放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Spring/Spring '71
2005年12月28日 (水) | 編集 |
spring

「四人囃子」を買う時に、このアルバムが目を引いた。
“トリプル メロトロン”?!?
その時、俺の頭に浮かんだのは、GreenSladeであった。
あのダブル・キーボードで有名なグループだ!!

俺は、きらびやかな3人によるメロトロン演奏を期待していた。
しかし、期待は大きく裏切られてしまったのだ。

3台のメロトロンを同時に操るのではなく、曲に応じて、それぞれが
担当してるって感じだと思う。

GreenSladeが2台のハモンドと、シンセを同時に、キーボードープレーを
前面に押し出しているのとは、まったく違った。
あくまでも、バックグラウンド的な要素で構成されていた。
しかも、プログレと言うよりは、フォークと言った方が的確であろう
その質素な楽曲。

唯一俺の気を引いたのは、渋いギターサウンドだった。
サイケデリックだし、いい音出してるよな…。

2ndに収められるはずだった曲が、Additional Tracksで3曲追加
されている。この3曲には、なぜかメロトロンが使われていない。
でも、このオルガンサウンド本編より良いではないか!(笑)
“FOOL'S GOLD”なんか結構好きかも♪

このライナーにインディアン・サマーと、トントン・マクート
聴く事をお薦めすると書いてあるのだが、詳しい情報求む!!
-------------------------------------------------
NEONの6番として71年にリリースされた、トリプル・メロトロンのクレジットと
三面開きのキーフのジャケットで常にコレクターの気を引いていた名作。
メロトロン・ストリングス、メロトロン・フルート、メロトロン・チェロ、メロトロン・オルガン!
メロトロン・エレピ!!とづくし。そして非常に牧歌的な英国が流れ出すメロディアスで
叙情的なサウンド。必聴の1枚。 (プログレ親父のレヴューより)


コメント
この記事へのコメント
はじめまして、というか・・・。
スプリングのTBありがとうございます。美響乱さんとこから、以前よりちょくちょく訪問してました。すみませんが、まず質問男の方です?写真が女の方だし、お料理とか載ってるし、でも記事読んでると男の方だし・・・まあどっちでもいいんですが、私もよく間違えられますし・・・笑・・・すごく色んな事なさっていて、楽しいサイトですね。じっくり、読ませてもらいますね。そういえば、PROGRESSIVE CAFEさんの記事で私の大好きなラクリモーサ書いてらっしゃいましたよね?おひまでしたら、私のBLOGにもいらして下さいね。これからもよろしくお願いいたします。
2005/12/28(水) 22:24:35 | URL | evergreen #lHI8H0U6[ 編集]
「メロトロン」ってどんな楽器なの?
ごめんなさい。
おしえて・・。
2005/12/28(水) 22:28:22 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
こんばんは~~
>このオルガンサウンド本編より良いではないか!(笑)
→→ 大きな声では言えないのですが、実は個人的にはそう思っていたりします(笑)。
自分の所でもレビュってみましたのでお暇な時でもどうぞ。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/33340/901857#901857
2005/12/28(水) 23:39:22 | URL | Mao.K #-[ 編集]
その昔、欲しかったけどアナログ売ってるの見かけなかったな~
あったとしても高くて買えなかっただろう。。。
インディアン・サマー、トントン・マクート聴くように♪
 
2005/12/28(水) 23:56:46 | URL | かとれい #4A9T8td.[ 編集]
Tone Down?
 一般的にSpringはプログレとして扱われているが、本当はフォーク・ロックを
ベースにしたグループじゃないかね。
あくまでブリティッシュ・ロックの流れで語られるべきじゃないか、と我輩は思うのじゃがな。
 ちなみにSpringのメロトロンがAl Kooperの傑作アルバム"New York City"で
使われていることを知っておったかな?
 尚、ハモンド・オルガンを期待するならばIndian Summerの方がお薦めじゃな。
あとNeonレーベルのグループではないが、Young Bloodから発表された
Julian's Treatmentの"A Time Before This"は傑作なので必聴じゃ。
テストに出るのでメモをしておくように。(笑)
2005/12/29(木) 00:08:54 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
ぺたっ(あしあと)
こんにちは♪
あやです。検索してたら、このブログにたどり着きました。
あやもブログはじめたどぉお☆
で、お友達がほしいなぁ。コメント大歓迎!!!、ヽ(´∀`)ノ
よかったら、あやのとこにもあそびにきてください

★・。・。☆・゚。・。ByeBye!
2005/12/29(木) 14:10:01 | URL | aya #-[ 編集]
■evergreen
はじめまして~コメントありがとうございます!(^O^)/
私も、ざっと、そちらのBlog観させていただきましたが
本当に、詳しいですよね~。知らないBANDばかり~。

男でも女でも想像にお任せします!(笑)
ラクリモーサ書きました!書きました!!
お好きなんですか?

