放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝
2010年01月09日 (土) | 編集 |
tibet.jpg

開催されてるのは知ってたけど、今月の、11日で最終という事で行って来ました!!
上野の森美術館!!さすが最終日が近いだけあって、とても混んでましたね。
私は、チベットが大好きなんです。理由は、わからないけど「かつてここにいた」って
魂が覚えている感覚って言うのかな?きっと、何回目かの生まれ変わりの時に
私は、チベットに住んでいたような気がする…(笑)

主催が、中華文化交流協会、中国チベット文化保護発展協会ってのも何か…。。
↑最初から、ここが引っかかっていたんですよ…私。

1997年、千葉美術館の「天空の秘宝 チベット密教美術展」も行った事あったけど、
世界的に注目を集めているチベット文化を総合的に紹介する、わが国初の展覧会です。
って事は、規模が違うのかもしれないね。密教が残るのは、チベットと日本のみって
知ってた?まだ、まだ知らない事が多いなぁ~長く生きてるけど。
きっかけは「チベット死者の書」を読んでからなんだけどね。この本は凄いよ!(笑)
何から何まで、常識を覆されてしまった。死は最後ではなく、生きる途中の段階ってこと。
死の技術書とでも言うのだろうか?そんな本なんだよね。

素晴らしい密教美術品の数々を観てるうちに、何かの疑問が湧いて来たのです。
中国の侵略や、ダライ・ラマ法王のインド亡命については、何も触れられてないことを。
それ以上に、中国が、この文化財を保護してる「良い国」みたいに書かれていることを。

「もしかしたら、これ、中国がチベットから盗んだものの展示では?」って
思い初めてしまったら、美術品を観る感動以上に、腹立たしくなって来たよ!
下手したら、何万人とも言われる入場者の儲けは、中国行き??

美術館側は、チベットの美術を観に来てる人に、チベットの歴史は必要ないと。
自分がチベット美術良いなと思えば、自分で調べて、その時知るだろうと。
これって、おかしいことだよね?美術館も、中国と、グルなわけ???

何だか、変な気持になって外に出ると、抗議団体らしい人達が、ビラを配ってる。
私は、2枚もらって来たよ。「いったいこの展示会の、何が問題なのか?」と
「チベット本土からインドへ亡命した子供たちの絵」!!この絵を文を観て泣いたね。
もらったビラを手打ちするから、興味のある人は読んでくださいね!
中国政府が提供した「チベット」の美術展。
チベット亡命政府によると、1949年チベット占領からこれまでに、6000ものチベット仏教寺院が
破壊されました。チベットの芸術作品や仏像は、中国の文化大革命の名の元、チベット人と
僧侶の大量虐殺とともに、徹底的な破壊を受けました。14世ダライ・ラマ法王が、チベットの
民を憂いこれ以上の犠牲を出さないためにポタラ宮を去り、インドへ亡命されてから50年の
歳月が流れています。この間、チベットの情勢はますます厳しい状況に晒されています。
「聖地チベット~ポタラ宮て天空の至宝~」展は、2004年よりアメリカとヨーロッパを巡り、
現在日本各地を巡回しています。この展覧会に展示しされる仏像、書物、経典は、中国政府
が不法な侵略で手に入れた中国共産党の戦利品です。展示会では「チベット文化を総合的に
紹介する」と謳いながら、中国がチベットを侵略した歴史や、ポタラ宮の主であった、
ダライ・ラマ14世については全く触れていません。

中国政府によるチベット支配の正当性を主張する為の展示会。
展示会の意図は、諸外国による非難をかわすため表面的にチベット文化擁護を取り繕うも
ので世界中でこの展示会を催すことにより、中国政府は「チベット支配の正当化」を
文化的側面から広く認知させようとしています。この展示会を開催し、受け入れることは、
中国共産党の思想、世論へ誘導する宣伝行為=プロパガンダに加担することであり、
自由と正義に対する言論の自由が当然の権利として認められている日本が、中国共産党
のプロパガンダに利用されていることになります。

どうか、真実を知って欲しい。
チベットにおける本来のポタラ宮殿の役割を正確に伝え、真実のチベットの姿を伝えて欲
しいという各機関からの再三の要請にも関わらず、主催者はその声に耳を傾けてくれません。
開催に於いては日本の大手メディアの他、文化庁や自治体関連機関が多数参加していること
も無視できないものです。展示内容は明らかに現在の展示品の所持者である中国政府から
規制を受けたもので、その断片的なチベットの史実の記述から、「聖地チベット~ポタラ宮
と天空の至宝~」展が日本の地で開催されるにあたり、チベットの文化、芸術がこれ以上
破壊されることなく、未来永劫、真実が伝わってゆくことを願い、ぜひ、日本の皆様も
展示会抗議へのご協力をお願い致します。

「聖地チベットポタラ宮と天空の至宝」展に抗議する国際連盟
パルデンの会

オフィシャル

私は言います!チベットに自由を!!

