放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
2008年10月28日 (火) | 編集 |
okanboku.jpg

少し前に観た映画の紹介です。
この頃「自分が癌ではないか?」と思っていたので、かーなりビビりました!(大汗)
癌との壮絶な戦い。それは、本人よりも、周りの人たちが大変なこと。
莫大なお金がかかること。そして、それは、普通に起こりえること。

リリー・フランキーが、自身の母親との半生を綴ったもの。実話ですよ。
事実は、小説より奇なり。訴える力が違いますね。

母親は、そこにいて当たり前。自分の身の回りのことしてくれて当たり前。
この当たり前に、みんな飼いならされていませんか?
それでも、遠くにある違うものが、良いんですよね、欲張りです人間!
こんなに身近に、こんなに愛してくれている人がいるのに…。


人間は、空気がないと生きていけません。空気に感謝しながら生きてますか?
地球から空気が無くなった時、人類は、初めて、その大切さに気づき
気づいた時には、もう手遅れなんですよね。なんでもそうです。

母親を東京に呼び寄せて、一緒に暮らす中でも、最初は新鮮だった生活が
だんだんと、なーなーになって、用事以外、言葉も交わさなくなります。
それでも、死期を感じた母親は、息子の為に、箱を残すんですよ。
「私が死んだら開けてくださいね」って。。。

癌も末期になり、抗がん治療の、想像を絶する苦しみ。
青島幸雄が生前言ってました。抗がん治療してる時、みんな自殺を考えるって。
それほど苦しいらしいです。手足を縛られ、飛び降り防止で窓がない言ってました。
苦しんで、のたうちまわる「オカン」に、「ごめんね!ごめんね!」を繰り返す息子。
人が苦しんでいる時、「ごめんね」とかしか、もう言えないんだろうなぁ…。。。

人生は楽しむためのもの。とか、最近まで、考えていましたが、この映画を見て
人生とは、何人の人に愛されたか?ではないかな?って、思いました。
自分を本当に愛してくれた人、家族、恋人、友人。そして「ありがとう」


まだ、ご覧になってない方がいたら、是非観て欲しい映画です。
きっと、この映画の中から、学ぶこと多いんじゃないのかな?



コメント
この記事へのコメント
原作を
満員電車の中で読みました。
人目はばからず、泣き崩れそうになりました。

映画はまだです。きききりん&オダギリジョーですか。

苦しんでいる人に、何もしてやれない無力感もまた苦しいです。

死を目の前にしたら、この世の一切は色あせてしまう。だから死を考えない人生観は全くもって無意味だと思います。

穏やかに死ぬか、苦しみながら死ぬかは、そのときになってみないと分かりません。要は、平生に「生まれてきてよかった」と生命に感謝できる身になることが大切なのではないでしょうか。
2008/10/28(火) 00:54:52 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
これ、映画見たい!!

きききりんがお母さんと言うだけでも、是非みたい。
2008/10/28(火) 02:22:05 | URL | おいみず #7qizzFss[ 編集]
わしも、おかんがいなくなって10年以上経ちましたが母の存在の有り難さが今更ながら凄く解るしおかんの手料理食べたくてももう食べれないし‥父も今病気と戦ってるので映画機会があれば見てみたいです
2008/10/28(火) 20:30:01 | URL | YUKI #-[ 編集]
ドラマ版は観たことありますよ。
倍賞美津子がとてもよかったです。

今度観てみますね。
2008/10/28(火) 22:19:34 | URL | ironware #SFo5/nok[ 編集]
是非原作も読んでください。
大の男が泣きました、涙ボロボロ流しながら。
2008/10/29(水) 02:20:35 | URL | 大神光 #-[ 編集]
■charlie432
原作、読まないといけないなぁ~。

たぶん、映画よりも、リアルだと思う。

チャーリーは、実際に、お母様を癌で亡くされて
いるので、色々な所で、リンクしちゃうでしょうね…。

TSUTAYAに、あるので、是非♪

「生まれてきてよかった」そう思いたいですね。人生。

■おいちゃん
これは、家族で見て欲しい映画ですね。

樹木希林の演技は、本当に凄いと思うし
若かりし頃の母親役は、実の娘、内田也哉子さんです。

■YUKI
本当だよね、、手料理食べたいよね…。
私も、昨日ふと父の事を思い出して「会いたくなった」…。
私を、とても愛してくれた父だった。。
お父様、良くなられると良いですね。映画ぜひ!

■ironware
私は、ドラマ版は、観てないんですよね。
倍賞美津子さんが、母親役ですか?
想像つかないな!猪木の奥さんというイメージが!(笑)

■大神光
原作、読んでみますね!
光ちゃん、映画は、観た?
いいよ!(笑)
2008/10/30(木) 09:02:54 | URL | tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
皆さん、こんにちは。  この本を読んだのは、昨年の6月頃でしたが、今でも読み終えたときの感動は、よく覚えています。2006年本屋大賞受賞...
2008/10/28(火) 00:57:28 | 徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。