放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そっくりモグラ/Matching Mole '72
2009年02月16日 (月) | 編集 |
matchingmole2.jpg

ののまる。師匠のサイトで、ロバート・ワイアットのジャケが紹介されてた。
あまりに可愛かったので、ジャケ買いをしようと思った。↓本人の手書きらしい。

Robert Wyatt

ソフト・マシーンは、1stと、2ndのカップリングを1枚持っているけど
そう何回も聴かなかった…。
はーて…困ったもんだ!視聴でもできれば良いのだけど…。

で、YouTubeで「ロバート・ワイアット」で、検索したら、「O Caroline」って
曲に、一目惚れ!!けど、彼のソロ作品には入ってない模様。
調べたら、Matching Moleの1stに入ってる!!そのまま発注!「そっくりモグラ」(笑)

「O Caroline」に、惹かれて購入したけど、なかなか良いじゃないの!!
ここには、デイヴ・シンクレアもいるんだね!!他のアーティストも、
カンタベリー・シーンでは名をはせた人たちばかりみたいだ。
しかし、このバンド、アルバム2枚を残して解散!約1年という短い期間のバンド。
その後彼は、地道に、ソロ活動を続けてるんだね。

matchingmole3.jpg

1曲目ほのぼのと流れていきます。彼の声は、本当に繊細で優しい。
心が休まるね。これ名曲だよね?
2曲目は、摩訶不思議なスキャットが心地よいね。声がこだまになって
そのまま3曲目に入ってる!(笑)ピアノと歌だけでシンプルに進む。
時折、「ハッ」と思わせるメロディー。この曲凄く好きだなぁ~!!
途中から曲調は変わるよ。…と思ったとたん、4曲目だ!(笑)
いきなりこう来たか!!アルバムの中では1番長丁場の曲だ!!
お洒落なジャズ・インプロ!!5曲目も浮遊感のあるスキャットからなんとなく、
キャラバン?(爆)6曲目、神秘的な幕開けだよ!変な世界に来たみたい!!
そして、先程のインプロの続きになるしぃ~~~~!
そのまま、7曲目突入!!1曲目のほのぼのは、何処へ?(笑)
中間、変だよ。何だろう?このヘンテコな世界は?
アヴァンギャルドか!そうだ!!そうだ!それだ!8曲目と繋がってる。
メロトロンと変な効果音…でも不思議と気持ち良いんだよね。幻想的である。



詳しいサイト
詳しいサイト

※ソフト・マシーンは薦めないでくれ!俺は、彼のソロへ進む!(爆)
『Shleep』は、もう発注しちゃったよ!(笑)


コメント
この記事へのコメント
ふわふわ素敵です。

「オーキャロライン」にはいつもジーンとしちゃいますね☆
彼の歌声は本当に強く儚い…心に染みます。

ビル・マコーミックの硬質なベースも好きです♪


ワイアットのDsも最高!
フレーズの立体感、リズムの躍動感…美しく先鋭で英国のドラマーでは一番好きだ。

転落事故が本当に残念です。


マッチング・モウル以降のソロも素敵です。

「ロックボトム」ではマイク・オールドフィールドがGtです♪

ではでは
2009/02/16(月) 06:15:15 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
どうせワイアットのソロに行くのであれば、最新作も聴いてくれ。
本当は全作オススメにしたいのだが、結構作品を出しているから
そういう訳にもいくまい。
坂本龍一は「世界で一番悲しい声」と言ってたそうだが、ジワリと
くる何かがあるよね。どの作品も。
マッチング・モールはそもそもソフト・マシーンと方向性が合わなくなり、
我が道を進むためにワイアットが結成したバンドなので、ソフト・
マシーン3枚目までとどうしても比べてしまう。困ったことに(爆)
ソフト・マシーンは薦めるなと言うが、ワイアットが好きなら
サードまでは聴くべし。ライヴ盤や4枚目以降は無視でかまわないから。
(本当は4枚目までの参加だが、4枚目はワイアットの影が薄い。
ヒュー・ホッパーが好きならオススメなんだけど)
あと、マッチング・モールはオリジナルが2枚、発掘ライヴ盤が
2枚出ていると思います。
でもオリジナル2枚目「そっくりモグラの毛語録」は政治色が強いので
(ジャケ見るとよくわかる)、個人的には好きではない。
ロバート・フリッププロデュースでホイホイ釣られても良いが、
その場合はクリムゾンの名前は忘れることだ。

