放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヨコハマメリー
2010年06月10日 (木) | 編集 |
merry1.jpg

私は、横浜で生まれ、横浜で育った。
つい最近、マイミクさんの日記で、「メリーさん」の事を知った。
ネットで色々調べていたら、非常に興味がわいた。
彼女は、米軍相手の娼婦であったこと。パンパンとか、
私の父は「パンスケ」と呼んだ。白人相手の「白パン」黒人相手の「黒パン」
1995年故郷に帰るまで、現役を貫いたというのも驚く事実だ。


もしかしたら、どこかで遭遇してたかもしれない。
映画や、お芝居にもなっているということ。この映画は、ドキュメンタリー。

ご本人が中心という作品ではなく、彼女に関わった人達の証言が中心。
たまに、彼女の写真や映像が、使われている。
何しろ、回りの人の証言だけなので、ますます、本人像に興味がわく。
戦後、凄い速度で、様変わりして行く横浜という街が、彼女の目に、どう映っていたのか…。

愛する恋人を待ち続けて、娼婦を続けていたとしたら…。
戦後1~3年の間、外人墓地や、根岸の墓地には、混血の無数の赤ん坊の死骸があったと。
数は、800~900体。それを「メリーさんの子供たち」と呼んでいると。
彼女には子供がいなかったのか?家族を作りたいという願望はなかったのか?
この映画の中からは、凄い数の妄想が膨らんでいきます。

彼女が実際出演した映画も作成されたようだが、フィルムは、今だ行方不明。
ご本人が、自叙伝を書いて残していたら、もっと真実がわかったのに。。

この映画には、「特典映像」が、付いていました。
彼女の1番の理解者であったと思われるシャンソン歌手の永登元次郎さん。
彼は、末期癌に侵されていて、亡くなる4ヶ月前の、コンサートの模様が入ってる。
涙をいっぱいためて、「これが自分の最後になるであろう」歌を、歌うシーン。
これには、マジ涙出ましたよ。この短い歌の中に、色々なものが凝縮されてた気がする。

癌に蝕まれた身体で、メリーさんの老人ホームへの慰問。
この中には、動くメリーさんの貴重な映像が入っている。
すっかり、薄化粧の普通のご老人になったメリーさんは、気品高く
かつて、絶世の美女と言われた、面影が残っている。綺麗なおばあちゃんですよ。
元次郎さんに「ありがとうございました」と言った可愛い声…。

私は、彼女は、物凄く頭の良い人だったような気がするんですよ。
本人が書いた、手紙の文章の素晴らしさ、文字のうまさ。。

もし、生きてられたら、お話してみたかったです。残念です。

merry.jpg

永登元次郎さんが、この世を去った翌年、彼女は彼の後を追うように他界。

人生とは、シナリオのないドラマである。

コメント
この記事へのコメント
俺も何度かお見かけしたことがあります。
中学生の頃は奇異な目でみていましたが、大人になると共に色々な事情を知るにつれて、横浜の風景のひとつとしての存在になっていることに気づき、存在感の気高さに脱帽した思いでした。
本当に優しい顔していて、気品のある方でした。
2010/06/10(木) 23:20:13 | URL | ミモサク #-[ 編集]
元次郎さんもまた男娼として生きていたことや、母親に対する思慕の様なものがあったのでしょうか・・・。

いわゆるおかまといわれる人たちと話していると、その眼差しが女性以上に優しくてハッとすることがありますが、元次郎さんの優しさは菩薩のように見えました。
2010/06/11(金) 00:41:18 | URL | Yuu #-[ 編集]
in Yokohama
叔父がいる関係でよく横浜に行きましたが、彼女のblusyな生き方が戦後のYokohamaだったのかもしれません。

