放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Prologue/RENAISSANCE '72
2009年09月04日 (金) | 編集 |
Prologue.jpg

天使の歌声アニー・ハズラムを擁した新生ルネッサンスのリリカルな美しさに
満ちた名盤。香り立つような抒情性が心に響くクラシカルなサウンド絵巻が圧巻!


夏は杏里だぁ~なんて言ってたら、めっきり涼しくなりました!

ルネッサンスは、大好きなバンドですが、オリジナルが好きなTommyです。
それでも、新生ルネッサンスの「燃ゆる灰」「タロットカード」は、良く聴きましたね。

このアルバムは、結構あとから買ったんだけど、あまり聴く機会なかった。
んで、引っ張り出して聴いたら、最後の曲で、撃沈したよ!(笑)

他の曲は、いかにも、ルネッサンスしてるんだけど、この最後の6曲目は違う。
とても、東洋チックというか、エキゾチックというか、インド的とでも言うか…。
『Rajah Khan 』って曲なんだけど、アニーのスキャットも聴きどころ満載!!
10分以上ある大作なんだけど、一機に聴けちゃう。怪しい…。
けど、やっぱ、ルネッサンス色を失っていないという。
元カーヴド・エアのフランシス・モンクマンがシンセサイザーで参加。

他の曲も、ピアノが素晴らしいし、アニーの声もさすがって感じだけど
最後のこの曲は、特別に、私のハートを鷲つかみにしてくれるのだった!(笑)

ジャケ写も、なんか神秘的で素敵だよね?そー思わない?何だろう?これ?
ヒプノシスか…。

※長い曲なので、パート1、パート2に分かれてるけど、「2」のが、面白いかも?





詳しいサイト

詳しいサイト

コメント
この記事へのコメント
「プロローグ」新生ルネッサンスの一作目でしたね。キースレルフの頃も、好きでしたが、やはりアニ-ハズラムの、ルネッサンスの方が好きです。「アシーズアバーニング」は、アナログで、あと5、6枚CDで持ってます。このアルバムの、アートワークは、やはりヒプノシスです。あと、カーブドエアーの、フランシスモンクマンがプレイしているのは、後にカーブドエアーに入る、スチュアートコーポランドの兄が、ルネッサンスのマネージメントを、していたからなんでしょうか?是から、一杯呑みながら久ぶりに、「プロローグ」聴きます。
2009/09/04(金) 20:35:32 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
ルネッサンスは
「燃ゆる灰」しか持ってないですv-401

このジャケは素晴らしいですね!

インドチックなのもv-411v-426
2009/09/05(土) 00:55:00 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
ルネッサンス…

ライヴ最中に余りの心地好さに居眠りこきました。

プログレのライヴは大概寝ます。椅子が悪い!
2009/09/05(土) 07:22:59 | URL | JxExRxO #-[ 編集]
新生ルネッサンス、このデビューアルバムから「Azure D’or」まで揃えました。どれもgoodです。
このアルバムでは3曲目の「Sounds of tfe Sea」、こういうメロディとアニーのボーカルがいいですね。
このアルバムには、オリジナル・ルネッサンスのジム・マーカティーの曲が2曲(「Kiev」「Bound for Infinity])、次のアルバム「燃ゆる灰」にも1曲(「On the Frontier」)収録されています。新生ルネッサンスにはジムが何らかの関わりを持ち、そしてルネッサンスをつないでいったと思われます。
2009/09/05(土) 16:57:30 | URL | マリオ #-[ 編集]
こんばんは!
ルネッサンス、初めて聴きました。
後半、起伏のある展開でなかなか面白いですね~。

あ、記事とは関係ないですが、
テンプレートの右上にいる南瓜にのったニャンコ、
カワユスです。たまにニカッとするところが特にv-238
2009/09/05(土) 21:10:06 | URL | marochikuwa #-[ 編集]
このアルバムもいいですね。
90年頃にアニーのソロを観に行ったことがありますが
とても素晴らしい内容でした。
その後、ルネッサンスが再結成しての来日にも足を運びましたが。
こちらも良かったですね♪

好きなアルバムは高校生の時に買った「TURN OF THE CARDS」です(^^)
2009/09/05(土) 21:17:48 | URL | Roku #fKZHncy6[ 編集]
Renaissance
私もどちらかというと、Jane Relfの声が好きなもんで…。Annie Haslam時代は"Ashes are Burning"かな?

