放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SANDROSE / Sandrose 1973
2005年10月02日 (日) | 編集 |
sandrose

EARTH&FIREを聴いてて、俺は、すぐに、このバンドを連想したんだ!!
女性Voと、その雰囲気が、どことなくリンクするんだ。
(チゲェよぉ~と、聞こえて来そうだが無視!/爆)

最初、ジャケの中身見なかったから、てっきり男性Voと
思ってたんだな!!(^ω^; )

たぶん、ラジオで“TO TAKE HIM AWAY”を聴いて、ブルブルと震える
くらい興奮してCD屋に走った!(爆)
それは、切ない程に心を締め付ける旋律を持っていたのだ。

その時、伊藤政則氏が「Cathedralのcazが、このアルバム好きでね~彼、実は、
凄いプログレマニアなんだ。しかも、誰も知らないようなものまで、知ってるんだ」と言ってた。

その後、彼らの『Our God Has Landed/Live in Tokyo』を観て驚いたね!!
ビデオの最後に“TO TAKE HIM AWAY”が流れているではないか!!

フランスのバンドだったんだね!!歌詞が英語だから…。
ギターも、ハモンドも、メロトロンも、叙情性溢れる楽曲も、全て最高!!
これを名盤と言わず何を名盤と言うか?

そして、下手糞とも言われる女性Vo(笑)
でも、俺は、彼女だから、引き立つとも思えるんだ!!
彼女の声は、妖しい雰囲気とエロチシズムあってなかなかよろすぃ♪

素晴らしいものは色褪せない。それを実証してるアルバムだ!!
中古で落ちているのを見た時、倒れそうになった!(爆)


コメント
この記事へのコメント
アナログ持っているからと思って売ったような気がする・・・
でもアナログ持っていたか記憶が定かでない!!! 
 
2005/10/02(日) 22:52:51 | URL | かとれい #4A9T8td.[ 編集]
これは名盤です!(^-^)b
唄っているお姐さんは味のある方ですね~。
一度ハマってしますとクセになります。
以前、東京のプログレバンド「バーミリオン・サンド」がライヴでカバーしてましたよ。
2005/10/03(月) 00:10:23 | URL | Roku #fKZHncy6[ 編集]
 その昔、オリジナルの仏Polydor盤が中古盤店の壁の花になっていて、あまりにも
高くて買えなかった悲しい記憶が・・・・・・
 ようやくCD化されて聴いた時に肩透かしを食らったね。
初期のMuseaのCDって音が悪すぎるんだよね。AtollのCDなんか盤起しだったし。(現行のCDは違うけれど)
TommyさんとRokuさんには悪いけれど、お世辞にも巧いと言えない
英語でのヴォーカルのせいなのか、感情表現が平坦で聴いていて辛くなるなあ。(笑)
曲によっては「おっ、やるじゃん!」と思わせることも確かだし、"To Take Him Away"は
典型的な好例だろうね。
 とは言っても、あくまでも全体的なプロダクションは流石にメジャー・レーベルから
アルバムを発売しただけのことはあるな、と感じさせる力作かな。
我輩の中では超Aランクの『名盤』の称号を与えるには一歩及ばないけれど、なかなかの
佳作というAマイナス、という感じですかね。
 
>チゲェよぉ~と、聞こえて来そうだが無視!/爆

 うっしっし・・・・・・「チゲェよぉ~」(爆)
あえてEarth & Fireと言うならば、英ではJulian Treatment、Julian Savalin、Caterpillarとか
独ではPancake、Frumpy(これはちょっと違うかな?)とか凄いのがあるんだよなあ。
英の3グループは、それぞれのヴォーカルが姉妹だったか従妹なので、声質が
ソックリで反則かな、という気がしないでもないが。
 世の中には凄い連中がいるものです。(笑)
それ故に、未だに探し求め続けているのだけれど。
2005/10/03(月) 01:29:32 | URL | 白熊"白黒付けてよ"くん #tl.z6klY[ 編集]
モルモン教
>かとれいさま
記憶が飛ぶ程、音源持ってる証拠よ!!
この~この~ヽ(^ー^)ノ

>Rokuさま
んん!!これは迷うことなき名盤っす♪
バーミリオン…懐かしいですね…。
蝋山陽子さま…。
日本のルネッサンス言われてましたね…。

>白熊くん
白熊くんは、音質重視みたいだけど、オイラは、ブラックメタルとか
聴いてるから(わざと音質を最悪にしてる)白熊くんには理解できない
かもしれないけど。だから、俺にとっては、天国のように音質良いわけ。

音質が悪くても、内容が良ければ、俺は良いの。
両方良ければ言う事ないけれどね。

彼らとEarth & Fireは、チゲェが正解だろうね。
音楽的にと言われれば。

俺の場合は、インスピレーションが全てだからね。(^O^)/
2005/10/03(月) 21:56:47 | URL | Tommy #-[ 編集]
こんにちは、TBありがとうございました

拙ブログのエントリーでも力説しています通り、「一家に一枚」級の名盤だと思っています
中古が落ちていたとはラッキーでしたね、最近出た紙ジャケですか?

