放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


乱-ライブVOL.3/美狂乱'93
2006年12月03日 (日) | 編集 |
sky2須磨邦雄-----GUITARS、VOCALS
白鳥正英-----BASS
長沢正昭-----DRUMS

収録曲

・狂パート1
・警告
・組曲「乱」
・二重人格
1983年大阪バーボン・ハウスでのライブ録音。

俺は、ここ数日、彼等のこのアルバムにやられてしまっている…。
このアルバムを一言で表現するなら殺人的鳥肌もの!

以前こちらで紹介してから「風魔」「まどろみ」を
聴いていたが、このアルバムは、俺の度肝を抜いた!!

俺は、彼等について何も知らないも同然なので、いつものように
ネット検索に当たったものの、レヴューしてるサイトが見当たらないのだ!!

んな馬鹿な!!これは、超名盤ではないか??

海外のマニア盤漁るのも良いけど、これだけは聴いてください!m(_ _)m
特に、日本に冷たい海外至上主義の皆さん!!(このブログで何回も力説してることですが)
灯台元暗し!自分の身の回りに、こんなスゲェ音源があるのに見落としてませんか?
聴くのも聴かないのも、その人の自由ではあるけど、俺は、このアルバムに出会えて
本当に良かった…。。しみじみ…。

それにしても、ライヴ音源というものはナマモノだなぁと思うよね。
音が生きてる。同じ演奏は2度とできない。
彼等のサイトでの解説を読んでいると、演奏は、100%ミスがなかった
わけじゃなく、かなりミスはあったようだ!
ライヴの後は、大抵反省があるものだが、このライヴに関しては
誰も、それを感じなかったと言うんだから、これは奇跡のライヴだろう!

クリムゾンのコピーから始まった彼らだが、その後、彼ら特有の
オリジナリティーを確立してしまった。
俺は、クリムゾンより好きかもしれない!(笑)
話は余談になるけど、マイミクさんのサイトでかなり興味深い記事が書かれていた。
メイデン・マニアのトッペさんという、スウェーデン人の話。
既にメイデンの北米ツアーを全部観てきて、
今回の日本ツアーも勿論全部観て、そのまま欧州も全部観る。
(日本にも強力なメイデン・マニアSさんがいますね。彼もトッペさんと、欧州行きました)

彼曰く、
音源は彼らがリアイアしてからでも集めることは出来る。
でも彼らのライブはリタイアしたら観れないから、見れるうちは全部観たい。


そこに、我がJさんのコメントが入る!(これが凄い!)

素晴らしい。
音源やレア盤集めに無駄な金と労力を使って、
ライヴに来ない連中に聞かせたい言葉だな。

これは、自分への戒めでもあります!!

何に価値を見出すかは、人それぞれ解釈が違いますもんね。
好きなように好きなものを聴く。極論はこれだと思います。

オフィシャル

記事の1部の表現にクレームが来ましたので、加筆させて
いただきました!!


これ読んで気分を害された方、ごめんなさい!m(_ _)m

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
これ好きです。
個人的には、ライブだと、「風魔」に入っている
”サイレント・ランニング”が好きですね。
でも、元の写真無かったんですかね。
写真の真ん中に、ホチキスの止め跡が(笑)
「風魔」でもそうでしたけど(笑)
今「五蘊」辺りの音が好きです。

確かに、宮崎にいた頃は、福岡で土日に好きなライヴがあるときは、
実家に帰りがてら、汽車で片道5時間半かけて見に行ってましたけど(笑)。(往復一万円でした)
2006/12/03(日) 15:26:05 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
こんにちは。

久々に会う人で、相手だけ分かって、こっちが分からないと困りますよね。
誰だか思い出せないけど、とりあえず話を合わせて。
別れた後思い出したり(笑)、
後追いかけて、「ごめーん!」と謝りたい気分で(泣)
今回は、すぐに分かって助かったんですけどね。
2006/12/03(日) 18:03:17 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
乱-ライブVOL.3/美狂乱'93
こんばんは このアルバム見た事ありません。
私は基本的にオフィシャルアルバムしか買わず、ライブアルバムとブートはなかなか手が出ません。やはりライブはその場で味わうのが1番と考えております。しかし、良いライブアルバムがある事も確かです。
『乱-ライブVOL.3/美狂乱'93』はtommyさんが夢中になるほど、臨場感溢れる良いアルバムなのでしょうね。

