放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
ア・ノン・オブ・ヴィオス・ライド/インディシプリン '96
2009年04月27日 (月) | 編集 |
indiscipline.jpg

ヴァイオリンをフィーチュアし、72~74年のキング・クリムゾンのイメージを色濃く残す
カナダの新星。へヴィネスと耽美なフレーズが同居するシンフォニック・サウンド。(帯)


バンド名見てもらえば、わかる通り、まんまです!(爆)

けど、若いメンバーって事で、かなり、音的には、Heavy Metal的かなぁと。
何しろ、ベースのバキバキ音だけで、気持ち良いです。けだるい心地よさあり。


カナダ出身のプログレ4人組のデビュー作で,メンバーは19~23歳という若さ。
バンド名からの想像通り,クリムゾンが彼らのアイドル。ヘヴィなギター・リフでたたみかける
あたり『レッド』の頃を思わせるが,それだけで終わらない柔軟性も感じさせる。
土日は、実家に行って来ました!!
母と久しぶりにデパートに行きました!!ビーフシチューと赤ワイン御馳走になった。
電話すると、体調不調を訴える母だけど、楽しくおしゃべりしてると、まったく
その気配がない。食べ物食べれないと言いながら食べてるしぃ!(爆)
お年寄りは、きっと、誰かとおしゃべりすることが、エネルギーなんだと思う。
だから、「同じ話を繰り返す」けど、我慢強く聞いてあげたいと思う!(笑)

駅まで、見送る母の背中は、若い時の半分になり、杖をつきながら歩く姿を
見えなくなるまで、見送る自分がいた…。

生きる事、老いる事は酷だけど、いつまでも、長い生きしてね、おかあさん…。
スポンサーサイト