放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツァラトゥストラ組曲/ムゼオ・ローゼンバッハ '73
2009年03月05日 (木) | 編集 |
museo_20090304182732.jpg
イタリアものに、手を出したのは、本作が最初だったと記憶している。
きっと、誰かに薦められたんだろうね!!変わったジャケットだ!(笑)

「イタリアン・ヘヴィ・シンフォニック・ロックの真髄」と言われてるのかな?
唯一作と言われてたけど、2000年に復活してますよね。。その時の記事。

人間の耳とは不思議なもので、その記事を書いた時は、『EXIT』に
軍配は上がっていたのだが、こうして、再び聴いてみて、本作の
名盤たる言われを改めて思い知らされたという具合です!(笑)

あちゃ~~~~!って感じ!(爆)

変わってると言えば、裏ジャケもヘンテコ!!(笑)
手で、握りつぶしてるの、人間だからね!
museo2.jpg

彼らの事を、まったく知らない俺が言うのも、変な話だが、イタリア行くなら行っとけ!(爆)
最近、i-podでは、こればかり、ローテーションしてます。飽きません。。。
5曲の組曲と、あと、「女について」「自然」「永遠の回帰」から、成ります。

ニーチェの哲学叙事詩が、元になってるらしい。

何しろボーカルが暑苦しいのだが、楽曲の起伏、静と動のマッチングが
素晴らしく、聴いてるものを、グイグイと、その世界へ落し入れるのです。
ハードかつ、美しい旋律を持ったアルバムだと思うよ。
昔、日本には、原盤が数枚しかなく数万円のプレミアがついてたと言う…。

てか、イタリアもので、初めて手を出したのが、これだったことって
なんか凄くないっすか??プログレの入口は、マンダラ・バンドだしぃ!(爆)


詳しいサイト

コメント
この記事へのコメント
むぜお
最近イタロづいてますね

70年代イタリアンヘヴィシンフォだと、YSとコレだな個人的に。シュールなジャケットも何となく時代性を感じますな~

便乗でどなたか知っていたら...

80年代末にシルエレでアウターリミッツのメンバーとかがPFMやイルバレの曲をカバーしたライブをやって、数年後にその音源を聴かせてもらった記憶があります。あの音源ってWD辺りの購入特典だったのでしょうかね?
2009/03/05(木) 18:30:53 | URL | Kamrah #-[ 編集]
ムネオ…じゃなくて、ムゼオ・ローゼンバッハか。
確かこれも持っていて聴きそびれたはず。
確か先日のバンコ(といくつかのイタリアンロック)の紙鮭と一緒に
購入したと思うのだが、買った当時仕事が激忙しくて放置しているうちに
忘れてしもうたかも。
そういや、アクア・フラジーレやトリップの3作目も聴きそびれているな。
あと、プーも結構溜まっている。パラスポルトくらいしかまだ聴いていない(ヲイヲイ)。
でも、まずは溜まった仕事から処理しないと(血涙)
2009/03/05(木) 19:11:41 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
ヘヴィでかっこいいですね…でもあんまりハマらなかったのでかなり昔に10回くらい聴いただけなので今聴いたら良いかも…。


イタリアンで最初に聴いたのは姉に聴かされたマクソフォーネだったかも…


>Kamrahさま

どもども。

多分それはキングのヨーロピアンロックコレクションの5:1特典だと思います。
姉が持ってました。

ではでは。
2009/03/05(木) 19:38:45 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/05(木) 23:34:50 | | #[ 編集]
こんにちは。
好きですよ~
イタリア版ヴァニラ・ファッジというか、
「太陽にほえろ!」にヴォーカルを乗せたような…(笑)
何か、これ聴いてると、「太陽にほえろ!」のテーマ曲を思い出すんですよね~
2009/03/06(金) 07:54:58 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
ムゼオでイタリあっ~ん初体験、入口はマンだ~ら・バンド
すっ、凄いっす!Tommyさん
最近は主に日本盤紙ジャケで聴いてます。「女について」のイントロのメロトロンが原盤より数十秒短いぞ~っと
キングレコードの日本盤LPが出たときイタロ好きは狂喜乱舞しましたよ。それから四半世紀以上経ちますが、まったく飽きません。聴けば聴くほど良いですな。
2009/03/06(金) 16:03:48 | URL | nicohoi #LkZag.iM[ 編集]
トンクス
>ののまる。さま

ありがとうございます。あ~そうか、当時の定番はキングのヨーロピアンロックコレクションでしたもんね。

あのライブ、知り合いが観るんでシルエレ入り口まで同行したのですが、当時は今ひとつ興味なかったので私は入らなかったのです。
2009/03/06(金) 17:25:59 | URL | Kamrah #-[ 編集]
ステレオ壊れちゃったんですか~。音楽命のTommyさんにはあまりにもむごい仕打ちですね・・・・。
2009/03/06(金) 22:08:15 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
CDを購入してから未だに封を切っていませんね~
もう20年以上なるかな?(爆死!)
2009/03/06(金) 23:35:29 | URL | Roku #fKZHncy6[ 編集]
これもイタリアの名作ですね。
70年代のイタリアはほんとすごいのが多いと言うか。
暑苦しいまでの情熱的なボーカルがとってもイタリア的でオダは好きです(笑。
2009/03/07(土) 00:59:59 | URL | オダ #gJtHMeAM[ 編集]
ツァラトゥストラといえば、
リヒャルト・シュトラウス(ヨハン・シュトラウスとは無関係)ですゎ(汗)

2001年宇宙の旅でも使われたし、昨年のドリームシアターのライヴでも聴けました。

イタリア、魅力的な国ですねぃ!


