放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これでも原発は安全だと言えますか?
2011年05月28日 (土) | 編集 |
原子力発電所の事故では、チェルノブイリが有名ですけど、私の中では
所詮「他の国のできごと」でした。

今回の地震により、福島原発が、あのような状態になり、放射能は、
かなり広範囲まで飛び交い、空気、水、食物の汚染が拡大してます。

人間って、自分の身に降り注がないと、わからな生き物なのかもしれない。
それまでは、「電気なんて、あって当たり前」。なんの感謝もしないで生きてた。
電気代を払ってるんだから、使えて当たり前だと思ってた。

けど、わたしは、下の動画を観た時、非常に心が痛んだ。
東電は、人間を人間として扱っていない。なんて酷い世界なんだ?
これが、何十年も、行われていたなんて…ショックです…。
それを知らなかった自分も悲しいけど、こんな事が平然と行われている真実。

原子力発電所で、このような作業が必要であるという事は、日本だけじゃないよね?
世界中の、発電所の中で、苦しみ死んでいる人が、一体何人いるのだろう?

その作業なくして、原発が成り立たないのであれば、絶対に安全と言えない!!
福島の被災者の方が言ってました。
「原発なんていらない!!電気なんてなくてもいい。だから、今までの生活を返せ!!」



コメント
この記事へのコメント
今までの責任として
僕もTommyさんと同じで今までは原子力は無い方が良いのだろうが仕方無い。必要悪だ。と思っていました。他人事でした。
でも3月の震災で吹っ飛んだ原発をテレビで見て以降完全に変わりました。どこも必要悪なんかではないと。
色々と情報を得るうちに分かった事はもう何年も前から原発の危険性を指摘し、警告してきた人達と原発推進と戦って来た人達が多くいた事。それに対し我々の様な無関心であった国民やメディアが黙殺し続けていた事実でした。 それに加え国策として推し進め原子力交付金で黙らす、電力会社と政府、メディアの癒着などの恐ろしい事実もやっと知りました。小出裕章や広瀬隆は勿論、07年東京都知事選挙で政府転覆を掲げた外山恒一までもが正しかったのも驚きでした。(彼は核武装は仕方無いとしても原発は反対。もともと原発は戦後も核兵器開発を続けたかったアメリカが民間に負担させる物であったと言っています。)
今になってようやく目が覚めた人間は今までの責任として何があっても脱原発反原発を唱え続ける事だと思っています。
動画非常に興味深く見させていただきました。
僕もまだ未購入ですが参考資料です。

原発ジプシー
http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%B8%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC-%E5%A2%97%E8%A3%9C%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88-%E2%80%95%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E4%B8%8B%E8%AB%8B%E3%81%91%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E5%A0%80%E6%B1%9F-%E9%82%A6%E5%A4%AB/dp/4768456596/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1306581814&sr=1-1

