放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢にまで見たGASTUNK
2006年11月02日 (木) | 編集 |
loft


ここや、ここでも記事を書いて来ました!!
俺は、完全なる後追いです。

やっと会える…

果たして、この世に戻ることができるか…。
SYNAPSEライヴで、身体中痛いよぉ~~~~~!
80年代初頭の東京3大ハードコア・バンドのひとつ、エクスキュートの核であった
BABY(b)/BAKI(vo)と、COMESを脱退したMATSUMURA(dr)、元DEAD COPSのTATSU(g)
により結成された超強力スーパー・グループ、ガスタンク。
83年にインディーズ・レーベル<ドグマ>より1stシングル「GASTUNK」、続けて
問答無用の傑作アルバム『DEAD SONG』を発表する。ハードコア・パンクの
スピード感/攻撃性にプラス、メタリックでテクニカルなギターが炸裂するサウンドは
当時のシーンにおいてズバ抜けており、それはスラッシュメタルの先駆けで
あったといえる。聴く者の魂を揺さぶるBAKIの情念のシャウト。時にハードに切り込み、
時に流麗な旋律を描くTATSUの類稀なるギター・ワーク。
そして、BABYのグルーヴィン・ベースとMATSUMURAのパワフル・ドラミング。
――ガスタンクの"Heartful Melody"は一瞬にしてオーディエンスの心を捕えた。
そして人気/実力共に頂点を迎えた87年、ドラマーをPAZZにチェンジし、
『UNDER THE SUN』でメジャー進出。
翌88年には、L.A.録音による『MOTHER』、ミニ・アルバム『MIDNIGHT RAIN』
(この時期、バンド名を"GASTUNK"から"GASTANK"に改める)と、ハードロック色を強めた
スケールの大きい作風を展開していく。しかし、それは"早過ぎたヘヴィ・ロック"と言える
かもしれない。――時代が彼らに追いつけぬなか、BABYが脱退を表明。
88年12月・渋谷公会堂での3部構成、3時間に及ぶ解散ライヴ(この模様はアルバム
『THE END』に凝縮されている)をもって、活動に終止符が打たれた。
世紀末の99年に、一度だけ復活。往年と変わらぬテンションの高いステージングで、
かつての、そして次世代のファンをも魅了した。

オフィシャル
コメント
この記事へのコメント
しかし、こんな凄いBANDを知らない人がいることが
1番悲しいな…。
2006/11/05(日) 11:02:37 | URL | Tommy #-[ 編集]
おぉ~行ったんだ?
自分もその場にいました~~。このライブ超感動!やっぱりかっこよいっ!と半年以上も経ってから書くな??
2007/08/24(金) 20:30:56 | URL | フレ #-[ 編集]
うわ~フレさんが好きだったなんて知らなかったよ~
嬉しいよ~さすがだよ~!!(笑)

2007/08/25(土) 11:36:00 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 自分の好きな日本のバンド群の中では多分五本の指に入るのは確実なんだが、それがまさかインディーズのバンドになるとは本人も思ってなかったんだが、ロックを聴き始めて20年以上の月日が流れた中、実に多種多様のロッ
2007/08/24(金) 20:29:36 | ロック好きの行き着く先は…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。