放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


森山良子に心救われる日々…
2006年06月29日 (木) | 編集 |
moriyama

通勤で、レヴュー用の音楽は聴くものの、休日も、それ以外も
俺は、今、森山良子!!オンリー(笑)

随分前に、生協で買った2枚組だっ!!!
きっかけは、ラジオだった。
『死んだ男の残したものは』これ聴いた時、一瞬固まったよ。
メチャメチャ暗い歌なのよ…。
作詞…谷川俊太郎 作曲…武満 徹
しかしながら、か~なり深いんだよね…この歌!!

谷川俊太郎は、詩人であるけど、「なんでもおまんこ」という詩。
「なんでもおまんこ」
なんでもおまんこなんだよ/あっちに見えてるうぶ毛の生えた丘だってそうだよ/やれたらやりてえんだよ/おれ空に背がとどくほどでっかくなれねえかな/すっぱだかの巨人だよ/でもそうなったら空とやっちゃうかもしれねえな/空だって色っぽいよお/晴れてたって曇ってたってぞくぞくするぜ/空なんか抱いたらおれすぐいっちゃうよ/どうにかしてくれよ/そこに咲いてるその花とだってやりてえよ/形があれに似てるなんてそんなせこい話じゃねえよ/花ん中へ入っていきたくってしょうがねえよ/あれだけ入れるんじゃねえよお/ちっこくなってからだごとぐりぐり入っていくんだよお/どこ行くと思う?/わかるはずねえだろそんなこと/蜂がうらやましいよお/ああたまんねえ/風が吹いてくるよお/風とはもうやってるも同然だよ/頼みもしないのにさわってくるんだ/そよそよそよそようまいんだよさわりかたが/女なんかめじゃねえよお/ああもう毛が立っちゃう/どうしてくれるんだよお/おれのからだ/おれの気持ち/溶けてなくなっちゃいそうだよ/おれ地面掘るよ/土の匂いだよ/水もじゅくじゅく湧いてくるよ/おれに土かけてくれよお/草も葉っぱも虫もいっしょくたによお/でもこれじゃまるで死んだみたいだなあ/笑っちゃうよ/おれ死にてえのかなあ

実は、俺、凄く深い詩だと思ったね。
武満 徹は、現代音楽で、世界的に有名な作曲家

んで、この曲だけを聴きたくて買ったわけだが、選曲が非常に良い!!
彼女のベストセレクションは、もとより、色々なカバーやってるのね。

・思い出のグリーングラス
・悲しき天使
・小さな日記
・風
・悲しくてやりきれない
・サニー(この、サニー絶品よ!!)
・スカボロ・フェア
・夢のカリフォルニア
・オーブル街
・山羊にひかれて
・フランシーヌの場合
・ラスト・ワルツなどなど!!

極めつけは、私の大好きな、山上路夫、村井邦彦コンビの「恋人」
あ~~~~~~このアルバムを聴いてる時は至福の時なんだ…。

色々な音楽が、世の中に充満して、そいで、色々聴いているけど
結局「帰って来るべき場所」ってあるんだなぁ~。

んん…そんなアルバムだよ!俺にとって。

オフィシャル
森山良子に詳しいサイト
「日本のジョーン・バエズ」としてデヴューした話とか面白いよ。

コメント
この記事へのコメント
反応無いな…。
やっぱり「なんでもおまんこ」がいけなかったか…。

なんでも~~~~~~!

お!まんこ~~~~~~!おおおお~~~~~~!

ま、ま、ま~~~~~~!バタ!倒れる。
2006/06/29(木) 23:09:25 | URL | Tommy #-[ 編集]
こんばんは!
あれなんででしょうね!
あの素晴らしい詩(なんでもおまんこ)をちょこっとのっけたほうがよかったんだろうかね!私は、風がそよそよって吹く時 う~ん幸せなんて思うよ・・・
そんな気持ちをもっエロティックに表現したら,あんなに素敵になるんだね!
お花にもぐってゆく感覚・・・存在の意味みたいなヒローィ詩だよね!
森山良子さんは、私の身近な人が好きだったので、よく聞いていますよ。
帰って来るべきところに帰る・・・深い意味合いですね
2006/06/29(木) 23:32:27 | URL | evergreen #-[ 編集]
のっけたよ。
でも、ダメだね…。
俺は、この詩読んだ時、仰天するくらい感動したけどな…。