Annie Haslamは今年、Renaissance40周年ライブを企画しているようなので、もしかしたら来日があるかもしれませんね。
2009/09/06(日) 02:06:41 | URL | T-Max #-[ 編集]
ルネッサンス♪
ピアノも素晴らしいですがベースも効いてますよねルネッサンス。

私も今では(どちらかというと)ジェーンのルネッサンスのが好きですが出会いは「Scheherazade」「Novella」…タイトル(…と私の最愛のアーティストのフェイバリットバンドという事)に惹かれて(笑)。


「プロローグ」のジャケットは不思議な感じが美しいですね。
2009/09/06(日) 02:32:08 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
こんにちは。
このジャケット好きです。
前期(=イリュージョン)・後期どちらも好きですね~
ルネッサーンス!というと、ひげ男爵のギャグですが、
このギャグが流行っている間に、来日公演をしてもらいたいですね~
もちろん、MCの一発目は、アニー・ハズラムさんが、
ワイングラス片手に「ルネッサーンス!」です(笑)
2009/09/06(日) 23:27:01 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
アニーハズラム、幾つになっても素敵な歌姫です。
2009/09/07(月) 11:59:56 | URL | かばら #-[ 編集]
これは!
アナログでしか持ってないので、ご無沙汰です。
大好きなバンドです。
アニー・ハズラムの歌声はほんと天使のよう。
2009/09/07(月) 15:38:19 | URL | よろけ牛 #-[ 編集]
■三羽烏
一作目の割りに、凄いと思わない?

フランシスモンクマンが、どういう経緯で参加したのかわかりません。
てか、 三羽烏さん、詳し過ぎ!!(^^;

■charlie432
おお!君は持っていたのか!!(笑)
ジャケットの意味があるなら知りたい…も!(^O^)/

良い曲でしょ~♪

■JxExRxO
ライヴ観てるんですか!!偉い!!

私は、プログレのライヴは、数える程しか行ってません。
眠くなるから?(笑)

■マリオ
私は、これを含めて、3枚と、アニーのソロしか持ってないわ。
3曲目好きって人多いですね!!
ジムのお陰かもしれないわね。新生になっても違和感がないのは。

■marochikuwa
おお!初めて聴かせてしまいましたか!(笑)
この曲は、中でも、少し異端だと思うんですけど…(大汗)

ニャん子、なんとなく「笑うセールスマン」みたいだす!(爆)

■Roku
アニーのソロ良かったみたいですね!!
私は、CDで、聴かせてもらいました。

「タロットカード」は、たぶん、1番好き♪

■T-Max
私も、Jane Relf派よ!(笑)

40周年ですか?それは凄い!!わぉ~!
オリジナルなら、ぜってー観たい!(笑)

■ののまる。
ここの、ピアノ、やっぱなんか違うよね!!
ベース耳でないから、確認してみるのだ!(笑)

「Scheherazade」は、聴いたことがなかったりします。

このジャケット、なんか深い意味がありそうな気がする…。

■くっぞこ
どっちも良いよね!!確かに!!
しかし、ルネッサンスを、お笑いにひっかけるのは、さすがです!(笑)

■かばら
確か、ライヴ行かれたんですよね?
アニーの声は、今も変わらないですね♪

■よろけ牛
アナログは、なかなか聴けないもんね…。
裏返しにするのが、めんどい!(爆)こらーーーー。

天使の歌声とは、アニーの事ですね!
1度、Death Metal歌わせたいです!こらーーーー。
2009/09/07(月) 18:29:56 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
一作目の割りには、とかじゃなくて、素晴らしい作品だと思います。往々(漢字合ってるかな?)にして、バンドの名盤というものは、初期の作品に多いと思いませんか?クイーンしかり、ヨーロッパしかり、得にこの二つのバンドは、売れる前の、ファースト、セカンドが、最高だと思うんですが。あと、「ドリームシアター」デビュー直前に、和田さんの番組で聴いた時、あまりの衝撃で暫らくボーと、してしまいました。「ドリームシアター」のファンの多くは、セカンドが良いと言いますが、自分は、デビューアルバムが最も好きですね。
2009/09/08(火) 13:00:09 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
どぼじても
ゴージャスな新生の方がオイラ好きなんですよ~。燃ゆる灰から四季までは、どれも甲乙つけがたし!
碧の幻想も悪くない!大曲”Scheherazade And Other Stories ”は絶頂期を象徴する曲だと思います。

再結成時の新宿厚生年金、Annieの歌唱力は衰え感じませんでしたね♪
2009/09/08(火) 18:23:57 | URL | Kamrah #-[ 編集]
このルネッサンスというバンドの場合、ベストの1枚を選べとなれば、人それぞれの好みもあって、評価が大きく分かれると思います。
私の場合は、非常に洗練されて親しみやすい「四季」を選びたいところだが、"Can you understand"や"Ash are burning"を収録いた2nd「燃ゆる灰」、代表作"Mother Russia"を収録した「運命のカード」、名曲揃いの「ノヴェラ」も非常にお気に入り。う~~ん、ルネッサンスから1枚を選ぶのは難しい。
2009/09/08(火) 19:10:16 | URL | マリオ #-[ 編集]
そぉいぇば
昔の話ですが...