今日はライブを観に行って来たのでヘトヘトです。でも、もう二度と再現できませんからとても満足しております。
2006/12/04(月) 00:54:05 | URL | hello nico #JalddpaA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/04(月) 14:43:40 | | #[ 編集]
■くっぞこ
おお!くっぞこさんお持ちでしたか!!
「風魔」も好きですけど、楽曲と音が、こっちの方が好みなんですよね。
「五蘊」は、まだ聴いてないんですよ…(^。^ゞ

片道5時間ですか…それは疲れるな…。
でも、たまには、ライヴ行かれてるようで嬉しいです。
娘がバンドやってると、「もっと多くの人に来て欲しいな」なんて
思うから、これも親ばかなのかもしれません!(笑)

久々に会う人でも、その時のインパクトが強ければ覚えて
いるんですけど、あまり目立たない人だったりすると
名前すら思い出せません…。

■hello nico
私も、基本的には、スタジオアルバムです。
でも、これだけの完成度を誇るアルバムに出会う事もあるから
やはり、色々聴いてみるのも勉強になりますね。

へぇ~ライヴ行ったんですか!!
何を観たのか気になるな…(笑)
2006/12/04(月) 16:59:46 | URL | Tommy #-[ 編集]
大好きな美狂乱でも 最近出たシングルとgohanレーベルで出した”まどろみ” 五蘊発表時の”ディープライブ” は所有していませんが、後は全部もってます。

美狂乱のこのアルバムは学校の帰り道に目白で買いました。セカンドアルバム パララックスの発表後のライブアルバムですね。これはおうちで大きなスピーカーの前で聞きます。低音が凄くてドンッドドッドンと身体に響きます。(美狂乱のライブいきたいなぁと思いながら)彼らは80年代の浮かれたポップスしか流れていない時代に、セカンドアルバムでLPの片面全部使って組曲やってしまいました。当時理解される事無く まるで白熱電球が焼き切れてしまう直前に、最後に強い輝きを発するようにこのセカンドアルバム発表ライヴの後美狂乱は解散してしまいます。日本語歌詞のロックアルバムとしても、美狂乱は先駆的な存在なのではないかと思います。日本語がこんなにカッコいいとは!美狂乱は、活動するメンバーに恵まれたバンドとも言えるのではないでしょうか。ライヴアルバムの物凄さで判ります。
2006/12/04(月) 22:01:38 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/04(月) 23:24:22 | | #[ 編集]
■specific
凄いコレクターだよね!!
やっぱり低音凄いよね!そゆのに痺れたのかも?

理解されることがない=時代に流された。(やる事が時代より早かった)
そゆBAND実は、いっぱいいっぱいいるんだよね!
マンドレイクなんかも、そうかもしれないね。

実は、須磨さんご本人からメールをいただき、彼は
ライヴが大嫌いなんだそうです!恥ずかしがり屋さんなのかしらね?(笑)

ソロアルバムもよろしくとの事でした!(=~o~=)
2006/12/07(木) 09:34:38 | URL | Tommy #-[ 編集]
須磨邦雄は正直な信頼できる音をいつも出してくれる
必ず買うし もしライブをやるなら可能な限り伺います
gohanレーベルも欲しいのが手に入らずもっと活動して欲しいな。
2006/12/12(火) 13:44:11 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
ライヴやるとしたら、ご一緒しましょう!
「美狂乱」が観たい…。。。。
2006/12/13(水) 16:55:06 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日本のクリムゾン、と言えば美狂乱。実は、今まで聴いた事ありませんでした。須磨さんのギターは、フリップと同じ音がして、同じフレーズがあちこちに。流石に「まどろみ」というクリムゾンコピーバンドをやっていた(これも修業か?)だけあります。須磨さん、どう聴いても、
2007/09/21(金) 03:59:23 | 老水亭
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。