放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ILLUSION/RENAISSANCE '70
2005年12月12日 (月) | 編集 |
renaissance

先日、ユニオンに行った時に、このアルバムが目に止まった。
「オリジナル・ルネッサンス最期のアルバム」…んん。。

俺は、ルネッサンス=アニー・ハズラムとばかり思っていたから
これは、かなり衝撃的だったね。だって、男性が歌ってるんだじぇ。
女性のVoも入ってるけど。

「プロローグ」「燃ゆる灰」「運命のカード」の3枚だけ所有してるが、
個人的には、タロット・カードがお気に入りであった。

ライナーなんて1度も読んだ事なかったけど、本作のライナー読んで
凄く勉強になったよ。簡単に書き出してみるね。
--------------------------------------------------------
キースとジェーンのレルフ兄弟を中心の、このルネッサンスは
アイランド・レコードから「ルネッサンス」「イリュージョン」の
2枚を制作し解散してしまう。その後、レルフは、“アーマゲドン”を
結成し、75年にアルバムを1枚リリースしている。

その後「Now」というバンド(オリジナル・ルネッサンスのメンバー)をスタートさせよう
とした矢先、76年5月キース・レルフは、自宅でギターを弾いていた時、
感電事故を起して亡くなってしまう。

その後、彼の遺志を継ぐ意味から、新メンバーを加え、バンド名を
“イリュージョン”と名づけ活動を開始。
--------------------------------------------------------
このアルバム買って来てから、5曲目Face Of Yesterday
鳴り止まないんだ。夜も昼も朝も…。

ピアノと、乾いたウッドベースの響きから幕を開けるこの曲は
本当に、本当に、ジ~ンと来るんだよね。
途中からの、ジェーンのスキャット部分が、グルグルグルグル
リピート状態で止まらないんだ…。

この曲は、イリュージョンの1stにも、アレンジを加えて入ってる
らしいんだ。これも聴いてみたいな…。

もしかしたら、俺、オリジナル・ルネッサンスの方が好きかも♪
1stも見つけたら買おうっと!!


コメント
この記事へのコメント
Illusionお奨めです
こんにちは、TBどうも!

「Face Of Yesterday」は名曲ですね。オリジナル・ルネッサンスの1stも良いですが、私はIllusionを先に勧めます、是非聴いてみて下さい。Annie Haslamのルネッサンスより素朴で英国的でしっかり芯が通っているといった感じです。Jane Relfのヴォーカルと合わせてJim McCarty のヴォーカルがまた味があっていいです。1Stの「Isadora」、2ndの「Madonna Blue」が「Face Of Yesterday」級の名曲ですよ。
2005/12/12(月) 18:47:52 | URL | francofrehley #mQop/nM.[ 編集]
おぉっ!!よくぞ聴いてくださった
いや確かにアニー様の第2期ルネッサンスとは
メンバーも音楽性もゴッソリ違うのだが、フォークな
第1期ルネッサンスもなかなか捨てがたい。
アニー様のルネッサンスが好きな人の中には
聴かず嫌いな方も多いのだが、実はブリティッシュロックの
必須アイテムの一つ。
第1期の2枚、そしてイリュージョンの2枚は是非
すべてそろえることをお勧めします。
ヤードバーズが好きな人の方が入りやすいかな?
2005/12/12(月) 18:50:27 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
過去の面影:Face Of Yesterday
 やっと紹介されたか。あまり年寄りを待たせるではないぞ。(笑)
Renaissanceといえば、リアルタイムで聴いてきた我輩にとっては
オリジナル編成の2枚を指すのじゃ。
この2nd"Illusion"がフォーク・ロック調の作風ならば、さしずめ1stの
セルフ・タイトル・アルバムはクラッシック調というところじゃのお。
francofrehleyさん やジェネスシさんの言うとおりに、我輩もIllusionの2枚を薦めるのじゃ。
これを聴かずしてブリティッシュ・ロックを語るなかれ、というほどの名盤なのじゃよ。
いまならLPのテイストが味わえる紙ジャケ盤で入手可能じゃ。
特にRenaissanceの1stは、値段は高いが復刻度は抜群じゃよ。
 我輩はRenaissanceとIllusionのプラケ盤と紙ジャケの両方を持っている程のファンじゃぞ。
本当のところはプラケ盤を買った後に紙ジャケが発売されたのじゃ。(爆)
2005/12/12(月) 23:54:41 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
>francofrehley
Illusion、名前だけは知ってて、1枚も持っておりません。
そっか~オリジナル・ルネッサンスのメンバーなら
言う事ありませんね~!!

