放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タナトノート/ベルナール・ヴェルベール著
2006年07月03日 (月) | 編集 |
tana

今日は、繁忙日…しかも残業…。
疲れて何か書く気力無し…。

昔、読んだ本で面白かったので紹介だけしたい!m(_ _)m
新聞の広告で観て、すぐに買ってカ~~~~~~っと読んだ!(爆)

凄いハードカバーでね、2600円もするんだけど、読み応え充分だし、
絵が綺麗だろ?神秘的でね!!
「タナトノート」とは、ギリシャ語の「タナトス」(死)と「ナウテス」(航行者)
の合成語であり、死後世界航行者と言う意味。

簡単に言えば、麻酔薬を投与して、一時的なこん睡状態を作り上げ
体外離脱させ、死後の地図を書いて行くというもの。
一応小説なんだけど、色々な神話や、医学的な事が、事細かく
書かれていて、そのうち「死後航行」は、現実になるのでは?
と思わせる驚くべき本だったね!!

生きてれば、必ず死ぬわけで、俺は、「死後の世界」に
非常に興味あるわけです!!

死を考える事は、生きる事を考える事だと思ってます。

もし、こゆ事に興味ある人は、手にとってみてね!!(^O^)/
詳しいサイト

コメント
この記事へのコメント
お初に書き込みさせていただきます。なんども拝見させていただいておりましたが、やっと、私にもコメントできそうな記事にめぐり合いました!!アー良かった!!
終末医療の第一人者と言われている、エリザベス・キューブラー・ロス博士は臨床医として「死ぬ瞬間」を取材し、臨死体験をたくさんの本に残しています。「人生は廻る輪のように」という本は、表紙に美しい青い蝶々の絵が描かれています。
これは死ぬことは、さなぎが蝶々になるようなものだという内容をあらわしているのですが、私んところのミュージカル劇団は、ファンタジー系なんですけれど、そういうスピリチュアルな世界を題材にしたような結構深いミュージカルなんです。Tommyさんにぜひ観ていただきたいです。 でもって、うちの作曲家はいい曲を作るので、ぜひぜひ音楽通のTommyさんに聞いていただきたいです。
試聴できます。http://www.musical.co.jp/music.html
あー、やっと書けて嬉しい!!
リンクさせていただいていいですか?
2006/07/03(月) 19:34:33 | URL | めいこ #-[ 編集]
死とはさなぎが蝶になるようなこと・・・・って子供の頃から思ってました。後、小学校で予防接種を受けるために並んでいるときも・・・・注射は大嫌い、でも必ず順番は来てチクッてすぐ次の瞬間を生きてる、死ぬって私の場合「じゃあお先にね~」って感じって・・・
昔からものを深く考えてるのか、考えてないのか・・・・
2006/07/04(火) 06:18:40 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
■めいこ
こちらでは、はじめまして!!(^O^)/
来てくれて嬉しいです。
私の所は、音楽、プロレス、エロが中心だから来にくかったっしょ?Σ(^o^;)

私の父親が子供の頃「臨死体験」してるんですよね。
で、その時、三途の川がある事は、本当なんだと知りました。
花が咲いてて、とても綺麗な場所だそうです。

んで…
実はぁ…。

俺、ミュージカル苦手なんですね…。。
テレビとかでしか観た事ないけど、なんか苦手なんです…。
でも、変な先入観は捨てて、そのうち観たいと思います。
生きてるうちに、色々経験しないとね!(^O^)/

「Thank You FireFighters」素敵な曲ですね。
めいこさんが歌っているの?

■瑠璃
さなぎが蝶になるって思ってたの?
俺は、自分で書いた詩に「さなぎは、思春期」ってのがあるんです!(笑)
大人になる為の準備って感じで捉えてましたね。

死ぬのは、怖いです。
私は、快楽主義だから、痛い、苦しいが怖いのね。
寝てる間に、楽になれたら良いなぁ~(笑)

尊厳死についても、マジに考えてますよ。俺。
2006/07/04(火) 11:47:33 | URL | Tommy #-[ 編集]
うわー、なんでわかったの!!
試聴できる曲の中で2曲くらいしか歌ってないのに!

