放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファースト&タブロー・アン/ジャン・ピエール・アラルサン'78.79
2009年08月27日 (木) | 編集 |
jpa.jpg

1. タブロー・アン第一楽章
2. タブロー・アン第二楽章
3. タブロー・アン第三楽章
4. サンババ
5. サルート・ベッソン
6. モン・アムール,モン・アムール...!?
7. 国道20号線
8. 夕暮れ時
9. 老いた青年

サンドローズが、大好きで、前に記事書いたことあります。
そのバンドに在籍していたギタリストさんのソロアルバムですね。
内容は、サンドローズとは、まったく違います。かなり繊細です。
耳を傾けていないと、音を拾う事もできないくらい。
大きな起伏は期待できませんが、小さな起伏の繰り返しがあります。
静かな場面は、とことん静かで、ギターの音すらわかりません。
しかし、山場を迎えると、ギターさんが活躍します。
ずーっと、弾きっぱなしされるより、ある意味キマス!!(笑)

ギタリストが、ギターを、ピロビロ弾いてるソロとは、違います。
だから、ギターの音だけを、聴きたいと言う人向きではありません。
ある意味環境音楽みたいな部分もあったりして不思議なアルバムです。
なんつーのかな…映画音楽的部分とでも言うのだろうか?

私は、いつまで聴いていても飽きない1枚であります。
SANDROSEをはじめ70年代初期フランスの隠れた名ギタリスト Jean Pierre Alarcenの
代表作となる'78/'79年作の二枚がカップリングで再発!雄大でスケールの大きな
「TABLEAU N1」、小品を纏めながらメロディアスな楽曲が光る「Jean ?」ともに
フレンチ・プログレッシヴ・ロックを代表する名作です!

サンドローズのギタリストが残した2枚のソロ・アルバムを2イン1でCD化。
さわると壊れてしまいそうなくらい、繊細で緻密なシンフォニック・ワールド
ファン必聴のマスト・アイテム!!

70年代フレンチ・プログレの伝説バンド、サンドローズのギタリストが残したソロ・アルバム2枚を
カップリングして復刻。繊細で緻密なシンフォニック・サウンドはボサ・ノヴァにも通じる感覚。

コメント
この記事へのコメント
このギターの人それと在籍していたサンドローズというバンド、フランスを代表するバンド、ミュージシャンとして昔(かなり)名前だけはきいたことがありますが、サウンドは結局聴かずじまい。私の今度入手予定リストにいれます。tommyさんのレビューでこんな音かなと想像してみますが、う~~~ん、実際のサウンドは・・・今から楽しみにします。
2009/08/27(木) 21:30:23 | URL | マリオ #-[ 編集]
サンドローズは好きなんで同路線なら気になりますねぇ。
2009/08/27(木) 23:26:00 | URL | 春日部の尊師 #WGv/JGO2[ 編集]
この中では「国道20号線」の不思議な浮遊感みたいな感じが好きだなぁww。
ある意味で(謎)、いかにもフランスだよね。。。
2009/08/27(木) 23:48:05 | URL | 片桐真央 #-[ 編集]
細やかな
小さな起伏の繰り返し…

なる程!
細やかな表現力のあるアーティストは良いですね。
2009/08/28(金) 01:52:55 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
おひさしぶり。退職後の次の戦略が決まって落ち着いてきたので来たよん。

ジャン・ピエール・アラルサンは、この他に「タブロウ2」という、タブロー・アンの
続編アルバムを90年代に作っている。
内容は…まあ、タブロー・アンが好きならば余裕でしょう。
ただし、「タブロウ2」はCDの収録時間をめいっぱい使っているので
タブロー・アンのように一気に聴けるかどうかは疑問。
しかし、どうせならば、タブロウ2もリマスターで再発すべきだとは思うがどうだろう?
アンソニー・フィリップスだって、ファーストから最新作まで一気に紙鮭再発してるんだし。

後、フレンチの隠れ名ギタリストとして、ジャン・パスカル・ボフォも
挙げておく。
私はファーストアルバム(邦題「小人の戯れ」)を持っているが、
アラルサンとは路線が違うながらもオススメ。
サンドローズとも関係ないし(爆)
アンソニー・フィリップスの初期の作品が好きならば、迷わず買い。
…入手できるかどうかは、保証できないけど。
ちなみに、あのMUSEAレーベルが最初にリリースした作品でもある。
(間違っていないと思いますが、そうでなかったらゴメンナサイ)

なお、新しい連絡先を後で教えるので、待つがよい。
2009/08/28(金) 12:23:49 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
ジェネスシさん、私もアンソニーの初期アルバム数枚もっており、あのゆったりとした雰囲気が何ともいえませんね。
ののまるさんのコメントにもあるように、小さな起伏の繰り返し…、早急に入手して体験します。

2009/08/28(金) 22:17:27 | URL | マリオ #-[ 編集]
さわると壊れそうなほど繊細
っていうのが良さそうですね!

環境音楽的なのは好きです( ^_^)/

小さな起伏の繰り返しですか。
はまったら、とことんはまりそうです。
2009/08/30(日) 13:00:13 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
>マリオさん
はじめまして。アンソニー好きですか。
アラルサンはアンソニーとは路線違うので、念のため。
どちらかと言うと、通好みのアルバムですね。
サンドローズとも違うので、釣られた人は注意してください。
2009/08/30(日) 18:02:55 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
■マリオ
このバンドを紹介しておきながら、あれなんですけど
まず「サンドローズ」を聴いてみてください。
このアルバムとは、まったく違うとだけ申し上げておきます。

ジェネスシさんが言ってる通り、このアルバムは「マニア向け」
かもしれないな…。

■春日部の尊師
残念ながら、同路線じゃんいんだよね~

■片桐真央
おお!さかず 真央!!こんなのまで知ってるなんて…。
「夕暮れ時」なんか結構好きなんです。
なんか、不思議なアルバムです。本当に。

■ののまる。
細やかですね。
ギターは、凄腕なんでしょうけど、それを
全面に出してないのが、お洒落というか…。

■ジェネスシ
お久しぶり!生きてて良かったわ!(^O^)/
落ち着いて良かったわ!!新たな一歩のはじまりね!

「タブロウ2」の、存在も調べて知ってる。けど聴いたことない。
私は「サンドローズ命」だから、こっちの再発は、どうでもいいわ!(爆)

ジャン・パスカル・ボフォ?はじめて聞きました。

■charlie432
繊細で壊れそうなの。
環境音楽とも違う気がするけど、
どう言葉で表現したらいいかわからないわね…。

どっちかと言ったら、クラッシックに近いのかな…。
2009/08/31(月) 08:20:53 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。