「雪の下の炎」を読んでみたいと思っています。

コメント
この記事へのコメント
なんだか、諸外国ではボイコット運動があって、開催できなかった、って聞いたけど、これでわかりました。

美術展であるけど、文化展じゃないわけですね。
2010/01/09(土) 23:19:57 | URL | おいちゃん #7qizzFss[ 編集]
チベット問題に詳しい訳では無いので何が真実かは良く判りませんが、日本の報道を見る限りでは中国がブン取って来た物を見せているのは間違い無い様ですね…
儲けも全て中国政府の物になるでしょうし、美術館もグル、あるいはその手の問題に対し口止めされているのかもしれません。
物凄く冷めた言い方してしまうと「人間の作る歴史って同じ様な事ばかりだな」と思ってしまいます。
我々はもう少し賢くなれないのか?
2010/01/09(土) 23:47:17 | URL | 春日部の尊師 #WGv/JGO2[ 編集]
民族浄化。
中国が侵略し虐殺したチベット人の数は120万人以上と
言われていますね。それは今もなお続いています。
上野の森美術館は何やってるんでしょう。
同じ日本人として恥ずかしいですね。

10年くらい前の出版物ですが、私は、小林よしのりの「新ゴーマニズム宣言9」
を読んだ際にチベットの問題を知りました。で、愕然としましたよ。
そこで紹介されていた目を背けたくなるような拷問、虐殺の数々は、
とても同じ人間のものとは思えなかったので…。


2010/01/10(日) 17:28:32 | URL | marochikuwa #-[ 編集]
詳しくは分からないけど、
中国は恐ろしい国です(×o×)

そして、どの国にかかわらず、人間の歴史は罪悪の歴史、、、。

せめて芸術だけは美しい幻想を見せて欲しいです。
2010/01/10(日) 22:09:16 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
自分は、あまり思想的な事を書きたく無いんですが、中国の自分勝手な理論には、いつも腹が立っています。彼らは、何か有るたびに、先の大戦を出し、我が国から金を引き出し、やっている事といったら、戦時中の我が国より、えげつない事をしているにもかかわらず、自分等を正当化している、ヤクザ、いやヤクザ以上にろくでもない国だと思います。 

今の政権で、後ろで糸を引いてる奴が、親中派だから正当化するでしょうね。なにせ、国会議員140人以上、総勢600人でのこのこと、お伺いを請いに行くぐらいですから。

知り合いの台湾人は、日本政府は、なぜ大陸しかみとめないと怒っています。日本人に友好的なのは、台湾人だと。自分もそお思います。

勝手な事ばかり書いて、申し訳無いです。
2010/01/11(月) 12:26:20 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
今CS日テレの、たけしの元気が出るテレビを観ていて、思い出したんですが、木内みどりは確か、坂本龍一らと、チベット文化を普及させる団体を、運営してましたよね。
2010/01/11(月) 19:54:13 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
こんにちは。
色々ありますよね~
高校の時、学校の図書館で読んだ、
チベットについての本に載ってた、
切り落とされた腕が、山積みになっている写真が、
今も脳裏に焼きついてますね~
2010/01/12(火) 19:40:47 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
■おいちゃん
諸外国でボイコット運動があったんですか?
わたしゃ、何も知らずに行ってしまった…。

この収益が、チベットの為に使われるなら良いのですが…。
文化についても、少し触れてるコーナーはありましたよ。

■春日部の尊師
普通に考えたら、美術館は、儲かるのわかってるもんね。
チベット美術の素晴らしさを広げるのには、良いのかもしれないけど
やはり、美術館側の説明も不足してるなぁ~と思いましたね。
世界平和が訪れる日は遠いのでしょうかね?

■marochikuwa
過去の歴史じゃないんだよね!!
今でも、中国からの圧力は加わってるわけで…。

「新ゴーマニズム宣言9」ネットで読めるサイトあったのです。
そして、読んでみましたが、悲惨ですね…。
人間は、ここまで残酷になれるものなのか?考えちゃいますよ。
アウシュビッツも、真っ青です。。。

■charlie432
寺院を破壊し、僧侶まで惨殺、拷問する国ですからね…。
仏様の罰があたりますよ、そのうち。

今なお、無益な戦いが繰り広げられている現状…。

■三羽烏
日本も散々、酷い事をしてきたんですけどね…。
しかも、天安門事件も、そーですけど、市民まで
人間扱いしない国ですから、手に負えません。

チベット文化を普及させる団体の運営ですか!!
色々な音楽家達が集まって、音楽活動してるビデオ
観た事あります。それかな?

