放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


REIGN OF TERROR/WILD DOGS '87
2009年08月06日 (木) | 編集 |
wilddogs2.jpg

最近、何を聴いているかと言うと、このアルバムです。
知人に教えていただいたので、バンドのこと、アルバムのこと一切わかりません。

ただ、聴いた瞬間に何かが来ました!!(笑)

気に入ると、そればっか聴いてる性格!!
美しい音色のハープとか、バイオリンとかも癒されるけど
今、私は、何でか、この音に癒されている日々を過ごしております。
真夏に聴いても暑苦しくない貴重な1枚であります!(爆)

手数の多いドラムは大好きで、ここのドラムが、凄まじいのよ!!
ディーン・カストロノヴォ。名前だけは聞いた事あるけど、
様々なバンドに参加し、今、ジャーニーにいるみたいなんだよね!!

アルバムジャケットみると、とっつきにくい感じ受けるけど
いやいや!中身は素晴らしいっすね。楽曲もキャッチーだし、かっこいいし!!
ギターも良いし、Voは、なんとなく、サミー・ヘイガーを彷彿とさせますね。

聴いてて、気持ち良くなるアルバムです!!
変な錠剤よりも、来るかもしれないよ!!ムフフフフ!!

しかし、今でもやってるみたいなんだよね!!メンバー変わっちゃったみたいだけど。

Myspece

USメタルの名盤中の名盤です。

80年代のUS正統パワー・メタルの礎を作ったWILD DOGS。
ギタリスト発掘人マイク・ヴァーニーが彼のレーベルShrapnel第一弾として世に送り込んだ
USシーン屈指の実力とパワーを兼ね備えたバンド。後にDR.MASTERMIND等を結成する
マット・マッコート<Vo>が脱退したものの実力派マイケル・ファーロンを後任に迎え入れた
’87年発表3rdアルバム。ファーロンの強力な<Vo>と技巧的なジェフ・マークの<G>、
後にOZZY OSBOURNEにも参加するディーン・カストロノヴォのテクニカルな<Ds>に
裏打ちされた怒涛の様なパワー・メタルを展開する名盤中の名盤。パワー・メタル/
正統メタル・ファンは避けて通れない重要作品!
ボーナス・トラックに未発表音源7曲収録。



コメント
この記事へのコメント
ワイルドドッグス渋すぎる。忘れかけていた。ヴォーカルの名前がTommyさん気に入ったのかな?そういえば、このアルバムのタイトルと、同じバンドが有りましたよね。
2009/08/06(木) 22:45:55 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
こういうの好きです。
いかにも「80年代!」って感じですね。
今聴くと、ちょっとB級ぽい音質がたまらなく良いです!

暑苦しくないというか、暑さを忘れる熱さ?
2009/08/06(木) 23:42:06 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
暴虐の暁には.....
tommyさん最近お疲れのようですが
こんな激しいの聞けるんですね~

武術家 甲野 善紀さんがカルメンマキOZのサードアルバムの空へ
でマキさんのシャウトの声を聞くと身体が割れる感じがする。と表していましたが、
割れるという感覚も面白いでしょ。自分の聞いた音楽の中で
この割れるという感覚があるのが、実はワイルドドックスのこのアルバム。
ただCDにしたら割れる感覚の音が半減している様で、中古LPを探そうかな
とすら思っています。tommyさんに聞かせたくてずっと探していたこのアルバム探していて
最近再発されて無事購入出来ました。
身体全体が割れる様に感じるアルバムですね。
通常はプロデューサーが介入して、メンバーを入れ替たりバンドの音を弄ったりすると
どんなに良くても、バンドの音が精彩を欠いたりするものです。
どうやらリーダーのヴォーカリストを追い出して、ファーロングをいれたみたいですね
しかしながら、ディーンのドラムスがこのアルバムで開花したとライナーに
書いてあるとおり、このアルバムは摩訶不思議な魅力をもった
アルバムです。

奇跡的な名盤中の名盤だと思います。
おいらのお勧めです。

実はマイケルファーロンは好きなボーカリストで彼のLP
ソロアルバム所有しています。
当時はポップなロックを演奏していたファーロンが
パワーメタルの楽曲を歌いこなしている事に、
強い衝撃を感じました。


2009/08/08(土) 16:17:05 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
■三羽烏
渋いですか!(笑)
ヴォーカルの名前は、前任のが良い名前ですね!(笑)
REIGN OF TERRORというバンドもいるんですか?
さすが、詳しいですね!!

■charlie432
聴いてくれてありがとう!!
聴いてて気持ち良くなるんですよ!!

■specific
いや~そんなに激しくないですよ!(笑)

「身体が割れる」ですか?
私は、そ~ゆ~のとは違うかな?
「空へ」が割れると言うのは、わかる気がする…。

ディーンのドラムス、滅茶苦茶かっこいい!!
このアルバムの「核」と言っても過言でないかも。

ソロもお持ちなんですね!!
路線が違うのも面白いかもしれませんね。
2009/08/11(火) 09:57:39 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
ハワイのハードロック バンド マイケルファーロング.ボクサーですな
マイナー過ぎて検索に引っかからないでしょう(爆)
まぁ、更にサミ平にそっくりですよ。
ファーロングのその後の活動はみんなわかんないみたい
いきなりメジャーなバンドにスカウトされて歌い出したら面白いのに。

ワイルドドックス 聞いてて微笑ましくもありますね。
この次のアルバムはそんなに良く思わなかったでした。
これがサードだから前の2枚のアルバムは作風が違うみたい。


10曲目からのボートラはオリジナルボーカリストのマット・マコートみたいです
ライナーによるとファーロングの声といいプロダクションで制作されたら
さらなる名盤が産まれていたかも と書いてあります。

2009/08/14(金) 22:58:25 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
ボクサー?

どこかで、細々とやってるかもしれないですよ?(笑)

私は、聴き比べはできないけど、このアルバムはいいね。

10曲目からVo違うの?
気がつかなかった!(大汗)
2009/08/16(日) 12:28:16 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。