放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LOCANDA DELLE FATE / HOMO HOMINI LUPUS '99
2006年03月04日 (土) | 編集 |
locanda

今日は、私が1番美しいと思った『妖精』のジャケを紹介しようと思って、
彼らのことを検索してて、思わぬ記事を発見したのである!!

なんと!!再結成してたのね!驚きだっ!!
かなり、好レヴューしてるサイトと、「妖精」(写真左)を期待してると
裏切られるというサイトと、まちまちである。

あ~買いたいよぉ~。
聴いた人いますか?意見聴きたいなぁ…。
----------------------------------------------------------
 ピエモンテ州出身のロカンダ・デッレ・ファーテは、イタリアだけでなく世界的にプログレッシヴ・ロックが衰退した1977年に結成され、ヴァンゲリスの弟のニコ・パパサナシューのプロデュースのもとファースト・アルバム『妖精』を発表しました。ツイン・ギターとツイン・キーボードが織り成すアルバムの完成度はとても言葉ではあらわせないほどのもので、その哀愁のメロディーと相まってイタリアン・ロックの基本とまで言われています。翌78年には若干ポップになったシングル「ニュー・ヨーク」を発表しますが、その時点でキーボードのオスカル・マッゾーリオとヴォーカルのレオナルド・サッソが抜けて5人組となっています。その後80年にラ・ロカンダ名義で「ANNALISA」なるシングルを1枚発表していますが、メンバーはミケーレ・コスタ(キーボード)、エツィオ・ヴェヴェイ(ギター)、ルチアーノ・ボエロ(ベース)が中心となっており、リーダーでギタリストだったアルベルト・ガヴィーリオはソロ活動に入り81年にアルバム『QUALCOSA RESTERA'』を発表しています。 さて、昨今の再結成ブームにあやかって再編された新生ロカンダ・デッレ・ファーテですが、聴いてびっくり、ファーストをしのぐ勢いを持った最高の仕上がりになっています。メンバーはアルベルトとエツィオのツイン・ギターに、オスカル・マッゾーリオが返り咲き、ルチアーノとジョルジョ・ガルディーノ(ドラム)といったオリジナル・ロカンダ・デッレ・ファーテの7人のうちなんと5人が集結、タイムラグを感じさせない息の合った演奏を聴くことが出来ます。90年代という時代性とメンバーの年齢がかもし出す無理のないアコースティックなサウンドに、サンレモ・ポップスに通じるメロディアスな曲調は「なごみ系プログレ」として新しいジャンルを確立しそうです。イエスやジェネシスの影響下にあるサウンドには間違いないのですが、田園風景を想像してしまうほどゆったりと時が過ぎて行く音楽です。生真面目なプログレ・ポップスに、私は完全にはまってしまいました。

参照サイト


コメント
この記事へのコメント
変更してください。
Tommyさん、山口県THUNDER and RAINのbbです。

私のサイトのアドレスを、http://thunderandrain.heavy.jp/ に変更してください。

これからも宜しくお願いします。

取り敢えずご連絡まで。
2006/03/04(土) 03:42:19 | URL | bb #-[ 編集]
お久しぶりです!お元気ですか?(^。^)丿
早々、貼り替えました!!
これからも、よろしくお願いします!!
2006/03/04(土) 09:23:01 | URL | Tommy #-[ 編集]
どなたか情報求む…(; ;)
2006/03/05(日) 13:19:19 | URL | Tommy #-[ 編集]
以前。
ライヴのCDが出回っていましたね。
オフィシャルなのかブートなのか判りませんが。
1stからの選曲でしたが、肝心の1曲目だけ入ってませんでした・・・。
2006/03/05(日) 21:11:51 | URL | Roku #fKZHncy6[ 編集]
ていうか、ロカンダの再結成作、以前紹介しませんでしたっけ?
かなり前に教えたと思うので、忘れたかな?
「妖精」を期待すると裏切られるって、ワシも言ったな。
買うなら、普通のイタリアンロックとして聴くべし。
「妖精」を差し引いて考えれば、結構聴けると思うのだが・・・?
2006/03/06(月) 12:15:30 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
■Roku
ライヴのCDなんてのもあるんだ…。
Rokuさんは、買ったの?
再結成アルバムは、買ってないのね?

■ジェネスシ
そういう、回答が1番怖かったりします!(大汗)
週ジェネで紹介してたものも、忘れるくらいだからね…。
面目ねぇ…m(_ _)m

ジェネスシさんは、このアルバム買ったのね?
んん…見つけたら買ってみようかな?
やはり自分で確かめなくてはいけないわね…なんでもね。
2006/03/06(月) 17:16:17 | URL | Tommy #-[ 編集]
ロカンダ・デッレ・ファーテは現在は3作出ていますね(ワシの知る限り)。