■くっぞこ
学校の図書館に、そんな本あったんですか?
中国から拷問を受けて死んだ女僧の亡骸が返されたそうです。
鳥葬にしたらしいんですが「こんな酷い死骸を観た事ない」
くらい、恐ろしい破損状況だったらしいです。
中国は昔、恐ろしい処刑やってましたもんね…。
くっぞこさんのサイトで観たよ!
2010/01/13(水) 18:00:09 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
ダライラマが、会長をする「ノルブリンカ」の日本支部みたいです。
2010/01/13(水) 18:45:16 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
http://www.norbulingka.org/

見つけたけど、英語で読めないわ!(笑)
三羽烏さん、詳しいわね?

チベットの芸術や美術、手工芸などの伝統文化を保存し、
次世代に伝えていくための教育研究機関。
ダラムサラの施設には、世にも美しい宿泊施設やアトリエ、
ショップも併設されている。
2010/01/13(水) 19:33:05 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
こんにちは。
学校の図書館で見たチベットの本は、
当時(20年位前)で、ちょっと古い本だった記憶があるので、
多分昭和3-40年代に出た本じゃないかな~と思います。
そういう事実は、当時全く知らなかったですし、
学校でも習わなかったので、にわかには信じられなかったですね。
2010/01/13(水) 22:53:56 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
↑続きです(謝)
中国の恐ろしい処刑って、
ジョン・ゾーンさんの、ネイキッド・シティ「凌遅」の
ジャケット写真のことですね。
2010/01/13(水) 22:59:29 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
その本観てみたいな…。
ネットでは、なかなか写真出てこないね…。

私も学校で習った記憶が無いのよね…。
本当に、ごく最近まで知らなかった…恥ずかしいことに。

凌遅…あれ以上人を苦しめて殺す殺し方あるのかしら?
生きたまま、全身の皮をむくのも、中国はやってたらしいし
電気棒を、おしりの穴や、膣に押し込んだりしてたらしい。
調べれば、調べる程、恐ろしくなるわね…。
そーそー、その鳥葬は、自然死じゃないとやらないらしい。
その女性は、たぶん、体液を抜き取られたのよ…。
2010/01/18(月) 18:30:51 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
中国という国や国民を、恐ろしいモンスターのようには思わないで欲しいと思います。
人は極端なイデオロギーや正義感なんかに囚われた時に最も残酷になると思います。
私はカトリックが好きですが、
原理主義的な人達の中には避妊や中絶を否定する人達が居て、
中絶医の自宅に爆弾を送りつけた奴も居たとニュースになってましたね。
こういうのはマジ勘弁だと思ってます。

話を戻しますと、
宗教の一切を否定する中国共産党は、仏教国チベットが無かった事にしようとしています。
人々を大量虐殺し、寺院を破壊し、生き残った女性に不妊治療を施し、
元々のチベット人の人口を減らした上で、漢民族をどんどん入植させる。
(これらを指揮した当時の軍部のトップが、今の国家主席です)

明らかに独自の文化と国家体制を持っていた国を侵略、占領しておいて、
「国民党の脅威からチベットの人民を守る」「人民解放軍」だと主張した訳です。
国際社会からその行為を非難されると今度は、
「ここは元々中国の一部だった場所だ」という主張になり、
米首脳や都知事がチベットにおける人権蹂躙に少し言及しただけでも
「内政干渉するな」と猛反発するようになりました。
今後、何かの間違いで仮に中国が民主化したとしても、
チベット人は総人口10億を超える国の少数民族でしかないって事になりました。

彼らが狙っているのは「チベットという国家体制の完全な消滅」であり、
人々がチベットという国や民が居た事を忘れる事によって達成されると思います。
では、私達にできる事は何か?

一つは「チベットを忘れない事。」
それとチベタンの精神的支柱であるダライ・ラマを忘れない事。
そして、機会(話を聞いてくれる対象)があれば、チベットの話を出す事。

もう一つは「ダライ・ラマの教えを実践する事。」
共産党の願う「チベット仏教の消滅」を阻止する事が重要。
教えを実践する人間が絶えない限り、仏教が消滅する事はありません。
ダライ・ラマは、あれだけ残虐な行為を行った中国に対して、
「私は中国に敬意を持っている」と明言し、話し合いを求めています。
憎むより愛せよ。相手に慈悲と敬意の心を持って臨め。
ダライ・ラマは我々にそう教えています。
難しく考える必要は無く、私達の日常の中で、
そういう方向に考えを向けるようにすればいいと思います。

長文失礼しました。
2011/05/05(木) 22:40:09 | URL | 明星 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。