「Thank You FireFighters」は私が歌ってます。
NYの消防署や911追悼コンサートでは英語で歌いました。
これ、テレビや新聞でずいぶん話題になったんですけど、記憶にないですか?この作品やるために、消防学校体験入学でロープ渡りしてるところを、NHKの6時のニュースで全国に流されたりしたんだ・・・。7メートルの高さで25メートル自力で綱渡りだよ・・・。ヘビーでした・・・。おかげで日米のマッチョな消防士さんたちと親しくなれました。
この曲をテーマ曲とするミュージカルは「ファイヤーマンの祈り」。
これ、甘ちょろくない内容ですよ。
大阪の近鉄劇場でやった時、桑名正博さんが出演してくれて渋い老消防士をやってくれたんです!(美勇士くんもゲスト出演。)
桑名さんって本当に歌うまいよねー!!
桑名さんの「月のあかり」は私の特別好きな曲でファンだったんです。そのうえ、すごーくいい人です。(下ネタ大好きみたいだったけど、私の前では、音楽や芝居のまじめな話してくれていたもん!)

2006/07/04(火) 16:38:46 | URL | めいこ #-[ 編集]
さなぎがと蝶になると言うより、地上をはってる醜い芋虫が、私たち人間で・・・それは必ず自由に空を飛びまわる蝶になるのは間違いないことで、だから肉体を失った(死んだときに)そうなるって、子供の癖に結構哲学者だね。
だから死について考えたことはほとんどなかったな、ホントに自分にとっては「お先に~」って感じ、むしろ「あ~自由になってすっきり!」みたいに思ってました・・・・
超(蝶!?)ノーテンキは生まれつき!
2006/07/04(火) 19:38:03 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
■めいこ
直感かな?
そんな気がしたけど、当たった~(^O^)/

NYでも、ミュージカルやったの?
記憶に無いんですね…新聞あまり読まないし…m(_ _)m

高所恐怖症のオイラにゃ無理だわ。
1000万円もらってもできないよぉ~~~~~~!
「ファイヤーマン」は命がけですからね…。
桑名正博さんも、息子の美勇士くんも出たなんて凄いね♪
「セクシャル・バイオレットNo.1」のレコードは持ってる!(笑)

めいこさんは、下ネタ嫌いですか?
俺、下ネタは、罪が無くて良いと思うけどな~。Σ(^o^;)

■瑠璃
子供の頃、俺は死ぬ事は、なんか暗い洞窟に閉じ込められるよーな
怖い印象ありましたね…瑠璃さんとは、大きな違いだっ!(笑)
あ、子供は、お腹の真ん中が、ポッコリ開いて出て来る思ってました!(爆)

ノー天気素敵です。
俺は、2年間に、目の前で、3人の臨終見てるから…。
2006/07/04(火) 22:27:37 | URL | Tommy #-[ 編集]
「エロス」「タナトス」、、、反意語だね。
さなぎと蝶の件、手塚治虫の「BUDDHA」にも書いてありました。非常に興味あります。
SEXは「エロス」、死は「タナトス」。表裏一体。
で、エクスタシーはいかに、、、?
2006/07/08(土) 00:17:13 | URL | シヴァ神 #-[ 編集]
庭に蝶が飛んで来ると「おばあちゃんかな?」とか
思うことあります。

会いたいと、違うものにカタチを変えて会いに来るんだよ。

人間が死ぬ時、脳を溶かすホルモンが大量に
分泌され、エクスタシーの中で臨終を迎えるという
話を、脳外科の看護婦から聞いた事あります。
2006/07/08(土) 11:31:29 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。