヴステーションにて
ライヴが決定しました!!是非、この感動を自らの目で耳で確かめて欲しいです!

sokestuki.jpg

Tommyプッシュ!プッシュ!ぷうーしゅぅぅぅ!


A piece at time(時流のかけら)/LUSHEL '06
2008年08月16日 (土) | 編集 |
lushel.jpg

LUSHEL、名前だけは、知ってました。
あの、Free Loveの松井さん、motoさんが在籍してたと、いうことくらいですけど…。
メンバーの名前も、経緯も、なんも知りません。

頭の中で、想像してたのと、かなり違い、自分的には、かなりビックリ!
かつて、私を震撼させた、ムーン・ダンサーを彷彿とさせるというと、オーバーか!(笑)

曲は、実にキャッチーで、歌謡曲世代の私には、ドツボを通り過ぎております!(笑)
何しろ、叙情的なんですよね。心にグァ~~~~って来ちゃうのよ!!
これは、ある意味、俺を即死させるのよ。反則だろ?えっ?(^。^)丿

1.Overture
2.Stormy Night
3.時流のかけら
4.青い夜
5.奇跡の城
6.Finale(天使の翼)

1曲目は、インストなんだけど、2曲目『Stormy Night』で、いきなりキタ~~~!
特に好きなのは、4曲目『青い夜』だったりする。
全ての曲が、なにしろドラマチック!壮大!かっこいい!3拍子揃ってます!!
ハイトーンも、痺れる~~~~しぃ~!適度に湿ったキャッチーなサウンド!!
「これでもか!」「これでもか!」と、心の深い部分に、優しく突き刺さるサウンド!!
聴いてるだけで、泣いちゃいます!もー涙止めてくれぇ~~~~! 

できれば、今までの音源を全て、再発して、また新作など出していただけたらと。


80年代半ばに名古屋を拠点に活動していた5人組で、当時はよくノヴェラが比較対象に
挙げられていた。本作は19年ぶりの音源となる再結成アルバムで、新曲と人気の高かった
代表曲のリメイクを3曲ずつ収録。かつての音楽的変遷に呼応するかのようにさまざまなタイプ
のマテリアルが並ぶが、基本はポップ感のあるプログレ・ハード路線。ハイ・トーン・ヴォイス
を活かしたキャッチーな旋律が今の時代に新鮮だ。なお、後にワイルド・スタイルでデビューし、
現在は売れっ子作曲家として活躍する原一博(key)は初期のメンバー。(アマゾンレヴュー)

Flamenco A Go-Go/Steve Stevens '2000
2008年08月15日 (金) | 編集 |
steve.jpg

このアルバムの存在は、知ってたものの、なかなか聴くチャンスが無かった。
彼のプレーは、2度観ている。1回目は、『ヴィンス・ニール』での、プレー。
そして、Enuff Z'nuffのライヴに、いきなり出てきた時のプレー。

タイトルからすると、フラメンコギターのみのアルバムと、考えてしまいがちだが
いろいろなタイプの曲が、散りばめられた、彼の魅力満載のアルバムだ。
こ~やって聴いてみると、彼がいかに多才な、ギタリストであることがわかる。

1発目は、かなりノリノリのナンバーで、自然に「腰」が動くぞ!(爆)
で、2曲目は、環境音楽のようで、かなり癒されるし、何しろ、ノンジャンルなアルバムだ。

本当にね、気持ち良いんだよね!彼のギター最高!!

この時期聴くのに、最適なアルバムではないか!

俺が、なんだかんだ言うより、8曲目『DEMENTIA』聴いてみてくんろ!どんぞ~
(Live Japanって?!!!)


お盆休み1日目!
2008年08月13日 (水) | 編集 |
皆さんは、お盆を、どう過ごされていますか?
仕事の関係で、お仕事してる人。故郷に帰る人。
いろいろいると思います。私は、今日は、お墓参りして来ました。

その足で、近場にある露天風呂へ!!
ここには、色々な温泉があって、もちろん露天風呂もあります。
今日は、月が、とても幻想的で良かったですよ!

ダイエットの甲斐があり、いつもは、隠すお腹も、堂々と出せました!(爆)
体重は、念願の、40キログラム突入です!万歳です!Tommy

こんな大広間で、入浴後のビールは、うまい!!

onsen.jpg

ここは、本場の中華が味わえます。その他メニューも豊富です!
この焼きそばは、絶品なんですよ!塩をベースにしてるんだけど、うまいっ!!!

onsen2_20080813233252.jpg

明日は、いよいよ親戚が、我が家に集合し、恒例の『焼き肉パーティー』です!

