放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネバーランド
2006年07月13日 (木) | 編集 |
neverland

めいこさんお薦めの『ネバーランド』借りて来たぢょ~~~~~~!

あっ!ダスティン・ホフマンが出てるんだ…。
卒業、レインマン、アウト・ブレイク…良い役者だ…。

俺、子供の時「卒業」観た時、ミセス・ロビンソンは悪い女だって
思ってたけど、大人になって観ると、彼女の気持ちがわかりすぎて
逆に泣けて泣けて仕方なかったんですけど…。

時間作って観よぉ~~~~~~っと!(^O^)/

10時からNHKの「その時歴史が動いた 人はいつ誕生するのか
産婦人科医 荻野久作受胎期発見」を観ていた。

みんなご存知の「オギノ式」の人だよ!(笑)

「オギノ式」って、よく避妊法として使われているけど
実は、彼は激怒してたんだ!!
子宝に恵まれない人達に、「受胎可能の時期」を教えるべく、
自分達夫婦で、実験までして、日本では、まったく無視されて
ドイツ語勉強して、ドイツ語の論文書いて、なんの伝もない
ドイツに自力で行き、色々な人に説明しても受け入れてもらえなくて
一冊の本に、2行だけ紹介された程度だった。

じゃ、何が「オギノ式」をブレイクさせたのか?
それは、キリスト教だったんだって。キリスト教は、避妊、堕胎を
許されなかったから、これは、画期的だったから、直ぐに世界中に
広まったんだって。荻野先生は、死ぬまで、地元、新潟から離れず
「産声」を聞く事の素晴らしさに魅了され92歳の生涯を終えられた人だ。
この人は「熱意の塊」だ!感動したぜぇ~~~~~~!

1番驚いたのは、昭和初期には、排卵のメカニズムがわからなかった
事だ。でも、俺、古代人は知ってたよ~な気がする…(笑)

コメント
この記事へのコメント
『ネバーランド』借りて下さったのね~!!
わあ、Tommyさんの期待裏切ったらどうしようと、
私がドキドキしてきました~。
昨日は「カーズ」見てきました。
とても面白くて深くて・・・良かった!!

荻野さんの番組、チェックしてたんだけど見そびれました。
神(大自然)の法則に気づくってすごいことですよね。
再放送楽しみ~!
2006/07/13(木) 08:35:12 | URL | めいこ #-[ 編集]
めいこさん~~~~~~!
観たよぉ~~~~~~!
あのシルヴィアって、見た事あるなぁ~と思ったらさ
「タイタニック」の人だったんだね~Σ(^o^;)

ジョニー・ディップが最高に良かった。
俺が、シルヴィアだったら、押し倒してたね!きっと!(笑)

ピーターパンは、知ってるのに、物語の内容を知らないんだ…。
本当は、ピーターパンを読むべだったのかも…。
でも、実話って所が素敵だな。かなり脚色してるだろうけどね。

子供達と出合った公園が、ものすごぉ~く綺麗だった。
まるで、おとぎ話の世界みたいに、緑が目に焼きついた。

俺は、へそ曲がりだから、バリがなぜ、あんな女と結婚したのか?
とか考えちゃったよ。

ネバーランドは、誰もの心の中にあるファンタジーで
楽しい世界なのかもしれないね。

いつまでも、少年、少女の心を持ち続けていたいと思うし
そうしないと、見えないものってあると思うし、観客のお年寄り達も
物語を観てる時は、きっと、子供にかえってるんだろうね。

荻野さん、再放送あるんですか?
是非、観てくださいね!!

「華岡青洲の妻」を、昔テレビドラマで観ました。
現代の麻酔医学が発達した影には、多くの人の
血の滲むような努力と、犠牲があるんだなぁと。
それに近いものを感じました。
2006/07/13(木) 18:35:56 | URL | Tommy #-[ 編集]
Tommyさん!!観てくれてアリガト~~~~~~っ!!

私達もオリジナルミュージカルを作っているから、
現実で起こっていることと虚構の世界の関連がすごくよくわかる。

「ピーターパン」も、時間があれば、ぜひ読んでください。
ファンタジーは厳しい現実に支えられている夢の花です。

何か見えない力によって書かされることってあるんです。
この作品のために起こったのかと思うようなことが次々起こるし、
出来上がった作品を追うように、現実も変化していくの。
イメージと現実の関係。「マーフィーの法則」ですね。

_唐突ですが、三島由紀夫は、インドで白い牛に見つめられた時、本人の中で死ぬことが決まったんだと「暁の寺」を読んだとき思いました。_

イメージを形にする芸術は、刻々と世界を作っているし、
もしかしたら、何かを予告しているのかもしれませんね。

ところで、
うちの同窓会の大先輩に「華岡青洲の妻」がいらっしゃいます。
(華岡青洲さんには、同名の子孫がいるんです。)
とてもお優しい方です。
2006/07/14(金) 09:35:36 | URL | めいこ #-[ 編集]
実は、「ビバ・マリア」が好きです!
■めいこ
目がこんな事になっちゃったから、当分映画は
観られないかもぉ…・゚・(/o\)・゚・

「ファンタジーは厳しい現実に支えられている夢の花です」
素敵な言葉ですね。

私、新聞で読んだの。
「映画」「本」は厳しい現実から逃避する手段だって。
そぉ思うわ。

横尾さんは、絵筆持つと、何かの力に導かれて
自然に手が動くような事書いてあったような記憶があります。
やはり「啓示」みたいなものを受けてるみたいですね。

三島の死については、タブーな部分が多いけど
俺は、「切腹」にかなり憧れてたと思うんだ。
あとは、「死の美学」をかなり追求してた人だとも思う。

自殺は、許されるべき行為ではないけど、俺は
三島の死に関してだけは、別物と思ってます。

うちの同窓会?学校?
しかし、同名の子孫ってのも、なんか?(笑)
2006/07/17(月) 18:08:51 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。