しかも、森山良子の歌声は、本当に良いのに…。
俺、ちょっと、ショック…寝込みます。。
2006/06/30(金) 07:29:52 | URL | Tommy #-[ 編集]
よしよし・・・
あのね・・・みんなにぶいから・・・
内容がヘヴィーすぎるんだな~~
2006/06/30(金) 08:59:41 | URL | evergreen #-[ 編集]
結局全ての男は(女もだけど)そこから生まれてくるんだもん。
ある意味全てはそこなんじゃないかしら・・・・
だから回帰したくなるのね・・・・
2006/06/30(金) 17:38:38 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
P.Sでもさすがに私は「そこ」としか言えないわ~
2006/06/30(金) 17:40:15 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
P.Sそれ、森山良子さん歌ってるの?
2006/06/30(金) 17:42:29 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
■evergreen
にぶいね…。
内容は、自然回帰…。

■瑠璃
「おまんこ」と表現してるけど、意味は、たぶん
「気持ちの良いこと」かな?

彼は、世の中にある全ての中でも、それを
感じることができると書いているんだと思う。

瑠璃さんは、ここに反応してくれると思ってたけど?

花ん中へ入っていきたくってしょうがねえよ/あれだけ入れるんじゃねえよお/
ちっこくなってからだごとぐりぐり入っていくんだよお/どこ行くと思う?/
わかるはずねえだろそんなこと/蜂がうらやましいよお

自分は、蜂になって花の中へ入って行きたい…。
凄くないですか?この表現って?

最後は、自分も土の中に入り、土になりたい。
地球の還りたいという願望に感じ取れたんだけど?

姉ちゃんは、ど~感じた?

「なんでもおまんこ」をクリックしてもらうと、谷川さんの
対談が出て来るの。その中の詩を、ピックアップして
載せたから、これは、森山良子とは、まったく関係ないのね…(^。^ゞ

「そこ」「それ」って、表現俺は嫌いなんだ!
ちゃんとした名称があるのに、失礼だと思うんだよね…。?

フランス人は、「おまんこ」と言う表現を、何百も持ってるの。
その辺の意識の違いを感じてしまうんだな…。
2006/06/30(金) 19:46:16 | URL | Tommy #-[ 編集]
この言葉に引き寄せられて、リンク先でもないのに過剰に反応してしまったぷくちゃんです。

でもね男にとってはそうやすやすとは使えない言葉ですよ。永遠の謎だもの?自分についていないからどこがどうなっているかも詳しくはわからないし・・・・

でも谷川、すごいね。ここまで突き抜けてしまえる。

>ああもう毛が立っちゃう

この表現が詩人です。ただのエロ男になっていません。
2006/06/30(金) 20:56:15 | URL | ぷくちゃん #-[ 編集]
フランスにはたくさんの表現があるから自分の感性に合うものをチョイスできるじゃない。私、使いたくない言葉は使わないわ~
2006/06/30(金) 21:02:17 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
私はね、空気も、お花も、土もみ~んなこうして自分の肌で感じられる、そして、自分と交わっちゃって境界線がなくなる、ああ何て気持ちいいんだろ=、で一番気持ちいい表現をしたいが為になんでもおまんこ・・・てつけたんでしょ?・・・って思うよ。
で、最後土に返ってゆく・・・そこまで一気に突っ走ってみて、ふと気がつくと、自分て人間ジャン!て思い出したわけ・・・だから、え?死にたいのかア?になっちゃうわけ・・・
生きることは限りなく死に向かうことと決まっているからね!
2006/06/30(金) 21:21:55 | URL | evergreen #-[ 編集]
■ぶくちゃん
リンク貼ります!ええ!貼らせていただきますとも!!
だって、谷川の素晴らしさに着目してくれた稀有な存在だもの!(^。^)丿

こんな言葉をサラリと言える人こそ、真の意味で人生知ってる人だと
俺は思うわけ。

汚い言葉、汚いもの、という偏見が、まったく無いでしょ?
だって、汚くないもん!!おかしいよ?

「おまんこ」言えないと思ってる人こそ、変にエロを意識してる。
俺は、そ~思うな…。

やはり、ヒロトは偉大だ!!「おまんこ」万歳!(^。^)丿

■瑠璃
使いたくない言葉を使えとは、強要しないよ~。

でも、瑠璃さん、この詩から、何も感じなかった?

