放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Klossa Knapitatet/SAMLA MAMMAS MANNA '74
2009年01月16日 (金) | 編集 |
SAMLA MAMMAS MANNA
踊る鳥人間~資本主義をぶっ潰せ(3rd)

このジャケと、ネット検索で観る限り「どれだけ変態なんだ?」と期待膨らむ!(爆)
プレイヤーに入れとたん倒れた!凄い演奏能力!まったく変態じゃない…。(笑)
即興って言うのだろうか、何しろ凄いんだよ!プレー自体が!

赤塚不二夫的バカ・ハイテク・ジャズロックと、評するサイト有り!(笑)

…で、曲が進むと、ヨーデル登場!「ん?」「これもありか!」って程度。
自転車のチリンチリンが入ったり、だんだん、面白くなって来たぞ!(笑)
しかも、凄い事やってるのに、みんな楽しそうなのが印象的!

ユーモアな、センス抜群なんだけど、一旦スイッチが、ONになると、
そら、も~大変~勢いついたら止まらない汽車のようであります!(笑)

この、ユーモアと、テクニカル・ジャズ・ロックの落差が、たまらん魅力!
ガガガガ~~~~と、突っ走ったら、スコンみたいな!(笑)
この人達、その楽しさを分かってらっいゃいますね!スリルを♪

スウェーデンのアヴァンギャルド・ロック・グループ。
2002年には、来日もしたことあるみたい。
Lars Hollmer (key), Coste Apetrea (g), Lars Krantz (b) + 吉田達也 (ds)。
その時の模様なのかな?ドラムが、吉田先生にしか見えないんですけど!(爆)



尚、中心人物であるLars Hollmer氏は、亡くなってしまった模様。。。

詳しいサイト
詳しいサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
おー鳥人間!
変てこというか、何と言うか、縄跳びしてるようにも(笑)
サムラは好きですね~

tommyさんが、エイフェックスツインがお好きだとは思わなかったです(驚)
テクノっぽいのもイケルようになったんですか?
彼はテクノのほうでは、有名人で、
”テクノのモーツァルト”というアダ名もあるくらいの人です。
キダ・タロー先生みたいですけど(ナニワのモーツァルト 笑)
2009/01/16(金) 00:34:10 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
こういうのも聴くんですか、、、

サムラは何枚かしか聴いてないんですが、凄いですよ。
でも、つかみどこが無くて・・・
2009/01/16(金) 02:03:49 | URL | おいみず #7qizzFss[ 編集]
遅ればせながら、明けましておめでとうございました~。

サムラの「踊る鳥人間」、大好きです。
このビデオは、2003年の北米ツアーの時のじゃないかなぁ?
(元々のドラマーのHasse Bruniussonは復活作「Kaka」発表後に脱退し、その後吉田さんが入りました)

ギターのCoste Apetreaは最近新しいソロを出しましたが、なかなか良いですよ♪(サムラとは違うけど)
www.myspace.com/costeapetrea
2009/01/16(金) 09:14:48 | URL | やよい #a2H6GHBU[ 編集]
「と~り、鳥鳥鳥人間、と~りにんげ~ん!にんげ~ん!♪」
…という歌ではないですね。。

サムラ大好きです♪

Hollmer死去のニュースは大ショックで相当落ち込んでしまいましたが彼の音楽聴いてたら楽しくて笑ってました。ありがとうHollmer☆

彼らのテクニックというか演奏力は、やりたいことに制限をかけないための物って感じで、民俗音楽色もルーツ探求の学究の徒といった風情でなく”自分の内にあるものは何でもやっちゃえ!”的な楽しさがありますね♪

Zのサムラもヴォン・サムラもHollmerソロも趣は多少異なるものの楽しいですよ。

ではでは。
2009/01/16(金) 11:04:29 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
どの時代の彼等も好きだな。
個人的には「家庭のひび割れ」かな~~。
やっていることが尋常ではないのに、本当に楽しそうだよね。
時々挿入される北欧トラッドのメロがまた綺麗なんだよ。


2009/01/16(金) 14:07:12 | URL | 片桐真央 #-[ 編集]
■くっぞこ
縄跳びしてる、脇毛ボーボー!(爆)

くっぞこさんも、お好きでしたか!(^。^)丿

Aphex Twin、YouTubeで聴いたのは、良かったっす!
テクノってか、タンジェリン好きなので、それに近い?
たまに聴きたくなりますね♪

■おいちゃん
お友達に紹介してもらって聴いてみました!

おいちゃん、何枚か持ってるんだ!さすが!!

つかみどころがないかもしれないけど、楽しいね!(^.^)

■やよい
やよいさんの所、何回も書き込みしたんですよ。
「禁止キーワードがあるから」とか「×」出ちゃって…。
ブログアドレス抜いたら、投稿できました…なぜ?

おお!2003年の北米ツアーですか!
バックが海外っぽいなぁ~とは思ったんですよ!(大汗)

Coste Apetrea、聴いて来ました!
わぉ!かっこいい!こゆの好きです!!
がーーーー、欲しくなるの図。。。

■ののまる。
ののまる。師匠は、お好きかなと思いました!(笑)
大好きなんて嬉しいっす♪

私、記事書くにあたり、彼の死去のこと知りました…。
これだけ、才能ある人…残念過ぎます…。

Zのサムラもヴォン・サムラ…?