裏ジャケみて、ひらめきました。後日、アルバムジャケット展覧会で使わせていただきます。
2009/03/07(土) 13:21:42 | URL | charlie432@外 #LbYl9WXI[ 編集]
プログレ初めて聞いたのは
ELPのレコードレンタル
イタリアンロックはPFMセカンドです。
ジャケ買いです。

ムゼオ、声といい、ドラムもりあげ方が凄過ぎですね。
音の雰囲気も最高、キーボードかっこいい
いやいやっ~名盤ですね。
すぐ売れちゃうのか、あんまりお店で見かけません。
PFMやバンコより濃くて凄いかも
もっと作品を発表しても良さそうなバンドですね。
よく分からないのこのバンド、関連作とかも

マンダラバンドは初めて名前を聞きました。
ムゼオ今日の治療室のBGMにします。
2009/03/07(土) 14:41:51 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
■Kamrah
イタロづいてます!調子こいてます!(笑)

YSも凄いよね!あっちの方がインパクト大だった。

■ジェネスシ
ムネオに座布団1枚!(^O^)/

ジェネちゃんも、私と一緒で聴き終らないCDがあるのに
次を買っちゃう人だよね!私より、量多いけど!(笑)

仕事が忙しいから無理ないけど、プー聴いてね♪

■ののまる。
私も、ハマる程ではなかったよ、最初はね。
でも、今聴いたら良かった!!(^。^)丿

マクソフォーネも、良いですね。
なかなか記事にできなくて…。
素晴らしい音楽でも、文章に「しやすい」「しにくい」の
2種類が存在するんですよね…私の場合…。

■くっぞこ
ヴァニラ・ファッジと来るとは思わなかったなぁ~(笑)

「太陽にほえろ!」ですかぁ~?
どの辺が、そう聴こえるのだろうか?疑問だ!(爆)

■nicohoi
お久しぶりですぅ~~~~!\(^o^)/

マンダラ・バンドは、素晴らしい!!
でも、なかなか知ってる人いないっすよね!!

原盤!!!絶句…。

そーそー。不思議と飽きないのよね!!

■sherbet24
買ったよ!!買った!!
なんか、とても嬉しい!!(^.^)

■Roku
20年開封してないCDは、さすがに持ってないな…。(笑)

物持ち良すぎ!!←そゆ問題か?

■オダ
70年代のイタリア、すべて聴いたわけじゃないけど
ハズレないような気がするのよね…。

イタリアの発音ってのも関係かるのかな?>暑苦しい。

■charlie432@外出し
なんか、詳しいね…(笑)

何をひらめいたのかな?
使ったら、教えてね!♪

■specific
ELPですか!!
厳密に言うと、高校生の頃、弟に、クリムゾンの宮殿を
聴かされました!!(笑)

PFMも、1枚だけ持ってるけど、のめり込めないのよね…(大汗)

ムゼオは、かなりへヴィだよね!ドラムも凄い!
私は、あと1枚しか持ってないけど、オフィシャルには
メンバーさんのソロらしきCDも出てますね。

マンダラ・バンドは、ここで何回か、取り上げてますよ!(笑)
それは、それは美しい音楽です。
http://tommy666.blog20.fc2.com/blog-entry-469.html
2009/03/08(日) 11:39:44 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
こんにちは。
太陽にほえろの↓「アクション」とか、
http://www.youtube.com/watch?v=uKaMOh-z-0E&feature=related
↓「衝撃のテーマ」とか。
http://www.youtube.com/watch?v=3pZ-9avcy84&feature=related
何かそんな感じがするんですよね~
あくまでも、私が思い込んでるだけですから、
気にしないで下さい(笑)
2009/03/09(月) 22:28:24 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
太陽にほえろ!!
こーやって聴くと、プログレですね!(爆)

くっぞこさんは、なかなか鋭い観察力お持ちですよね。
いつも「感性」が、おもしろいなぁ~と思ってます!v-22
2009/03/11(水) 17:34:43 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
テープで持ってる…。その時、某倉庫でバイトしていたのだけれど、OPUS AVANTRAとかもススメてくれた、ちょっとイっている運ちゃんにこれも含め、大量にCDを借りたというか、貸してくれた…。
2009/03/14(土) 12:02:23 | URL | 藤井 #KD5XUSzs[ 編集]
その運ちゃん!マニアックだぁ~!!

私がバイトしてた時は、音楽に詳しい人いなくて
寂しかった。
2009/03/15(日) 11:24:26 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
このアルバムも80年代後半に国内盤が出る前は、輸入盤の中古で数万円のプレミアがついていたように思います。イタリア・プログレのもう一つの面が聴かれます。聴いた感想は、スゴイの一言。その迫力満点。ジャケットがそのすごさを語っている。
2009/08/16(日) 22:26:57 | URL | マリオ #-[ 編集]
凄いヘンテコなジャケだよね?

これはじめに聴いちゃったから、後から聴くものが…。

イル・パレットの方が強烈だったな…。
2009/08/19(水) 18:27:36 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ハード&インテリジェンス且つドラマティックな美しさを持つ世界となるとやはりイタリアが一番と言うことになる。70年代のイタリアンロッ...
2009/03/07(土) 12:38:33 | ロック好きの行き着く先は…
虐待出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』虐待(ぎゃくたい)とは、自分の保護下にある者(ヒト、動物等)に対し、長期間にわた...
2009/03/23(月) 00:09:07 | 徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。