蛇足ながら、デヴィッド・ギルモアのライヴDVDにワイアットが
ちょびっとだけゲスト参加で歌っているので、興味があればどうぞ。
亡くなったリチャード・ライトも参加しているぞ。
ようつべで拾えるかも知れないけど。
2009/02/16(月) 12:37:42 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
いいじゃん、ソフツの三枚目へ…
C面一曲のために聴くべし(笑)。
カンタベリーの名作♪
この人のソロも面白いけどね。
2009/02/16(月) 21:26:06 | URL | フレ #-[ 編集]
優しくて繊細な声ですね~。お酒の見飲みながら、おもわず聴き込んでしまいました・・・。
2009/02/16(月) 22:39:01 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
優しくて繊細な声ですね。お酒飲みながら、おもわず泣きそうになりました・・・。
2009/02/16(月) 22:39:52 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
素晴らしいジャケット!!
まるで「ニルスの不思議な旅」!(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=K1dmLxxgPNg


Robert Wyatt - O Caroline
フルート、ストリングスの音色が良いですねぇ(´∀`)
歌も(^o^)
2009/02/16(月) 23:06:21 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
ワイアットはね、俺の師匠である、山田くんの師匠なのだ。だから、俺の師匠でもある。
ワイアットに触れると、男のロマンを感じる。
ザッパ先生、メセニー先生、チック先生と並んで、ジャンルを超越した先生です。
2009/02/17(火) 00:41:01 | URL | ばねじい #CrS0LqOg[ 編集]
tommyさんも、ここにやってきましたか。
もう、これ大好きですね。

オリジナルアルバムを2枚出したところで、ロバート・ワイアットが怪我して、バンドは解散を余儀なくされたんですよね。

2009/02/17(火) 01:37:28 | URL | おいみず #7qizzFss[ 編集]
■ののまる。
素敵なアルバムの紹介ありがとうございます。
師匠が紹介しなければ、出会わなかったでしょう!

「オーキャロライン」ジーンとしますよね~☆

転落事故…本当に残念です。
これだけの、ドラマーだったから尚更。

おお!マイク様が参加されてるんですか!要チェックっすね!(^O^)/

■ジェネスシ
順番で、聴いていきたいと思いますよぉ♪
ジェネちゃんは、全部持ってるの?
どれが一番お気に入り?

はいはい!3rdも、そのうちチェックしてみますね☆

デヴィッド・ギルモアのライヴDVD気にはなってる…。
でも、まだ手に入れてない。なかなか観る時間が…(大汗)

■フレ
TBありがとうございます!!(^.^)

みなさん、3rdお薦めですね。いいみたいですね♪

■sherbet24
君、こゆの好きかもしれない!!
お酒飲みながらだと、確かに涙出そうだもんね。

彼は、事故で半身不随になり、もう、ドラムは叩けないの…(ToT)

■charlie432
本当だね! 「ニルスの不思議な旅」みたい!

なかなか、名曲だと思いますYO!

■ばねじい
お久しぶりです!
マニアックサイトでは、お名前見てますよ!(笑)

ばねじいの師匠ですかぁ~男のロマンですね♪

■おいちゃん
おいちゃんも、やってたんだね!
TBどうもありがとね!\(^o^)/

今度は、ソロにも挑戦するよ♪
おいちゃんも聴いてみるといいかも♪
2009/02/17(火) 19:23:07 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
こんにちは。
ロバート・ワイアットさんの声がいいですよね。
シュリープのジャケット絵も好きです。
でも、ソロは、あまり持ってないです(汗)
2009/02/17(火) 21:01:35 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
ワイアットのソロはとりあえず全部そろえた(つもり)。
どれがお気に入り?う~ん…甲乙つけがたいな。
どれか一つに絞れと言うのはヲレ的には酷。
だって、ワイアット世界はワイアット世界でしかないだろう?
2009/02/18(水) 18:51:26 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
■くっぞこ
くっぞこさんも、ワイアット好きでしたか!
なんか、嬉しいなぁ~~~~!

ソロも、たくさんあるみたいっすからね。

■ジェネスシ
ひぇ~何枚くらいあるんですかね?(@_@;)

「Shleep」ついに来た!\(^o^)/
2009/02/19(木) 19:15:58 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 カンタベリー独特のポップ感覚のルーツを探るのは大変難しいんだけど、紛れもなくそんなポップセンスが溢れており、聞いていると実にホ...
2009/02/16(月) 21:22:05 | ロック好きの行き着く先は…
なんだか大混乱のアルバム「4th」を最後にSoft Machineを脱退したロバート・ワイアットは、「The End Of An Year」というソロアルバムを経て、Matching Moleを結成します。 メンバーは、ロバート・ワイアット、デイブ・シンクレア、フィル・ミラー、ビル・マコーミック?...
2009/02/17(火) 01:35:30 | おいみず亭
Matching Moleの2ndアルバムLittle Red Recordは、ロバート・フリップのプロデュース。 キーボードはデイブ・シンクレアに変わって、1stではゲスト扱いのデイブ・マクリー。 そしてブライアン・イーノ。 このアルバムが、フリップ&イーノの初めての顔合わせだそうです。 ..
2009/02/18(水) 02:02:34 | おいみず亭
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。