■片桐真央
片桐教授も、お好きですか!(笑)

「家庭のひび割れ」…意味深なタイトルですな!(爆)

尋常じゃねぇっすね~どこかのサイトに「玉川カルテット」
書いてありましたよ!(爆)
2009/01/17(土) 17:52:31 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
おー、すみません。
ブログアドレスを入れていたのは、本文の部分ですか?
私のところは、本文にhttp:が入るとハネるようにしちゃっているのですよ~。

えー、それはともあれ、凄いのは2枚組の「初老の新来者の為に/親しみ易いメロディの神秘」でしょうかねぇ…。

横レスですが、サムラはスペルがZamlaだった時期があります(発音は同じ)。Von Zamlaはサムラ解体後にやっていたバンドっすよ~。
2009/01/17(土) 21:15:12 | URL | やよい #a2H6GHBU[ 編集]
すごいというか
楽しそうですね(^o^)

鳥だしv-521
2009/01/17(土) 22:16:54 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
以前、私のブログにサムラの事書いた際、Tommyさまにコメントいただきました(笑)…


ちなみにヴォン・サムラには元ユニヴェル・ゼロの(…というにはあまりにたくさんのグループに参加してますが)管楽器奏者ミッシェル・ベルクマンが参加してたりして室内楽風味…
2009/01/17(土) 23:35:19 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
サムラ
凄いですねぇ、サムラでこんなにレスが付くんだぁ。
02年のサムラや01年のラーシュを含むSolaのライブを思い出します。
人懐こいメロディーにバカみたいにテクニカルなパートが同居していて。ユーモアがたっぷりで。
"Way Down a Rabbithole"なんて大好きですね。"Frameless Nights"も良いですね。
2009/01/18(日) 13:58:04 | URL | T-Max #-[ 編集]
鳥人間コンテストがまず頭に浮かびます~。
で、これはまだまだ楽しめるまで聴き込んではいないんですよ。

奇遇ですね、トラックバックいたしますっ。
2009/01/19(月) 01:19:09 | URL | chitlin #-[ 編集]
サムラはライヴ盤を含めて紙鮭リマスター全部買った。
でもライヴ盤以外は時間がなくて聴いていない。
しっかし、ワラカスのう。ライヴ盤は吉田センセがサポートで
入った時のやつなのだが、確か日本公演だったような気がする。
日本の歌を下手くそに歌っているのが激笑う。

ラーシュ・ホルメル氏が亡くなったか。ペッカ・ポーヨラ氏も亡くなったし。サムラとは関係ないが。
ハッセ・ブルニウソンを加えたサムラ再編ならず。ああ。

カーヴド・エアのライヴはなかなか安定した演奏だった。意外と安心して聴けた。
ソーニャ姉御の衣装とヴォーカルが凄かったね。最前列で見た甲斐があったよ♪
セットリストは初期4枚に新作「リボーン」の曲も一部演奏した。
ライヴ後に体調を崩したんで、会場で買ったリボーンはまだ聴いていない。
残業なしで帰りたいな…。
2009/01/19(月) 12:33:16 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
鳥人間楽しめましたか!
この作品しか聞いていませんが他の作品も聞きたいですね。
合掌
2009/01/19(月) 13:39:09 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
■やよい
本文じゃなく、ブログアドレス入れる場所です…。

「初老の新来者の為に/親しみ易いメロディの神秘」んん、凄いタイトル…。

おお!色々教えてくれてありがとうございます。
何しろ、何の知識もないので、レスが大変でございます!(大汗)

■charlie432
うん!本当に楽しそうだね♪

鳥だけど、少し下品だね!このアートワーク!(爆)

■ののまる。
何?って事で、ののさまのブログ検索しましたが
見つかりません…本当に、ごめんなさい…記憶力低下!(笑)
ユニヴェル・ゼロまで繋がってますか…彼らの人脈って凄いですね!

■T-Max
自分でも、「びつくり」です!(笑)
何しろ、何もわからないから。。。。
これ1枚初めて聴いたわけですから、レヴューするのが
半分怖かったっす!(大汗)

■chitlin
TBありがとうございます!!
こちらからも、おうかがいしますね!(^ε^)

鳥人間コンテストありましたね!(笑)

■ジェネスシ
そんなに好きかい?(^。^)丿
ライヴ盤は、凄そうだね!!
もともと、歌うまいとか、そゆ感じじゃないよね?
なんか、騒がしいみたいな!(爆)

亡くなったらしいっす…癌で… (ノ_・、)

カーヴド・エアのライヴはもソーニャ嬢が、ミニスカだったとか?
最後は、宝塚みたいな、羽根衣装?
最前列ですかぁ~~~~!それは、凄い!興奮度が違うね!
早く帰れるといいね!

■specific
楽しめました!!これいいっすね!
しかし、面白いバンドだ…。
2009/01/19(月) 17:52:34 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
33年も続いた読売テレビ制作の『鳥人間コンテスト』の休止の報せを受けて連想したのがSamla Mammas Mannaの『踊る鳥人間』(1974)です。当然ながら無...
2009/01/19(月) 01:18:48 | ぶっとばすぜハイウェイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。