放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
日本人/ファーラウト'73
2009年04月17日 (金) | 編集 |
farout.jpg

ファーラウト唯一のアルバムは、瞑想音楽の原点
ジョー・山中、喜多嶋修をゲストに迎えた傑作。(帯)


『日本人』が、何で軍手か、わからないTommyです!(笑)
ファーラウトが残した唯一のアルバムです。
これ好きでね~長い間、愛聴盤になってます。

ファー・イースト・ファミリー・バンドの、前身グループ。
彼らに、ついては、こちらで書いております。

2曲入りだから、LPで言ったら、片面で、1曲って、構成なのかな。
ずーーーーーーーーーーーーっっと、聴いてても飽きない。
東洋の神秘って、ロックと融合すると、とてつもないエネルギー放出するね?
聴いてると、深い深い精神世界へと繋がってイクよ。

ライナーにも書いてあるけど「西欧のアーティストでは絶対に作りだすことのできない異界」
本当に、その通り。独特も独特。完全に違う世界だもん。
このライナーが書かれた当時、彼らは伝説のグループとして海外のレコード・コレクター
の間では、かなりの高価な値段で取引されてたらしい。マインド・ミュージックの原点か!

最後は、完全に“古典”入ってて、もうイキまくりです。たまらんです。
70年代のイタリアも、ヤヴァかったっすが、70年代、この日本も
もの凄いことになっておりましたね。
身近な所に、こんな、大名盤があった事を知っていて欲しいです。
ファー・イースト・ファミリー・バンドと、セットで、揃えたい音盤です!はい!(^O^)/

フラワー・トラヴェリン・バンドで失禁した人にもお薦めです!(爆)

俺の一生の愛聴盤!!

スポンサーサイト