1.妖精(+2)
※言わずと知れた唯一作。紙鮭ではアルバム発表後のシングル2曲をボートラ収録。
2.ニンフの戯れ
※Rokuさんのおっしゃるライヴ盤。1曲目がないが、未発表曲が1曲収録されているので、
 痛し痒しというところか?
 演奏はオリジナルとほとんど大差なし。
3.妖精の帰還
※再結成作。旧メンバー7人の内、3人までが
 正式メンバーで、なぜかオリジナルメンバーの
 リズム陣2人がゲスト扱いという変なアルバム。
 妖精でのシンフォニックな部分を期待しては
 いけない。歌詞が結構ヘヴィで、シリアス。
 イタリアン・ハードロックとまでは行かないが、
 普通のイタリアンロックとして聴く分には充分
 聴けるアルバムではないかと思う。
 このアルバムを酷評している人って、大体「妖精」
 を期待しているんだよねぇ~・・・。
 気持ちは分からなくもないけど。

あと他に音源出ていたら誰か教えてください(例えば、いつの間にか最新オリジナルアルバムを出していたとか)。
2006/03/06(月) 18:39:51 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
へぇ~。
「妖精」を期待しないで、聴けば、結構素晴らしい
出来栄えなのではと、予想してます。

よっし~気合1発!!
お金のある時に、Getするどぉ~~~~~~!

って、そんな時は、あるんでせうか?(笑)

セバスチャン・ハーディーも、そうだけど、「傑作」出したバンドって、あとが大変ね…。
だから、1発屋が多いんだと思うな…ねっ?v-73
2006/03/06(月) 21:39:55 | URL | Tommy #-[ 編集]
ロカンダは時期が悪かったんですよ。
1975年を頂点としてプログレが徐々に次世代の
パンクだのメタルだのに取って代わられてしまった
から、その時期にいくら傑作を出しても、時代遅れ
とみなされていたきらいがありますね。
老舗はほとんど音楽性変えたか、解散したし。
でも70年代後半って、探すと結構プログレの
傑作ってあるんだよね。
日本を別にすると、イングランドの「ガーデン・シェッド」とか、
ジャン・ピエール・アラルサンのソロとかこの時期
に出ているし。
UKもこの時期に出てきて、結局コケたし。
もっともロカンダは、スポックス・ビアードみたいに、
優秀なスタジオミュージシャン7人の大所帯で、
まとまるのが大変そうだから、「妖精」発表後に
7人編成が崩れるのも仕方がないのかも知れない。長続きはしなかったでしょうね。
2006/03/07(火) 12:20:50 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
私も
再結成盤聴いた事ないんですよ。以前の私のブログでは概ね好意的なコメントが多かったように記憶しています。

どこかで出会ったら買うことにしています。
2006/03/07(火) 17:57:59 | URL | francofrehley #mQop/nM.[ 編集]
セバスチャン・・・やろうかとおもったんだけど・・・(笑)
ロカンダは、LPで買いました。
ジャケが、ほんとムード満点。音の方も、好きです。近年のものも、確か友人が持っていて、MDであると思うけど、確かに印象薄いな~
2006/03/07(火) 20:22:00 | URL | evergreen #-[ 編集]
■ジェネスシ
時代って憎らしいよね…馬鹿野郎だよね!
本当の素晴らしい作品ってのは、時代に左右される
べきではないと思うんだけど…厳しいね!世間ってさ。

音楽性を変えるのは、1番嫌!だったら解散しろだ!
UKも、とても良い作品出したと思うよ!俺は好き♪

とにかく、再結成の音源もトライしなくてはね!(^。^)丿

■francofrehley
おお!心強いコメントありがとう!!
お互いに聴いて、レヴューしような!!
その時は、TBするよ!(^。^)丿

■evergreen
セバスチャンやって!やって!
反応するのら!!(=~o~=)

1番始めに聴いた音って、脳裏に焼きつくから
その後のは、どうしても印象薄いよね…。
2006/03/08(水) 21:58:01 | URL | Tommy #-[ 編集]
シングルもなかなかよいですね
シングル(と言ってもCDだと1st+2に収録)の曲がアルバムとはまた違った歌もののよい曲だと思います。ライブ盤も再結成も持ってたような・・・探して聞いてみます。
2006/03/11(土) 23:42:51 | URL | waruinekotanme2005 #-[ 編集]
1stとは違って、これもまた素敵なジャケですね。
とても欲しい!!欲し過ぎる!v-238
2006/03/12(日) 18:22:05 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、人の出入りが激しい。まあ、転勤やらで人がいなくなって、やれまた新人くんがやってきて・・・うちの売り場にも今日から1人。ファミレスの店長をやってたらしい。・・・・店長??え?どういうことですか?まあ、そういう変り種もおもしろいといえばおもしろいかもね
2006/10/17(火) 09:52:37 | Trapo de la eternidad
LOCANDA DELLE FATE"Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu"1977年        あたたかくなると        解けてゆくものがある        冬の間降り積もった雪        そして        あなたが凝りに固めた        
2007/02/26(月) 23:23:42 | Iron Rosary
Locanda Delle Fate - Forse Le Lucciole Non Si (1977) Homo homini lupus  日本に於いて人気の高いプログレッシブバンド…というかイタリアンロックバンドと...
2010/08/16(月) 21:02:25 | ロック好きの行き着く先は…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。