放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チューダー・ロッジ '71
2009年03月27日 (金) | 編集 |
tudorlodge.jpg

随分前に買ったんだよね。
俺は、フォークと言ったら、よしだたくろう、井上陽水、かぐや姫etc…。
外国のフォークは、どうもピンと来なくて、数える程しか、CD持ってません。
フォーク、トラッド系は、CD屋さんに行っても、足も運ばない!(爆)

人に薦められて購入したんだよ。
ジャケットは、満点だね!!6面見開き仕様で、とても変わっている。
けど、中身は、普通の外国のフォークでさぁ~~~~!(爆)

ま、人それぞれ好みがあるだろうけど、俺、おかしいかね?
メロウ・キャンドルは、んでも、好きなんだよね!(笑)

かなり、レア・アイテムとか、コレクターズ・アイテムとか言われてるけど
俺には、普通の外国のフォーク…。男女Voを、とってますよ。天下のVERTIGO!!

スパイロ・ジャイラ、メロウ・キャンドルとともに、3大ブリティッシュ・ブログレッシヴ・
フォーク・グループとして評されるチューダー・ロッジの幻の1枚。
英国の田園風景を思い浮かべるような牧歌的かつ叙情的なサウンドに溢れた作品。(帯)




コメント
この記事へのコメント
これ1作で一旦消えたんだけど、21世紀に入って復活。
そして再結成(と言っても元メンバーのギターと、新加入の女性ヴォーカリストのデュオ)して
アルバムを出したね。
というわけで、確か2枚アルバムがあるはず。ヲレは両方持っている。
ヲレもどちらかというとメロキャンの方が好きなのだが、またーりする
分には充分な作品だね。
ちなみに現メンバーのギタリストは、現在の本業が銀行だったか
大企業だったかの幹部で、チューダーロッジと2足のわらじを
はいているらしい。ケンソーの清水さんみたいだ。
2009/03/27(金) 12:41:33 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
復活したらしいね!知らなかった!!
でも、内容は、変わらないらしいね?

メロキャンのが、プログレしてる気がする…。

ケンソーの清水さん!(笑)
2009/03/28(土) 10:59:25 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
初めまして。
チューダー・ロッジのブリティッシュの気品を感じさせる
グループですね。
二足のわらじはユーロ圏では、アイヴォリー(ドイツ)の
リーダーが大学教授だっちょうに記憶しています。
2009/03/29(日) 18:46:25 | URL | ラフィーネパパ #-[ 編集]
スパイロジャイラ・メロキャンもこれも守備範囲外だな~
ジャケ凄そうね
2009/03/29(日) 22:22:55 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
大好物です!
国内盤CDの紙ジャケットも凄いですね~。

少し傾向は違えど、やっぱりMellow Candleと同格だと思うんですけどねっ。
2009/03/30(月) 01:38:27 | URL | chitlin #-[ 編集]
■ラフィーネパパ
はじめまして!(^O^)/

確かに、気品ある1枚かもしれませんね。
んん…アイヴォリーですか…知りません。ごめんなさい。(大汗)

■specific
メロキャン、聴くべし!!
このジャケも強力ですよ!

■chitlin
おお!大好物ですか!
僕は、「トリル」!(爆)

Mellow Candleは、大好物です♪
2009/03/30(月) 17:59:32 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
こんにちは。
この1stは、紙ジャケCDを持ってますが、開けづらいです(爆)
再結成してからも、何枚か出してますね。
外国のフォークも聴かれるんですか?

桜は、関東の方ではまだなんですね。
福岡では、ようやく咲きそろってきた感じです。
開花(満開)宣言はかなり早かったんですけど、
3月後半から寒くなったので、
咲くのが(散るのが)遅れているみたいです。
2009/04/03(金) 07:43:00 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
確かに、入れたり出したが不便ですね!(笑)

外国のフォークは、苦手っす!(大汗)

今日、職場の近くの隅田公園行ったら
ほぼ、満開でしたよ!昨年より遅いね。

桜の下を、人力車が走ってましたよ!
2009/04/06(月) 17:46:49 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 英国音楽探求の旅に出ると最初の方で出逢うこととなる名盤というものがいくつかある。もちろん入る人それぞれに道は異なるのだろうが、多...
2009/03/27(金) 21:57:52 | ロック好きの行き着く先は…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。