「To Take Him Away」は私も一番好きな曲で、プロデュースしているセッションでも演奏して大変好評でした
ギタリストとして演奏していてもとても気持ちいい曲ですね
2005/10/04(火) 09:21:15 | URL | francofrehley #mQop/nM.[ 編集]
>francofrehleyさま
んとね…(^ω^; )
中古が落ちていたことに嘆いているんですよね…こんな名盤売る人いるのかって…。

オイラは、ラジオで聴いてすぐ購入したプラケの、普通のCDですわ。

この曲やる所に、凄いなぁ思います、マジ。
難しくないんですか?(@@)
2005/10/04(火) 22:10:08 | URL | Tommy #-[ 編集]
>中古が落ちていたことに嘆いているんですよね…
なるほどそういうことでしたか、確かに
プラケのCDということは多分私と同じMusea盤ですね

To Take Him Awayは演奏技術的には難しくないですがあの雰囲気を出すのが難しいです
またいつかやりたい曲ですね
2005/10/05(水) 09:09:14 | URL | francofrehley #mQop/nM.[ 編集]
>francofrehleyさま
Musea盤でーす!!
日本のバンドって、結構ここから出してるの多いんですけど、安くできるとかあるんでしょうかね?

確かに、雰囲気を作り出すのも、1つの表現方法ですよね…。歌は、やはり女性ですか?
2005/10/05(水) 22:13:47 | URL | Tommy #-[ 編集]
>日本のバンドって、結構ここから出してるの多いんですけど、安くできるとかあるんでしょうかね?
安くできるというよりはこの手の音を出してくれる唯一のレーベルなんだと思います
日本のバンドの場合Poseidon経由でリリースされる場合が多いようです

>歌は、やはり女性ですか?
はい女性にお願いしました
では次回再演の時は歌ってみます?歌詞ありますよ
2005/10/06(木) 11:50:41 | URL | francofrehley #mQop/nM.[ 編集]
>francofrehleyさま
日本のバンドって、結構、フランスとか、ドイツとかアメリカから出してますよね…。

再演…歌…。
あのぉ…日本語ですか?
ε=ε=ε=┗(゜▽゜)┓
2005/10/06(木) 22:12:49 | URL | Tommy #-[ 編集]
とりあえず、関連アイテム情報
興味がおありでしたら、是非ご購入を。

ジャン=ピエール・アラルサン(サンドローズのギタリスト)
1.ファースト&タブロー・アン
  ソロ1作目と2作目のカップリング
2.タブロウ2
  ソロ3作目

エデン・ローズ(サンドローズの前身バンド)
1.オン・ザ・ウェイ・トゥ・エデン

ちなみに、ワシはエデン・ローズを入手したばかり
ですが、まだ聴いていません。

しっかし、最近ホントに意表を突いているとしか
思えない音源がわんさか出ているな。
前身バンドもの、デモ集、発掘ライヴ音源などは、
既に1ジャンルとして確立しつつある。
70年代をリアルタイムで経験した方には
嬉しい反面、オソロシイ世の中だろう。
で、意外と出そうで出ないのが公式音源再発
ですな。個人的には再発をして欲しいものは
たくさんあるんですが。どこでもいいからこちらも
積極的に力入れてくれい。
たとえばGGの公式音源全12タイトル一斉再発!!とか。
2005/10/07(金) 19:30:33 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>ジェネスシさま
実は、関連アイテムまで手を伸ばす程、マニアではないのです。

だってさ~Camelのメンバーのソロだって、まともに買ってない…と言うか、そこまで、金ねぇ!(;_;)

音源だけ買ってれば、間に合うかもしれないけど、俺の場合、ライヴや、プロレスなんかもあるから、かーなり厳しいよね…。

金がありゃ…。くぅ~~~~~~!・・・(+_;)

GGって誰?(@@)
2005/10/07(金) 22:11:48 | URL | Tommy #-[ 編集]
戯け者!!!
>GGって誰?(@@)