はじめての目黒鹿鳴館
2008年08月11日 (月) | 編集 |
目黒と言えば、ライヴステーションしか行ったことのないTommyです!
「鹿鳴館」の名前こそ、知ってたけど、ヴィジュアルの箱という認識くらいしかない。

入って驚き!椅子があるではないか!しかも、映画館のよ~な!(笑)
最前列の1番暴れられる場所は、モッシュ、ダイブ禁止のように
鉄の柵ができててね。ちと、ビックリしちゃったよ!(笑)

8/3新宿アンチノックで、はじめて観た『METAL SAFARI』!
この日は、彼らが、オープニングアクトを務めた次第であります!!
アンチで、はじめて観て、自分的に、ドツボだったんで、彼ら目当てだな!(笑)
アンチで、CD2枚購入し、この日は、Tシャツを購入する程の惚れ込みよう。

音楽は、理屈じゃなくて、聴いて、感じてナンボのもんだと思うのですよ。
で、惚れたBANDは、やはり応援して行きたいなと思うのであります。
METAL SAFARI猛プッシュしていきますよぉ~~~~!

ms.jpg

ms1.jpg


オフィシャル

お次は、『BLOOD STAIN CHILD』アルバムは、1枚持ってるものの、生を観たのは、はじめて。
想像してたのと、ちと、風貌が違くて、軽いカルチャーショックを受ける!(笑)
以前やった、レヴュー!

bsc_20080811171652.jpg

ラスト!名前は知ってても、体験したことのなかった『VOLCANO』
ドラムは、浜飯さんが、ヘルプで叩いていた!!ベースはYOUTHQUAKEのAKIRAさん。
屍忌蛇さんのギターは、テクニカルというのではなく、完全な泣きであった。
ギターの音色も、素晴らしく、ギターの音色と、ソロで、うっとりしてしまったよ…。
Voさんの、フロントマンとしての貫録!客を惹きつける魅力!楽しいMC!
「メタル・サファリ・パーク」とか紹介するので、笑ってしまったよ。
楽曲は、も~のりのりで、楽しい!!これぞ、Heavy Metalだ!って感じだった。
やっぱりね、BAND数が多いと、飽きるし疲れるTommyなので、3BANDくらいがいいね♪

vol.jpg

vol2.jpg

vol1.jpg

北島おめでとう(^O^)/
2008年08月11日 (月) | 編集 |
20080811114115
金メダル~~~~!

世界新!~~~~!

やった~~~~!\(^_^)/

北京五輪開会式
2008年08月09日 (土) | 編集 |
1014.jpg
はじまりましたね!!
私は、「腰振り」があったので、チョロとしか観てないけど、これ
ど~なってるんですかね?マジックショーみたいでした!(爆)

テロとか、色々な怖いことが起こりませんように。。。

※観客のペンライト?は、X-JAPANのドームを彷彿とさせてました!(爆)

Rie新曲完成!!
2008年08月07日 (木) | 編集 |
892092577_102.jpg
『Eternal Wings』

どんな逆境にも負けずに空を羽ばたいて行く様子を感じてもらえればと思います

http://www.myspace.com/riesuzaku

しかし、暑いですなぁ~。
コメントたくさんいただきながら、なかなか、レスする気力が…。(大汗)
私の怠慢でなく、暑さのせいですからね!みなさん!(爆)

これから、プロレス行って来ます。Tommy

激情ギターラ!/ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ'08
2008年08月05日 (火) | 編集 |
rodrigo.jpg
まるやん、ジェネスシさんの御薦め!!ようやく到着~~~~~!

いや~YouTubeで観て、おったまげて、慌てて発注したのさ!(爆)
押尾コータローも、アル・ディ・メオラも、真っ青だって!これ!!

