放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Vericuetos/GUALBERTO '76
2009年05月01日 (金) | 編集 |
GUALBERTO.jpg

1.冬の陽光
2.対話 (続編)
3.いたずら蝿が動きだす!
4.ロタの夜
5.翌朝

どうです?素敵なジャケットと思いませんか?
ののまる。師匠の、レヴューを見て、一発で気になりました!(笑)

スペインのプログレは、ほとんど聴いた事がないので、興味深々です。

グアルベルト・ガルシア・ペレスという方の、セカンド・ソロアルバムであるらしい。
1stは、Voも入り、サイケデリック・プログレを、やっていたらしいけど
本作は、全曲インストゥルメンタルで、サイケな部分は、無いですね。

詳しいサイトによると、インド楽器のシタールをフラメンコに取り入れ、音楽史を変えた。
と書かれています。でも、全体を通して聴いてみると、フラメンコの匂いは薄いですね。
この、ジャケ写のような、どこか、ほのぼのした雰囲気が、全体を包み込んでいます。

時に、ジャズっぽい展開や、スリリングな展開などもあります。
シタールが使われているのは、1曲目のみ。かなり、エキゾチックなナンバーです。
全編を通して、ヴァイオリンが大活躍してますね。とても面白いです!!

そして、なんと言っても、ギターが、素晴らしいんですよね!!
ただ、30分で、5曲。アッという間に、終わっちゃうのが、たまに傷です!(笑)
シタール好きには、もっと、シタール使用して欲しかった!(笑)
グアルベルト自身による、アートワークは、点数高いっす!!

オフィシャル
詳しいサイト

コメント
この記事へのコメント
スペイン一枚も無いな
未来のお金持ちには届かんなぁ
2009/05/01(金) 13:45:05 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
スペインという但し書きが必要無い素晴らしい音楽ですよね。

緻密なチェンバー風味アンサンブルから取っ付きにくく感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、次々飛び出すメロディーがどれも美しく情感的で胸にクる。

ジャケットアート通りの音楽♪


それにしても…オフィシャルサイトとか有ったんですね…(詳しい事調べようともしなかった。。。)
2009/05/01(金) 21:12:21 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
■specific
未来のお金持ち!(笑)

たぶん、イタリアンが好きな人には、ツボかもしれないわ♪

■ののまる。
貴重なバンドのご紹介ありがとうございます!(^O^)/

聴けば、「おおっーーー」って、なりますもんね!(笑)

これは、まさしく「サーカス」ですね!!

オフィシャル見ると、たくさん作品出されているんですね!!
2009/05/03(日) 17:13:11 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。