放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
呪われし機械/ヤニック・トップ '08
2008年09月18日 (木) | 編集 |
top_20080917165511.jpg

発注してから、届くのに、かーなり時間かかったね。
待ち焦がれてたんだよ、恋人のような感覚でね!(笑)

彼は、知る人ぞ知るMAGMAのベーシストだった人だね!
これだけ、キャリアがあるのに、驚いた事に、ファースト・ソロアルバムだって!(笑)

でね、俺の表現力では、このアルバムを表現できないと思うわけ。
だって、聴くたびに、「うぉ~~~~!」って思うので、精一杯なんだもん!(爆)
パート1~12まで、分かれてるんだけど、この勢いは恐ろしいよ!一気にいける♪

最初はね~チェロ、ピアノ、溜息?みたいのから始まるんだ。リラックスムード。
それから、「まんまMAGMA」の展開になるんだけど、それだけて終わらない。
ん~なんて表現したら良いんだろ?MAGMAなんだけど、ブルガリアン・ボイスみたいな!
ギターは、なんとなく、メタリックな印象!
そして、「機械化されたMAGMA」みたいになって、も~たーいへん!(爆)
凄い緊張感に支配されるんだけど、それが、なんか良い気持ち♪

俺は、バキバキ言わせるベース音(チョッパー)が、特に好きなんだけど
ヤニックの場合は、その名を轟かせた暗黒ベースてのかな。
何しろ、地獄の底を引きずるような、重~い重~いベースなんだよね。

ただね、やはり、MAGMA同様、聴き手を選ぶ音楽であることは間違いないと思う。
MAGMA未体験の人が、これにハマったら…さぁ~大変!どーする?(爆)

輸入盤に、ライナー付きなんだけど、いっぱい書いてあるんだけど、
字が小さくて、見えねぇよ!錬金術が、どーとか書いてあんど!))

オフィシャル
Myspace
ののまる。師匠レヴュー(他力本願)
Christian Vanderと並び称されるMAGMA史上屈指のベーシスト、'08年最新ソロ作が遂に登場!
『M.D.K.』から『UDU WUDU』までMAGMA黄金期の音世界を継承した全12章の一大組曲、
気高いKobaïaコーラス、暴れまくるインスト・セクション、'Mekanik Machine''De Futura'
をも凌駕する静/動が交錯する荘厳かつ凶暴な音世界等々、その本領を発揮した完全復活作。
スポンサーサイト