放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セカンド(振動)/Ash Ra Tempel '72
2007年02月16日 (金) | 編集 |
schwingungen

以前、ここで紹介した通り「名盤だから聴け!」と薦められ
買ったは良いが「?」だった1st!(爆)
しかし、その後…あまりの狂気に乱舞するという始末!(笑)

バンドの歴史も、メンバーの名前すら、ロクスッポわがんね!!
evergreenさんの所でレヴューされてて気になってた2ndを聴きました。
淡い黄色のジャケットに描かれている裸の男女?…ジャケが素敵だね~♪
なんでも、ジャケットはPink Floydの「More」の裏ジャケットの書き写しであるらしい。

な、な、なんと歌があるし!(爆)
1stから比べると、非常に聴きやすい。ギターがとても素敵。
どこでも書かれているけど、やはりPink Floydからの影響が伺えるね。
1曲目は、とにかくギターを聴け!!

全部で、3曲なんだけど、俺は、絶対2曲目派!!
1stのテンションの高さも尋常じゃなかったけど、この2曲目も超ヤヴァ!
最初は、静かに始まるのさ!!宇宙のような音みたいな感じで。
徐々に太鼓(Dr)怪しい歌が入ってね、その歌が、も~最高に壊れてるの!(爆)

壊れてるの好きなのよ。自分がそーだから!(爆)
その歌に拍車をかけるサックスの響きも、かなり良い!!

ジャガジャガジャガジャガジャガジャガ~ジャン!

全体のテンポも段々と上がって行き、白熱するわ!するわ!(爆)
もはや、歌というより叫び…それも壊れた叫びだ!!

ダイダイダイダイダイダイダイダイダ~イ!

ギター弾きまくり!!これがまたカッコいいしぃ!!
わ~~~~~~楽しい!楽しいな~~~~~~!!
最後なんか、何言ってるのかわがんねぇし!!うーーいい!

3曲目は、最初退屈するし!(爆)
なんか夢の中の幻想的世界の中に流れるBGMみたいなの。
「いつもで続くのかな?~早く壊れないかなぁ?」
は!またしても太鼓が遠くで鳴り出したぞぉ~~~~~~!!
またしても、宇宙のよーな音。でも激しくないぞ~~~~!
宙に舞い上がって行くぞ…心地よい刺激だ。ふぁんふぁんふぁん…。
おやま…またしてもVo君登場。でも今度は、綺麗なスキャットだし!(笑)
最後、少し盛り上がって終わり。

なんでも、このアルバムは、
ここでの主導権 は、Enkeが司どっていた様で、当時のEnkeの
ドラッグ体験による内宇宙のヴィジョンを表現している様である


これが本当なら、まるでSEXだ!!
ゆっくりゆっくり時間かけてが、1曲目!(前戯とも言う/爆)
んで、2曲目で絶頂!!3曲目で、夢の中!(爆)
ジャーマン・ロックの雄アシュ・ラ・テンペルがクラウス・シュルツ脱退後
の72年に発表したセカンド・アルバム。
前作での重量級サウンドや独特の浮遊感を継承した続篇的な作品集だが,
より聴きやすくなっている面もある。前作同様,耳で聴くドラッグです。

瞑想的な響きが全編を支配する研ぎ澄まされた感性のみがなしえる即興演奏の極地。
ブルージーで耽美的なエレキ・ギターとシュールなオルガンの響きが心地よい。
サイケデリックでプログレッシヴなブルース・ロックといったところか。
ドラッグ&ヒッピーカルチャーがドイツで結実したジャーマン・プログレッシヴ・ロック
初期の傑作。(アマゾンレヴュー)

オフィシャル
かなり詳しいサイト

コメント
この記事へのコメント
素敵なレヴューに私、汗だくですが・・・
実況中継になるでしょ?
ドイツは実況ですよね☆お株盗られました・・・笑
これは、初期のものの中でも特に壊れてるよね・・・
ヴォーカルが何しろきちんと歌えないのかしら・・・
みたいな感じですしね。
私はこの世に色々な快楽があるけど、(汗)
音楽に勝るものなし・・・といった自負を
このバンドは持っていると思いますが・・・(汗)
Tommyさんのように音楽によって
感覚を素直に引き出せる人は素敵だなあ~と思います。(汗)
ふ~~まとめるの大変だぞ~笑(汗)
S●Xなんて書くもんだから===(大汗)°°


2007/02/16(金) 20:48:57 | URL | evergreen #-[ 編集]
ワシはアシュ・ラ・テンペルの後身バンドのアシュラしかないッス。
一応4枚ほどあるけど、同じ電子音ならクラフトワークの方が
好みかな?
どうもいまいちマニュエル・ゲッチングものは肌に合わないようダス。
2007/02/16(金) 21:18:22 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
こんにちは。
ヨーンLさんって、酔ってますよね(酒以外のものに 爆)。
実は、アシュラテンペルの一枚目より好きだったり(笑)。

メシュガーの「ナッシング」は、オリジナル盤とリミックス盤は、
ジャケ絵が違うので、どっちも売れないんですけどね(笑)。
どうせ買うなら、リミックス盤のほうが、お徳だと思いますよ。
2007/02/16(金) 22:14:27 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
そのうちやります、うっしっし!
■evergreen
お!先生!!(^O^)/
随分「汗」かかせてしまってすいません!m(_ _)m

この手の音楽聴いてしまうと、他のもの聴いても
「驚き」とか「感動」とか少なくないですか?

これ、ある意味究極だよな…。でしょ?

■ジェネスシ
俺は、逆に「アシュラ」を知らないんだな。
クラフトワークも、友達から聴かせられたことあるけど
ピンと来なかった。今聴いたらどうかわからんけど…。

マニュエル・ゲッチングのギターってね、ギルモアよ!
マニアさんが読んだら怒るかもしれんけど!…(^o^;)

■くっぞこ
酔ってる!酔ってる!へべれけ!(爆)

1枚目と2枚目って、まったく違うから選べないな…。
どっちも良い!!

メシュガー。。。
そのうちやりますよ!うっしっし♪
2007/02/19(月) 08:17:10 | URL | Tommy #-[ 編集]
こんにちは。
メシュガー、気に入られてなら、いいんですけどね。
セリオンの新譜は、もう発売したんですね。
2007/02/21(水) 22:19:29 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
メシュガーは、ギターが良いなぁ~と思いました。
まだ、聴きこみ中ですが、色々な都合で
オレンジのジャケです!v-12

セリオンは、少しお高いですよ!!
それより、センテンスト聴かないと!うっしっし!
2007/02/22(木) 16:54:30 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
セカンド(振動)1972年rockmusicianの代名詞ともいえるギタリスト・・・私の好きな[:ハート:]ギタリストはそれこそたくさんいすぎて掲げだしたらきりがないです・・・[:ムニョムニョ:]しかし、何と言ってもマニュエル・ゲッチング様は、好きなランキング上位5位以内に入りま
2007/02/16(金) 20:32:22 | Iron Rosary
~ プログレバンドしりとり合戦 #119 ~・投稿コメント (うた夢さん)Aで出したいグループがあったのですが、あえて少なめのLにつなげてみます。このグループもジャーマン系がお好きな方なら説明無用ですね。・補足ジャーマン・クラウト・ロックの代表的バンド。1970年
2007/02/17(土) 13:18:28 | Progressive Cafe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。