札幌Providenceの吉祥寺シルエレ帝都襲撃ライブの際に、杉山氏のアコギメインで"At The Harbour"をカバーやってた記憶あります。

モニター不要の爆音超絶ドラム叩くかと思えば、最近は会社経営したり、ホント多才な方。
2009/09/09(水) 14:01:05 | URL | Kamrah #-[ 編集]
1980年まで、すなわちジョン・タウトとテレンス・サリヴァンが脱退するまでの作品には基本的にハズレなし。
再結成のトスカーナは、そこそこ。
プロローグでは参加していないが、オリジナルルネッサンスの2作目にマイケル・ダンフォードがゲスト参加し、
その後オリジナルの正規メンバーが全員脱退してマイケルが
バンドを引き継いで、アニー様を含む新メンバーを集めて
プロローグが出来たのだよ。
でも、マイケルはここでは裏方で、次作からギターで参加するのだが。
2009/09/09(水) 18:16:45 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
■三羽烏
一発屋ってのがいるくらいだからね!(笑)
最初良くて、だんだん悪くなるバンドのが多いかもね?

ドリーム・シアター1st好きな人は、結構マニアックよ。
あたしの知る限り。私はダメ!(爆)

■Kamrah
どぼじてもって、いいんですよ!好みは、それぞれです!
私も、少ししか枚数聴いてないけど、ハズレなしの気がする。

アニーの歌唱力は変わってないね♪

■マリオ
「四季」も、そのうち聴いてみようかな!!
「ノヴェラ」も、良さそうですね?
私は、今のところ「タロットカード」なんだけどね!(笑)

■Kamrah
札幌Providenceの吉祥寺シルエレ帝都襲撃ライブ
たぶん、私、いたと思います。杉山氏のアコギは覚えてないっす…(大汗)

杉山さんのサイトあったわね。確か。

■ジェネスシ
仕事、慣れて来た?

その辺の経緯は、一応ライナーでお勉強しました!(^O^)/
でも、再結成のは、聴いたことすらありません…はい。

1980年くらいまでのは、聴いてみたいわ!(笑)
2009/09/10(木) 17:38:32 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
ピアノといい声といいすんばらしいですなぁ
たんたんたん~♪
2009/09/10(木) 20:14:59 | URL | specific #qMKNc1AQ[ 編集]
そーそー!ピアノ良いねぇ~!!
癒し系なんだろうね、この声!!

たたたんたん~♪
2009/09/14(月) 21:31:00 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
renaissance すきです。
はじめまして。ルネッサンスで盛り上がっているのを見てついつい首を突っ込んでしまいました。わたしはビートクラブでジェーンレルフを見て以来ジェーン派です。「王と王女」は画面が変なエフェクトで非常にみづらいんですが「島」(邦題にするとカッコわるぅ)はとってもよかったです。レコードと違って、ベートーベンの月光にあわせてスキャットするところが好きです。ライブ盤ではスキャットしてますね。
2009/09/25(金) 07:02:53 | URL | DOROTHY ANDERSON #KZ4uGZRE[ 編集]
ジェーンレルフ観てるんですか?凄い…。
ジェーンの声素敵ですよね!!

しかし、お詳しいですね。話の内容がわかりません!e-263
2009/09/26(土) 19:26:24 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
DOROTHY ANDERSON さん、オリジナル・ルネッサンスのライブ映像とライブ盤があるのですか?
もし、入手可能なら詳細を
2009/09/27(日) 12:01:52 | URL | マリオ #-[ 編集]
オリジナルルネッサンス
1990年前後だと思いますが、beatclubというドイツ番組のLDがでてたんです。そのvol.13「ジャズロック篇」に'island'がはいってます。スタジオライブっぽいです。(ルネッサンスがジャズロックかぁ?) "illusion"(2nd)は初めドイツのみのリリースでしたから、ドイツに縁があったのか…というわけではなくほかにもいろんな人が出ていまして、ジンジャーベイカーズエアフォースやジュリードリスコール&トリニティーの映像には、ひっくり返るほど驚きました。'island'ですが、1stアルバムのヴァージョンではピアノソロになってる箇所で、ジェーンが「ダバダバ~」とスキャットをしていて、とてもよいです。あとでCD"KINGS AND QUEENS"と"OFF SHOOTS"を買ってライブを聴くと、スキャットのアレンジでやってました。もう一曲の'Kings And Queens'は、LD全部買ったらプレゼント的な"BEAT CLUB SPECIAL"にはいってましたが、残念な映像でした。演奏中のメンバー写真を切り抜いたものを並べたジオラマみたいなのを前景にして、バックスクリーンに実際の演奏シーンを映し出すという意味不明な演出で、おまけにライティングが暗くてサイケで、何が繰り広げられているのかさっぱりわかりません。これが「特典」の方にまわされたのもむべなるかな、過ぎたるは及ばざるが如し、です。…っと、ながながと失礼しました。
2009/11/08(日) 01:27:43 | URL | DOROTHY ANDERSON #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。