放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DREAMING NEON BLACK/NEVERMORE'99
2006年06月18日 (日) | 編集 |
Dreaming Neon Black

残念ながら当選者なしです!m(_ _)m

彼らの作品は、本作と『Dead Heart in a Dead World』しか聴いた事なかったりする。
常に気になる存在であったのに、後回しになっていたBANDなのだ。
久々に、取り出した本作を再び聴いて、彼らの作品は全制覇するだけの
価値があると思った。

ネットでは、『THIS GODLESS ENDEAVOR 』の評価が非常に高い。
でも、やはり自分の耳で確かめない事には仕方あるめぇ?
も~気になったら走らないと気が済まない性格!(笑)

こちらによれば
"まさにへヴィメタルとは如何なる音かを表している" - Kerrang誌
"究極のへヴィメタルバンド"と言われているのが彼等である。

しかしながら、日本での知名度は低いのである。

日本人なら季節の移り変わりとか風情溢れるものが好きだと思うんだ。
花が咲き誇る春があり、太陽がジリジリ照り付ける夏があり、
枯葉散る寂しげな秋があり、雪があたり1面を銀世界に変える冬がある。

彼らの音は、まさに、それだと思うわけだ!!

○○タイプのBandと形容しがたいBANDでもある。
一音聴いただけで、彼等だとわかるくらい個性的な音を出すんだ。
ヤヴァイ!ヤヴァイと今まで何度と無く書いて来たけど、今回は

強烈にヤヴァイ!!(笑)

彼らのアルバムの中でも、本作は、コンセプトモノらしいけど、
ライナーはユナイの横さんですけど(かなり面白いです!)
コンセプトの内容については歌われていなかったりする。
とあるサイトによると壊れゆく世界を個人の視点から描き出す内容らしい

本作2曲目『Beyond Within』ライヴ・バージョンを、どーぞ!(^O^)/

しかし、演奏メチャメチャ巧いなぁ…。
Voさんの声も抑揚タップリだし、なんだ?このギター!!?
マイケル・アモットが絶賛するわけだ!!
ドラムも俺の好きなタイプだ!!
彼等をひと目だけでも観たい…。
それには、やはりアルバムをみんなが買わないと!!・゚・(/o\)・゚・

現代的なメタルの最先端を行く冷淡的でモダンなエクストリーム・
ヘヴィメタルサウンドが特徴。時折スラッシュメタルやデスメタル的な側面も持つ。
特筆すべきは、ウォーレルの狂気じみたボーカルと縦横無尽に弾きまくる
ジェフのギターであろう。

アーク・エネミーのマイケル・アモットらが影響されたことを度々公言しており、
現代のヘヴィメタルバンドに多大な影響を与えていると思われる。

アメリカやヨーロッパのヘヴィメタルシーンに於いては相当な人気があるものの、
日本ではモダンなヘヴィネスを強調するサウンドを敬遠する傾向があるのか、
人気は今一つである。

サードアルバム。ギタリストを元FORBIDDENのTim Calvertに変えて制作された。
壊れゆく世界を個人の視点から描き出すコンセプトアルバム。
メタリックな音像とソリッドなギターリフが絡み合い情念を感じさせる浮遊感ある
ヴォーカルが暗く重い世界を産み出している。

レヴューサイト
日本ファンサイト
オフィシャル

コメント
この記事へのコメント
最高のリフメイカー
 NEVERMOREの前身であるSANCTUARY時代から好きです。
 彼らは最高のリフメイカーであり、フックのある曲を書いています。NEVERMOREとツアーを回ったマイケル・アモットは「ねじれたメロディの金塊」と表現しましたが、その通りだと思います。
 SANCTUARY時代にデイブ・ムステインがプロデュースしたというのもうなずけます。
 自分の音を持っているバンドは違いますね。
2006/06/18(日) 16:53:57 | URL | メトちゃん #3fP8K/.I[ 編集]
こんばんは。TBありがとうございました。
メトちゃんさんが上でおっしゃっていますが、私もSANCTUARY時代からのファンでした。当時からかなりヤヴァかったです(爆)
メタルファンで彼らを聴いたことのない人はそれだけで損してる・・・と勝手に思ってます(笑)
個人的には最新作が傑作と思いますが、彼らのアルバムに外れは一切ないと思います。
2006/06/18(日) 20:55:14 | URL | ファラン #-[ 編集]
■メトちゃん
メトちゃんも全制覇目指して頑張ってね!(^O^)/
SANCTUARYも、持ってるはずなんだけど、どこ行った?(^。^;)

NEVERMORE『THIS GODLESS ENDEAVOR 』は、かなり
評価が高かったので、日本に来日する可能性を、期待してた
人も少なくないらしいんだけど、来ないね…。・・・(+_;)
こんなBANDが知名度低いなんて、日本もダメダメだよね?

■ファラン
ヤヴァイっすよ!!彼等!!
確かに、癖が強いけど、それだけ個性的って事だからね。
最新作買って来たよ~~~~~~!
も~楽しみで!楽しみでね!(^O^)/

全部揃えるぞぉぉぉぉ♪
これからも応援しましょうね!!!
2006/06/19(月) 21:30:51 | URL | Tommy #-[ 編集]
ビデオ見ました。こいつは一発買ってみま~す。
最新作の方がさらにいいのでしょうか?
2006/06/20(火) 05:37:05 | URL | amarcy_loud #d/CpiV46[ 編集]
マイケル・アモットも、ここのギターには
負けてるかもしれないよ!v-42
何しろ凄いんだ!!

最新作、今聴き込みしてるけど、

真っ青…。
2006/06/21(水) 14:42:04 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ARCH ENEMYのマイケル・アモットも賞賛する、ダークでメランコリックな要素を持つエクストリーム・メタル・バンド、NEVERMORE。リフに対する異様なこだわりを見せた前作。そのリフはとことんHeavy & Twisted。デイヴ・ムスティンの高みに到達したかと思われるほど、常人に
2006/06/18(日) 20:49:24 | My Hobby ファラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。