こちらからも、遊びに行きますね~。
てか、相互リンクお願いできると嬉しいなぁ~♪

■sherbet24
>「メロトロン」ってどんな楽器なの?

ここに詳しく出てるよ~。
たぶん、聴いた事ある音色だと思うよ~(=~o~=)
http://www.geocities.jp/mellotronics/
http://www.ishibashi.co.jp/academic/history_of_the_keyboards/07.htm

■Mao.K
これを書く時、実は、そちらのサイト、ロムっておりました!(^。^;)
んん!同じ嗜好の方がいて、凄く嬉しいです!!
俺だけだったら、どないしょう?と少し弱気だったもんですから…。

また、遊びに来てくださいね。こちらからも伺いますね~。

■かとれい
高かったみたいだね~今は手ごろな値段で聴けるから
有りがたいよね~。

インディアン・サマー、トントン・マクート持ってるんですか?

■白熊の親分
うん!フォーク・ロックだよ!この音は♪
「ブリティッシュ・ロックの流れ」ってのが、わからないから
俺も、困っちゃうんだな!これが!(笑)

>ちなみにSpringのメロトロンがAl Kooperの傑作アルバム"New York City"で
>使われていることを知っておったかな?

いえ、まったく…(^ω^; )

Indian Summer、親分知ってるんですか!さすが!!

Julian's Treatmentの"A Time Before This"??んん?
テストは苦手ぢゃ!!子供の頃から…・・・(+_;)うぇーん。

■あや
何を検索したのかな?
プログレとか、メタルは好きかい?(=~o~=)
2005/12/29(木) 21:34:25 | URL | Tommy #-[ 編集]
「メロトロン」の記事みました。
不思議な楽器ですね~。
構造がむつかしい感じでしたが、演奏してるとこ見たらなんか魅力のある楽器ですね。
勉強になりました。
最近、変わった鍵盤の記事が現代ギターにのってました。これは「オンド・マルトノ」っていうんですね。レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが使ってるんですね。
「オンド・マルトノ」奏者に「原田 節」さんという方がいらっしゃるそうです。
いろんな楽器があるんですね~。


2005/12/29(木) 22:55:37 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
光栄です
光栄です。リンク、こちらからもぜひお願いいたします。ラクリモーサ、好きですね^^~~今度書きます!!!Tommyさんなら、この間私が書いた”JACLA”がお好きですよね(^D^)--V。これからもよろしくお願いいたします。
2005/12/30(金) 19:04:32 | URL | evergreen #-[ 編集]
■sherbet24
不思議な楽器は、まだ世界の至る所に存在すると思うよね!
しかし、「オンド・マルトノ」初めて聞きました…。
「三極真空管を用いた発振回路で音を得る。」んん…。
NHKの大河ドラマの主題歌にも使われていたらしいよ…。
聴けばわかる音かもしれないね♪

■evergreen
相互リンクの件ありがとうございます。
年齢的にも、かなり近いかと…たぶん…(^ω^; )ひひひ。

実は、JACLA未聴です…みんなが、私の好みだろうと…はい。
アシュラ・テンペルの記事も、目が良くなったら、じっくり
読まさせてくださいね。こちからそ、これからもよろしく!(^。^)丿
2005/12/30(金) 21:54:44 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Spring 1971年独特の色合い・・・もうこれは、見ただけで心さわぐキーフの世界[:ラブラブ:]ネオンレーヴェルから1971年にリリースされた正体不明バンド”SPRING\"の唯一の作品です[:カレンダー:]。この意味不明のキーフのジャケットがあまりにも有名ですよね
2005/12/28(水) 22:25:58 | Chainless Mind
~ プログレバンドしりとり合戦 #74 ~・投稿コメント (うた夢さん)またもやNeonのKeefジャケ。このジャケットはかなり好きだったので、昔アナログを無理して買いました。 ・補足Affinity、Nirvanaに続く、またまたKeefのジャケットが有名なイギリスのバンド。1971年に
2005/12/30(金) 19:49:37 | Progressive Cafe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。