放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE EXTREMIST-極-/Joe Satriani '92
2006年03月28日 (火) | 編集 |
joe satriani

俺は、彼を、こう呼ぶ!

サトちゃん!
メトちゃんと似てるから間違えるなよ!(爆)

思い起せば、生リッチーに会えると言う事で行ったDEEP PURPLE1993.12.6武道館公演!!
その時買ったパンフを観て唖然となる。
その内容は、こんな感じだ!!
-----------------------------------------------
屈指のギタリスト、ジョー・サトリアーニ

ニューヨークのロング・アイランド出身の敏腕ギタリスト。
70年代後半、カリフォルニアのバークレーでギター教室を開き、教える
かたわら、セッションギタリストとして活躍する。
1985年にソロ・デヴュー・アルバム『NOT OF THIS EARTH』を発表。
87年には、ギター史に残る名作『サーフィン・ウィズ・ジ・エイリアン』を発表し、
ギター・キッズから注目を浴びる。
88年ミック・ジャガーのツアーで初来日。90年9月には、ソロ・ツアーで
再上陸、今回のディープ・パープルツアーが、日本での3度目の演奏となる。
最新作は、11月に発表されたばかりの『タイム・マシーン』。
スティーヴ・ヴァイを筆頭に若手ギタリストに多大な影響を与えた、
神業とも言えるギター・プレイが今回も存分に楽しめるはずだ。

リッチー・ブラックモア(G)がバンド脱退。
上記のメンバーで公演を行います。ご了承ください。
----------------------------------------------------------
これ読んだ時は、哀しくて眩暈すらしたんだよね。

しかし、演奏が始まると同時に、なんの迷いも吹っ飛んだんだ!
それ程、彼のプレーには、人をひきつける魅力があった。
リッチー脱退のニュースから、そんなに経ってないのに、これだけの
プレーを難なくやってのける。俺は、まさに神業と思った。

それから、すぐに、本作を購入した!!
んん…。全部のプレーが、凄いんだけど、特に4曲目『CRYIN'』これは、たまらない曲だぜ?
これだけ聴く為に買っても、絶対に損はないと思う。究極の名曲だ!!
俺は、そぉ思う…。

今のサトちゃんしか知らない人の為に言おう!!
彼は、ロン毛だったんだ!!(爆)
----------------------------------------------------------
スティーヴ・ヴァイやメタリカのカーク・ハメットも師匠と仰ぐスーパー・ギタリストの1992年、
4枚目のアルバム。前作で歌入りナンバーを加えたのに 対し全曲をインストゥルメンタルで
固めた本作では、アップテンポの超絶バカテク・チューンに加え、フォークやブルースを
取り入れるなど、幅広い表現スタ イルを披露してくれている。ヴォーカルこそないものの、
歌ごころあふれるギターの持つ表現力は雄弁きわまりなく、ギター・キッズのみならず
幅広いリスナ ー層にアピールする作品に仕上げている。タイトル通りギターを“極めた”
アルバムだ。(山崎智之)

コメント
この記事へのコメント
サトリアーニが注目されはじめた頃が、いちばんこの手のギタリスト聴いてました。スチュワート・ハムのアルバムで凄いソロ弾くひといるな~、と思ってたら、いつのまにかハム先生がサトリアーニの右腕と呼ばれるよーになっていた!
このアルバムも大好きですよ~。
ミック・ジャガーのツアーの時には、「ギター上手すぎて合わない。」なんていう人もいましたね。
僕には学生時代の思い出がつまってて、なんか懐かしいギタリストです・・・。
2006/03/29(水) 00:40:49 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
これは!
サトリアーニを初めて観たのはミック・ジャガーの来日公演でした。
確かソロコーナーで「MIDNIGHT」やったのですが、しらけてたなぁ(怒)
新譜もうすぐか(もう出た?)、エリックジョンソンとツアーなんだよね!観てぇー!
2006/03/29(水) 01:37:04 | URL | 時差のよろけ牛 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/29(水) 13:09:57 | | #[ 編集]
■sherbet24
スチュワート・ハム?ん?誰?(@@)
ミックのソロツアー自体知らないからね…。
確かに、技術も大切な要素だけど、それだけでない
何かがあると、彼を観てて、そぉ思いますね。

■時差のよろけ牛
俺は、今まで、海外に行った事がないので「時差」が
どんなもんかわからない…頭痛とかがするわけ?ポ~っとしてるん?

ミックのソロツアーなんて知らなかったよぉ~。
てか、ストーンズも、実は殆どわがんね!!
キースと、ロンがわからないくらいだからね!(爆)

G3じゃなくて?いつ?
2006/03/29(水) 21:48:30 | URL | Tommy #-[ 編集]
スチュワート・ハムは当時、ビリー・シーンと並んで人気のあったベーシストでそのバカテクぶりには正直圧倒されました。ビリーがガンガンのハードロックなのに対して、ハムはややフュージョンよりのプレイスタイルなので、サトリアーニやスティーヴ・ヴァイのバックを長らくなさっていました。
4弦にこだわっていて、多弦ベースを使用しないで物凄い表現をするのでそのテクニックは尋常でないです。その後くらいに、ランディー・コーヴェンとかが世にでましたよ!
2006/04/04(火) 00:56:02 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
へぇ~。
その人、ずっと1人で活動してるの?
何か、バンドに加入してたこととかあるの?

ごめんなさいね。なんにも知らなくて…(>o<)
2006/04/04(火) 21:54:08 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。