■evergreen
苦労した人間、自立した人間には、谷川の詩が見えるのかもしれないね。
表面しか見ない人がいるのもこの世の中だし、深部をも、追求する人が
いるのも、この世の中なんだよね。

姉ちゃんが、何のためらいもなく「おまんこ」と書いてくれて
俺は非常に嬉しいし、姉ちゃんの愛を感じる事ができる。

谷川は、生きること、死ぬ事を同時に、この短い詩の中で
驚い表現力で書いてくれてると思います。
2006/06/30(金) 22:04:32 | URL | Tommy #-[ 編集]
もちろん感じたわよ~
谷川俊太郎の詩集はもってるし・・・・

感動するって言うのは脳のリカバーなんだって、ものすごく傷ついたときにリカバーしようと思う力が創造なんだって・・・・

だから私、お花も歌もある意味極められないと思ってるし、自分にとっては人とつながる為のツールで、明日は他の事やってても不思議じゃない、自分の中では永遠の素人って感じ・・・・
感動の大きさもその人の経験値によるし、あ~素敵と思う人もいるし泣くほど感じる人もいるし・・・・
私は生きること死ぬことに真剣に向かい合ったことがないと言えば言えるからな~
2006/07/01(土) 07:40:03 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
あ~それから、私にとってはエロは、はっきり言わないから、見せないからエロティック、汚い言葉とか、汚いものと言う偏見はなく、それはある意味計算なの。見せちゃったらそこでおわり、だって「おまんこ」は「おまんこ」でそれでおしまいでしょう。
表紙を背中にしたのは「おっぱい」見せたら、想像する楽しみをひとつうばっちゃでしょう・・・・と思ったの。
だって毎週のように週刊誌で裸になってる女の子、私おっぱいは見ても顔覚えてないもん。
変に意識してるわけじゃなく、エッチにするために「意識」してるの。
谷川もそこに感動する人も私はすごく正直な人だと思います。

2006/07/01(土) 07:59:58 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
おまんこ談義
確かにあけっぴろげに「おまんこ!」と言われてもエロは感じませんね。この詩のおまんこが、我々が通常目にするおまんこでないのだけは確かです。おまんこ=神、自然といったところでしょうか。

とまあ、どうせそんなコメント求められてないので、Tommy用に歌っときます。

なんでもおちんこなんだよ、ソーセージだってそうだよ
おれ地面掘るよ、マツタケが出たよ、ホシガキはどうだ~♪
2006/07/01(土) 12:02:54 | URL | amarcy_loud #d/CpiV46[ 編集]
はっ!!さん付けするのを忘れました。すいません。先輩。
2006/07/01(土) 12:04:59 | URL | amarcy_loud #-[ 編集]
おまんこ=神、自然・・・っていうのが私は一番わかります。
ちょっと論点がずれちゃったことをお詫びです。
「なんでもおちんこなんだよ、・・・・」ごめんなさい、笑ってしまいました。
でもこっちのほうが私的には好きです☆
2006/07/01(土) 12:37:31 | URL | 名前入れてね☆ #-[ 編集]
↑ごめんなさい、名前忘れました、ちょっと後輩さんの歌に動揺してしまいました・・・・
2006/07/01(土) 12:40:02 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
■瑠璃
俺は、瑠璃さんの事、まだ良く知らないんだ。
だから、人生で、どれくらい色々な事を経験してきたのかもわからない。
でも、こうやって、音楽ではなく、繋がっていられるのには、やはり
なにか縁を感じてしまう私だったりします。
自分にないものを瑠璃さんは、たくさん持ってるしね。

「なんでもおちんこなんだよ、…」で笑う瑠璃さん可愛い♪

今日、面白い事が本に書いてあったわ。
日本人は、周りに合わせようとするんだって。
少しでも違うと、異端扱いされる。
でもね、海外じゃ「人と違って当たり前」なんだって。
なるほどなぁ~と思ったわ。

みんな、生きて来た道も、生まれも、みーんな違うんだから
合わせようとする方が無理があるもんね。

『鉄腕アトム』の作詞が、谷川だって知ってた?
『あしたのジョー』の作詞は、寺山修司。
友達から聞いて驚いちゃった!(笑)
谷川俊太郎親子の講演会に行ったんだって。
息子は、ジャズ系ミュージシャンなんだって。

■amarcy_loud
「おまんこ談義」に、おいでくださり光栄にごぢゃる♪

俺は、普段日常会話で「おまんこ」と家族で使っているので
何の違和感もないんですけど!(爆)

お!「おちんこ」で来たな!!(=~o~=)
あのさ、「おちんちん」とか「ちんぽ」って可愛い響きだよね~。
でも、「ペニス」って、グロくねぇっすか?わっははは!!

素敵な詩ありがとね!清涼剤になった★

で、ネバー・モアの新しいのは、来たかい?
2006/07/01(土) 23:32:51 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。