放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
春の歌/BANCO '79
2009年03月03日 (火) | 編集 |
banco.jpg

素敵なジャケットですね!「春の扉」なんでしょうか?8thです!!
私は、彼らは『Darwin!』しか、持ってなかったんですよ!
それも、そんなに数聴いてなかったりします。3曲目、5曲目は、とても好き♪
イタリアものは「イル・パレット」とか「ピッキオ」に行っちゃって…。

早いもので、3月!!もう「春」ですね!
ということで、このアルバムを取り上げてみたいと思いますよ!(笑)

1. 循環
2. 春の歌
3. 自由を夢見る動物
4. 無
5. ひらめき
6. 都市の内部
7. 長い
8. チルコバンダ

第一印象は「とても聴きやすい」ということですね!!
かなり、コンパクトにまとめられている印象が強いです。
「すべての世界が、これから芽を出そうとしている」みたいな感じ?
軽快で、明るい。「春の歌」は、本当に、春の息吹。
眠っていたものが、目を覚まし、動き出す雰囲気がありますね。
私は、4曲目の『無』って曲が、とても好きです!!
良いメロディーライン持ってる曲で、胸キュンですね!!
5曲目『ひらめき』も、甲乙つけがたい、名曲だと思いますよ!
Voさんの声が、心の中に、熱く息づきます。ピアノも美しい!!
7曲目『長い』という曲は、スローで、なかなか味わいありますよ。
8曲目『チルコバンダ』は、7曲目と打って変って、躍動感溢れる
インストゥルメンタル!!カッコイイっすよ!!

その後、『Darwin!』聴いてみたけど、名盤と言われるだけあって
こっちのが、インパクトあるなぁ~アヴァンギャルド!こら!こらぁ~~!(笑)

きっと、彼らを好きな人は、初期派が多いんじゃないっすか?

彼らのついて、マニアックな事言われてもわかんないからね!(爆)

イタリアもので、歌ものって言うと、私の中では、Poohが最高峰に輝いてますよ~(笑)
それでも、アルバムは、数枚しか持って無くて…。。
イタリアって本当、面白いよね!!私の好きな分野だなぁ~!!
でもさ~長ったらしい名前が多いから、覚えられん!Poohは良いぞ!短くて!(爆)

詳しいサイト
スポンサーサイト