 Tommyさん、我輩は悲しいぞ。(笑)
GGとはGentle Giantのことだよ。
ブリティッシュ・ロック(プログレ)の基本アイテムなのだ。

ちょっと話題から外れるが、無事に"Guin Saga~辺境編~"を入手したよ。
E,L&P風ではなかったから安心して聴けると思うぞ。なかなか良かったので、今度は
ハードロックとオーケストラ競演の『動乱編』が聴きたくなったね。
う~ん、恐るべし!!イメージ・アルバム・・・・・・

>たとえばGGの公式音源全12タイトル一斉再発!!とか。

 ジェネスシさん、我輩も同感なので一票を。
現在、35周年記念盤でジャケ変更(ダサイ!!)でWWA、Chrysalis期の
アルバムがボートラ付きで発売されていますね。
ユニヴァーサルからのVertigo期の紙ジャケは中途半端のままで悲しいですな。
 ところで、J.P.A関連ではExperianceとかはCD化されていないんでしたっけ?
あと初期のフレンチ・ロックではMartin Circusとかもあったけれど、どうなっているんだろうな。

2005/10/07(金) 23:33:28 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
すんません!親方!m(_ _)m
「GS」なら詳しいんだけど…v-10

前にも聞いたかもしれませんけど、「これだけは
聴け!」ちゅーアルバム教えてください。Getします!!(^O^)/

"Guin Saga~辺境編~"ね~
今度、お給料もらったら買ってみようかな?
安いしね!(笑)
2005/10/08(土) 09:33:55 | URL | Tommy #-[ 編集]
誰が親方じゃ(笑)
 1stは地味なので辛いかも。2nd以降のVertigo期のアルバムはマストだね。
あとはWWA期の"In A Glass House"とChrysalis期の"Free Hand"及び
"Playing The Fool"は必聴盤だろうな。
あえて1枚というならば、やはり変則プレイが炸裂するライヴ盤の
"Playing The Fool"というところか。
2005/10/08(土) 12:58:35 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
んじゃ…親分!(爆)
変則=変態と踏んでいいっすね!親分?

んじゃ"Playing The Fool"いってみっか♪
2005/10/09(日) 22:02:47 | URL | Tommy #-[ 編集]
誰が親分じゃ(爆)
>変則=変態と踏んでいいっすね!親分?

 ある意味では変態かもね。
聴いてみたら解る筈だから我輩は多くを語らないぞ。

>んじゃ"Playing The Fool"いってみっか♪

 彼等の並外れた技量が発揮されるのは、やはりライヴなのだ、と
認識するであろう集大成的なアルバム。
ちなみに"Playing The Fool"とは『おどける』という意味です。
う~ん、意味深長なタイトルだなあ・・・・・・

2005/10/09(日) 23:23:13 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
>白熊親分

今調べてみたんっすけど、似たような色違いのジャケのがたくさんありました!!

紺色のですよね?
で、アマゾンで、1,960 という、格安なお値段が
付いているのに、2枚組っすか?

間違いなかったら、即、発注しやす!親分♪
2005/10/10(月) 21:45:34 | URL | Tommy #-[ 編集]
>今調べてみたんっすけど、似たような色違いのジャケのがたくさんありました!!

 35周年記念盤のパッケージはデザインを統一している為に判りにくい。しかもダサイ!
これだけで買う気が萎えたが、ボートラは魅力あるので気を取り直した。
価格はTowerでも同じぐらいなので、一度店頭で実物を見てからでも
遅くはない、と思う。
それにしても、オリジナル・ジャケを見事に無視してくれたパッケージだなあ。
2005/10/11(火) 06:45:05 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
/* Tommyさん */
いや~キャメルのソロと言ったら、ピート・
バーデンス、コリン・バース、ギィ・ルブラン
あたりしか思いつきません。
(リチャードとデイヴのWシンクレア、アンソニー・
フィリップスは除外するとして)
ワシも持っているのは、ピート・バーデンス・ミラージュ
の「スピード・オブ・ライト」くらいなもんです。
前にTommyさんが「車が空を飛んでいるジャケ」
のアルバムとして紹介してくれたあれですね。

/* 白熊さん */
Experiance、Martin Circusともに詳しくない
です。申し訳ござらん。

GGの再発は知っていたけど、ワシも同じくジャケ
で引いた一人です。
そうそう、去年発売されたGGのDVD「ジャイアント・オン・ア・ボックス」、
入手されましたか?
あれ、限定版だと思ったので、未入手の方は
お早めに・・・。残ってればの話ですが。
「プレイング・ザ・フール」は未聴ですが(をい)、
金があればいずれ・・・。
2005/10/11(火) 12:28:32 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>白熊親分
確かに、ダサいっすね~誰の提案なのでしょうか?(爆)
やはり、ジャケ写も、大切なアイテムの1つと、俺は踏んでますけど?