こんな演奏みたことない!男女2人組の激テクギターユニット登場!(帯)
メキシコ出身、ダブリンを拠点に活動。地元メキシコで、サバス、メタリカ、、メガデスなどの
影響を受けた、スラッシュ・メタルバンドからスタートって言うことなんだけど…。

涼しいクーラーの効いた部屋では、なんとなく避暑的な心地よさを味わえるし
暑~い、クーラー無しの部屋で聴くと、これが、も~凄く情熱的で気持ちよい。
そーー!気持ちのよい、それでいて、スリリングな展開もあって、何しろ癖になります。(笑)

特に、「天国への階段」は、本家を上回る出来栄えと、勝手に思ってますよ!(爆)
それでは、「天国への階段」どんぞ~



オフィシャル

雷さまは怖いの巻
2008年08月04日 (月) | 編集 |
凄い豪雨だ!
近くに雷さまが落ちた!

おっかね~~~~!(;_;)

停電した…。
真っ暗だ…。

しかも…

断水って、どゆ事さ?

ALWAYS 続・三丁目の夕日
2008年08月02日 (土) | 編集 |
hananona.jpg
「花の名」BUMP OF CHICKEN

少し前に、下の娘の部屋から、ステキな音楽が流れていた!!
のちに、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の、主題歌であることを知る。

『ALWAYS ・三丁目の夕日』を観た時も、感動した。
この続編を観るよりも、前作から観ることを、お薦めしたい。
(繋がりがわかりやすいからね)

ALWAYS.jpg

で、今朝観てました。『涙のツボ』は、2回に渡って訪れました!(笑)
たぶんね~泣くべき場所は、みんな同じ場面だと想像できるんだけどね!(笑)
全然難しい映画じゃなくて、人情とか、時代背景とか…。
「昔は良かった」と言いたくはないけど、近所とか、もっともっと繋がりがあった時代だね。
みんなで、喜びも悲しみも、分かち合うと言ったら、大袈裟なのかな!!
私は、なんと言っても茶川竜之介の大ファンです!!
素朴で、飾り気がなく、不器用なんだけど、内に熱いものを秘めてる。

ハッピーエンドで良かった。できれば、「続・続」を作って欲しいかな? (^-^)/



オフィシャル

Distillation/Wishbone Ash '98
2008年08月01日 (金) | 編集 |
distillation.jpg

私の今の精神状態には、Wishbone Ashが、1番落ち着くみたい!(笑)
4枚組と言うことで、なかなか、一機に聴くと言う、判断がつかないまま、
かなりの時間が経過してしまっていた…。

ジャケ写は、アマゾンのと異なるみたいなんだけど、実際は、紙のDVDケースの
大きさの左右に、2枚づつ収められてるみたい。

朝、ステレオに入れた!倒れた!!(爆)
まだ、1枚目だけしか聴いてないけど、これ、入門者には、御薦めかもしれない!

たぶん、当分入り浸り決定!! (^-^)/


本作はアンディー・パウエルが企画し、マーティン・ターナーが全曲をリマスター
(一部はリミックス)したメンバー主導の本格プロジェクトであり、多くの秘蔵音源が入念に
リサーチされた結果、CD4枚のうち1枚半にレアもしくは完全未発表音源が収録されている。

構成は、Disc1の大部分が第1期(1969-1974)、Disc2の大部分がローリー・ワイズフィールド
時代(1974-1985)で、その大半が第2期のもの。Disc3は前半が再結成期(1987-1990)で、
後半がレア音源集。Disc4がアルバム未発表のライブ音源である。
前半の2枚半のベスト集は概ね順当な選曲だと思うが、一方のレア音源集もただ珍しい
だけでなく楽曲として質が高いものだけを精選している。たとえば「Pilgrimage」にインストの
小曲として収録されていた「Alone」の歌入りオリジナル・ヴァージョンは、その存在自体驚き
だが曲としての出来も非常に良い。

最大の目玉はDisc4で、なんとこのライブはすべて第2期のものである。主として「Live Dates 2」
のお蔵入り音源から選ばれたものだが(一部はシングル盤で発表済み)、どの演奏も素晴
らしく、「Live Dates 2」と比べて遜色がない。中には第2期の演奏する「Sometime World」など
という涙ものの音源もある。筆者はライブバンドとしては第2期が最強だったと考えているので、
あえてDisc4を第2期に限定したのは大正解だと思う。数あるボックスセットの中でも
最上ランクの作品であろう。 (アマゾンレヴューより)

Tommyの大好きな『永遠の女神』を、どんぞ~
出だしから痺れるしぃ~!!中間のギターで、死ぬしぃ~!!最後まで気を抜けないしぃ~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。