朽ちていった命
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%BD%E3%81%A1%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%91%BD%E2%80%95%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E6%B2%BB%E7%99%8283%E6%97%A5%E9%96%93%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-NHK%E3%80%8C%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E6%9D%91%E8%87%A8%E7%95%8C%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%80%8D%E5%8F%96%E6%9D%90%E7%8F%AD/dp/4101295514/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1306581881&sr=1-1
2011/05/28(土) 20:30:12 | URL | 春日部の尊師 #WGv/JGO2[ 編集]
少し論点の違う話ですが…
こんばんは。僕もTommyさんと一緒ですよ。
電気なんか、使い放題で当たり前と思って生活してましたよ。
今回の原発事故で、誰が悪いか、という悪者探しの論争はあまり意味が無いと思っています。
(極論ですが、悪者探しの話になると、原発を長きに渡って推進してきた自民党に投票経験のある人は、全員「国賊」になってしまいますからね。)
が、しかし、東電はロクデナシのクソ集団と言われて当然。
原発作業員の方が置かれている環境はあまりに酷いですね。
東電の社長が丸腰で被災地の避難所を回っていましたが、
よく無事で帰ってこれたもんだな、と思いましたよ…。
2011/05/28(土) 22:36:43 | URL | marochikuwa #-[ 編集]
友人が教えてくれた「原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~」これ見ると、アメリカと読売グループによる原発導入への世論誘導の様子が分かります。
http://video.google.com/videoplay?docid=-584388328765617134&hl=ja#
東電も大マスコミも政府もまったく信用できませんね。
2011/05/29(日) 00:04:55 | URL | Ol'53 #-[ 編集]
日雇い労働者の存在は聞いたことは、ありました。
組がホームレスを斡旋して、ピンハネしてるとか...そもそもクリーンで
安全はウソですね!!!俳優の山本太郎君は素晴らしい人間です。芸能界で
反原発と言ったら干される、原発はそれだけ1部の人間にはお金になる
んですね!!!おそらくは権力者(政治家)に渡っているのでしょう。だか
ら長い間、世に知られなかったのですね。
2011/05/29(日) 11:12:20 | URL | SHIN #-[ 編集]
自分も「原発ジプシー」を昔読んで、原発労働者の実態は薄々知っていましたが、この映像のリアリティは凄まじいですね。
最先端技術の現場運営が、使い捨てのような労働力で行われている実態に寒気がしました。
この構造で我々も生活をしているのですね・・・。
2011/05/29(日) 17:01:16 | URL | ミモサク #vom7L.as[ 編集]
被爆要員
「特攻隊」という表現がぴったりきますね。
Rie a.k.a. Suzakuの「The end of the dakness」の歌詞が思い出されます。

強者(本当は強者でもなんでもないけど)が弱者を虫ケラのように思い、命の尊さなど全く顧みない浅ましい姿が浮き彫りにされていると思います。
2011/05/30(月) 13:35:30 | URL | charlie432 #LbYl9WXI[ 編集]
■春日部の尊師
他人事だったですよね。
福島が、こうなった今、改めて、原発の恐ろしさをかみ締めています。
浜岡市民にも驚いたんだけど、原発反対派が少なかったこと。
交付金のおかげで、良くしてもらったのがあるからでしょう。

原発に替わるエネルギー対策を早く進め、福島を一刻も早く
収束させ、そして、日本から原発が廃絶される事を望みます。

原発ジプシーも、朽ちていった命も、ネットで見ていました。
あまりに、酷い話なので、心が苦しくなりました。

東電の社員は、「危ない事はしない」と、わかりましたよ。
そして、高給をもらうことも!(笑)

■marochikuwa
電気に感謝して生きてなかったのは確かです。
たまに、停電すると困る程度でした。

今まで、1番甘い汁吸って来た、自民党が知らん顔で
みんな、管さんに押し付けていますから酷いもんです。

東電って、こゆ問題が浮上して、改めて酷い体質だったと。
原発作業員なんか「使い捨て」ですもん。悪魔ですよ。
彼らがいなければ、原発の運営が成り立たないのに…(;o;)

■Ol'53
「原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~」
時間作ってみたいと思います。
東電は、もう止めて欲しい。国営にするべきだと思うけど
そんなに簡単にはいかないのかな?テロ対策のためにも。

■SHIN
クリーンで安全は、完全に嘘だとわかりましたね。
山本太郎さんの話も酷いですよね。
彼には、正義を感じました。政治家に、こゆ人いますか?

■ミモサク
この映像凄いよね…悲しくて仕方なかった…。
最先端技術の、良い所しか、国民に見せてないですからね。
彼らは、影の英雄だと思ってます。
亡くなっていった方達に、感謝の気持ちでいっぱいです。

■charlie432
お金の力で、弱い人たちを、まるで虫けらのように
使って来た、東電は許せません!!他の電力会社も
世界中でも、このような事が行われていると思うと、胸が痛みます。
2011/06/01(水) 12:29:55 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。