うちの近所の高校を卒業された、矢沢永吉氏や、親族同士のお付き合いをさせていただいている、山崎まさよし氏なども、高校を卒業してすぐに、went to Yokohamaで、なにか、ひきつけるものがあったと思います。
2010/06/11(金) 10:20:33 | URL | TAKU GG3S #-[ 編集]
初めて知りました
写真を見る限りでは、気品のある方だったんでしょうね。
2010/06/11(金) 15:38:22 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
この映画マツコ・デラックスも絶賛していました。
メリーさんに会うと幸せになるというジンクスもあったみたいですね。
2010/06/11(金) 20:11:15 | URL | 春日部の尊師 #WGv/JGO2[ 編集]
どうしても観たい映画です。TOMMYさん、こんな素敵な紹介ありがとう。テレビもラジオも雑誌もほとんど見ない僕にとって、ここはほぼ唯一の情報源なのです。見たいな~。

2010/06/13(日) 02:06:09 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
こんにちは。
この映画も、メリーさんも知らなかったんですけど、
こういう方がおられたんですね~
街の有名人なのに、半生を振り返るようなモノが残ってない
(マスコミからの取材を含めて)ということは、
拒否と言う事なんでしょうね~

冷し中華ですが、一人で作って食べるので、具はシンプルですよ。
数日前作ったときは、なすびを油炒めしたもの(味付けなし)だけを、
具にして食べました(笑)
2010/06/13(日) 18:17:47 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
見ました。
数年前TVKでやっていましたね。
伊勢佐木町を歩くラストシーンは五大路子でしたかね?
濱マイクでも坂本スミ子がメリーさんと思われる役を演じていました。
2010/06/14(月) 15:45:22 | URL | sugi #NL852uQM[ 編集]
■ミモサク
横浜と言ったら、シューマイだったアタシは、
彼女のこと、まったく存じ上げませんでしたよ…。

この映画の最後に、薄っすら化粧してる彼女が映るのですが
本当に、気品ある方でしたよ。

■Yuu
元次郎さんは、彼女の中に、自分を見、母親を見ていたと思います。
人と人の出会い、繋がりは本当に、驚きの連続です。
男と女の愛をも、超越してる愛が、ここにはあると思いました。

■TAKU GG3S
私が生まれて育った場所は、この「お洒落な横浜」ではなかった。
だから、またーに、父親が、馬車道などに連れて行ってくれた時は
本当に、何から何まで、素敵な場所だなぁ~と。
子供の頃、本牧に連れて行かれた時は、日本とは思えなかった…。

大人になって、山下公園や外人墓地に行った程度。デートで!(爆)

■charlie432
かなりお年を召してからは、目がご不自由だったみたいです。
お化粧をするのも、大変だったでしょうね…。

■春日部の尊師
春日部の尊師、ご存知だったとは、さすがです!(^O^)/
ジンクスまであったんですか。会いたかったです。

■sherbet24
是非、観て欲しいです!(笑)
見つかると良いですね!!感想も聞きたいな♪

■くっぞこ
写真集が出てますね。
あと、ご本人の承諾を取った映画も撮影されてたらしいけど
フィルムが盗難にあったとか。これ観たいですよ…。

なすの油炒めですか!何でもOKなんですね!!
私の中では、薄焼き卵、ハム、キューリがないと駄目思ってました!(笑)

■sugi
TVKですか!懐かしい!!
五大路子さんは、お芝居に出てたと思います。
「横浜ローザ」。赤レンガ倉庫でやったとか。
赤レンガ倉庫と言えば、大日本なんですけどね、私の中では!(爆)
http://www.with.if.tv/michiko-sonota/maryrosa.htm

坂本スミ子さんのは、知らないですね…。
こちらでも、やらないかな…。
2010/06/15(火) 18:32:20 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
メリーさんメリーさんと云えば、無声(字が違ったら大変)映画のかつ弁氏がよくつかいましたね。冗談はさて置いて、俺等も以前本人が写っている映像観た事が有るな。新宿のゴールデン街で流しをしていた「マレンコフ」と云い、メリーさんと云い、昭和の生き証人が居なくなるのは、寂しいでんな!マレンコフは、生で観たよ。
2010/06/16(水) 19:45:05 | URL | 三羽烏 #-[ 編集]
夢精…ふふふ。
マレンコフって、流しの歌手なんですね。
私、まったく知りませんでした。

流しは、何回か見たことあります。蒲田あたりで!(笑)

ちんどんやにも、頑張って欲しいTommyです!
2010/06/17(木) 19:40:23 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。