放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ
2008年09月17日 (水) | 編集 |
fuji.jpg

最近密かに「松山ケンイチ」が、マイブームです!(^。^)丿
先日は、『神童』を観ました!これも、なかなか良かった。
松山ケンイチと、ピアノ…。。なんでも似合う男!!(爆)

今度は、松山ケンイチと、イルカ!しかも獣医役だったりする。。
獣医と言えば、聞こえは良いけど、かなり大変な役どころなのです。

これに乗れば、「イルカに乗った松ケン」(爆)

私は、動物を見世物にするのが、とても嫌なんですね。
自然の中で、群れと共に、自由に跳ねまわるのが1番だと思うので。
だから、生き物を飼うのも、実は、あまり好きではない。
小屋とか、飼育BOXとか、狭い所に、押し込まれて可哀そう…。
…と言いつつ、猫飼いたいとか言ってますけど!(爆)

子供の頃は、動物園が好きでした。
けど、今は、動物園に行くと、苦しいですね…なんでか。
あの狭い檻の中で、一生を終えるのか。私たちは旅とか好きな事が
できるけど…とか考えちゃう。。

結局、生き物に、曲芸を教え込んで、それで人呼んでって金儲けでしょ?
けど、その中で、必死に、生き物と向かい合って生きる人たちもいるわけで…。
なんでも、そーですけど、その中に、1つ1つのドラマがあるわけです。

感情があるのは人間だけではないと考えています。ぶっちゃけ、すべてのものに
感情があるんじゃないのかな?なんて考えることも多々あります。
生きるすべてのものと、コンタクト取れれば、ベターなんでしょうけど、
コンタクト取れる人もいるみたいですけど、私たち凡人では、無理だよね~。

この主人公「フジ」は、実在するイルカです。実話に基づいて作られました。
尾びれが壊死する病気にかかり、世界初の人工尾びれプロジェクトを作り
無事に泳げるようになるというもの。
自然界で、この病気にかかると、確実に死ぬんだそうです。
人間が、イルカを救う、ある意味美しい話なんですけどね。。。

最後、フジが、ジャンプしたシーンには、胸が熱くなるってか拍手しちゃいました!

オフィシャル
美ら海ニュース
スポンサーサイト