Jane RelfのVoって、アニーのような華やかさは無いけど
私的には、こっちの方が好きかもしれません。
是非チェックしてみますね~ありがとう!!(^O^)/

>ジェネスシ
メンバーは違うけど、なんか通じる部分もあるなぁ~なんか
考えながら聴いてました。新生ルネッサンスによる「Mr Pine」
なんか特にそういう部分あると思ったわね。

是非、探してみますよ!!
これは、絶対買います!<(`^´;)>

>白熊の親分
メール届いてるかしら?(>o<)

アマゾンで、1st探したけど、無いみたいなのよね…?
ユニオンにも行ったけど、イリュージョン共に無かったわ…。

白熊の親分は、第二期ルネッサンスは、嫌いなの?
2005/12/14(水) 16:43:44 | URL | Tommy #-[ 編集]
白熊音盤店からのお知らせ(劇爆)
>メール届いてるかしら?(>o<)
 最近、えらい数の出会い系サイトからのメールが多くて困っておるのじゃ。
あまりにも煩わしいので開かずに削除しておるのでな、もしかしたら間違って
削除してしまったかも、というのは嘘じゃ。ちゃんと届いてるぞ。(笑)
売ることはできないが、トレードなら応じるぞ。
詳細はメールにて。

>白熊の親分は、第二期ルネッサンスは、嫌いなの?

 正直なところ、あまり好きではないな。あの声が苦手なのじゃよ。
基本的に女性ヴォーカルは好きではないからな。

2005/12/14(水) 23:59:16 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
/* 白熊さん */
つーことは、航空便関係でも、アフィニティー、
リンダ・ホイルとかジュリー・ティペッツはお持ちでは
ないんですか?
2005/12/16(金) 17:58:11 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
それは誤解じゃよ(爆)
>つーことは、航空便関係でも、アフィニティー、
リンダ・ホイルとかジュリー・ティペッツは
お持ちではないんですか?

 ジェネスシさん、毎度。
いや、実はしっかり持ってたりするのじゃ。
J.Tippets"Sunset Grow"(確か邦題は『残照』)は未入手じゃが買う予定。(笑)
女性ヴォーカルで好きなタイプと苦手なタイプがあるというだけの話。

 今日は休みだったのでCDショップに行ってきたのじゃ。
航空便関係で『同位元素体』3枚、ワンちゃんのP.F.M(K2HD盤)、音盤組合の
Bridget St Johnの2nd、赤坂の女王『歌劇座の夜』(CD+DVD)、そして真打の
『新月』の箱物を買ってきました。
今月は出費が・・・・・・いや、今月もだな。(爆)
2005/12/17(土) 00:19:17 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
>白熊の親分
お返事したけど届いてるかしら?
頭の回転悪くてごめんね!m(_ _)m

基本的に女性Vo好きじゃないの?
私も好きなタイプと嫌いなタイプがあるわ。
Voの声質って、本当に好き嫌いわかれるもんね。
私も、アニーより、ジェーン派だわ♪
2005/12/18(日) 11:27:38 | URL | Tommy #-[ 編集]
届いてません
>お返事したけど届いてるかしら?

 14:15現在で届いてません。
実は16日にPCの不調から止む無く再セットしなければならなくなり、その結果、見事に
すべてのデータが消失してしまったのじゃ。(泣)
 ついでにメールをOutlook ExpressからOutlookへとヴァージョン・アップしたので
不具合が生じたのかも。
すいませんが、もう一度お願いします。
何しろ、Tommyさんのメルアドが判らなくなってしまったもので。すまん!!
2005/12/18(日) 14:20:34 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ヤードバーズ解散後、二つのバンドに発展し
2005/12/12(月) 19:45:12 | 美響乱
 バンドの名義ってのは一体誰のモノになるんだろう?そう思わせることの多いルネッサンスというバンド。そもそもキース・レルフがヤードバ...
2008/06/15(日) 07:57:14 | ロック好きの行き着く先は…
 ヤードバーズで荒々しいビートロックを歌っていたキース・レルフがヤードバーズ解体後に選んだ道はトゥゲザーというフォークデュオバン...
2008/06/15(日) 08:08:01 | ロック好きの行き着く先は…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。