オリジナル・ジャケか…。俺、オフィシャルのアドレス知らないもん♪
そのうち、調べてみるかな…。

>ジェネスシさま
俺は、なんと「コリン」のソロを2枚も、持ってるぞ!!
GGは、白熊親分のお薦めを、まず購入してみやす。
聴いた事無いから、まず1枚ね!(^O^)/
2005/10/11(火) 21:44:38 | URL | Tommy #-[ 編集]
心優しき巨人が再び?
>そうそう、去年発売されたGGのDVD「ジャイアント・オン・ア・ボックス」、
入手されましたか?

 ジェネスシさん、どうもです。実は未だ"Giant On A Box"を入手してません。
確かTVの画面が4つだったかデザインされていたパッケージでしたよね?
これと同じものなのかは判りませんが、DRTより10/25(US日付)に同名のタイトルの
DVDがCD付きで再発されるそうです。
パッケージは1stの内側を想起させるデザインで、ちょっと食指が動きました。
おまけに価格も安いんですよ。(笑)

>「プレイング・ザ・フール」は未聴ですが

 "In A Glass House"なんかスタジオ盤と同じようにガラスが割れるSEに
導かれて超絶プレイが始まるんですよ。
 尚、英盤のオリジナルにはブックレットが付いてました。

>GGは、白熊親分のお薦めを、まず購入してみやす。
聴いた事無いから、まず1枚ね!(^O^)/

 お、感心な心掛けじゃな。それでこそ、白熊組の立派な岩石職人というものだ。(爆)
心優しき巨人のHPは検索ツールで簡単に見つかるので、これも修行ということじゃ。

 我輩はソロ・アルバムというものには関心がなく、P.BardensはAristaの
"Heart To Heart"(紙ジャケ)しか持ってないのだ。
 しかし、それ以前のTransatlanticからの2枚がCD化されたので
20数年振りに聴いてみたい気がするね。
何故かしらジャケが米盤(Verve)仕様になっているのが気に入らんが・・・・・・
2005/10/11(火) 22:37:29 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
>ジェネスシさま

ここ観て!!
http://8118.teacup.com/camel/bbs
2005/10/12(水) 07:27:34 | URL | Tommy #-[ 編集]
そういえば、ハットフィールドはデイヴ・シンクレアが初代だったっけ?
/* Tommyさん */
いくら有名なプレイヤーでも、ほんの短期間しか
在籍せず、音源も残していないと、忘れ去られて
しまうんですよね・・・。
たとえば、デイヴ・シンクレアがキャメルのツアー
メンバーとして来日したことを一体どれくらいの
人が知っているのだろう・・・というくらいに。
(キャメルファンなら基本なのかも知れませんが)
ハットフィールドライヴって、もしかして2日の
方が出来が良かったとか?
見に行きたかったけど、仕事の都合で断念(血涙)。

/* 白熊さん */
DVDは、「ジャイアント・オン・ア・ボックス」と
おそらく同じものです。
CDが付いているならば、ドイツの1974年、
ZDF(確かドイツの放送局だったか)のスタジオ
ライヴのCD版です(DVDに映像が収録・・・
というか、これがメイン)。
なお、コンテンツの映像はすべて5人編成時の
もののみです。
フィル・シャルマンが在籍していた頃の映像も
見たかったな・・・等と欲張るのはダメ?

>"In A Glass House"なんかスタジオ盤と
>同じようにガラスが割れるSEに
>導かれて超絶プレイが始まるんですよ。

あ、それは他のGGのオフィシャルブートレッグ
かBBCライヴでもやってたような気がします。
ガラスが割れるSEで「おぉっ!!キター!!」
と言わんばかりに客席が盛り上がっていましたね。
2005/10/12(水) 12:32:01 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>白熊親分
白熊組…んじゃ「組長」だな!(^O^)/
しかし、岩石職人ってなんだい?笑っちゃったよ♪
Transatlanticからの2枚ってなんだ?良いの?

>ジェネスシさま
俺も後追いで、しかも昔の歴史については
詳しく知らないおバカさんなので、よくわからない。

Camelで1番歌のうまい、クリス・レインボーのソロを
探しているが…。。はぁ…。
2005/10/12(水) 22:14:25 | URL | Tommy #-[ 編集]
白熊組の親方より
>白熊組…んじゃ「組長」だな!(^O^)/
しかし、岩石職人ってなんだい?笑っちゃったよ♪

 『白熊組』は岩石職人の集まりなので、組長というよりも親方だね。(笑)
ちなみに岩石=Rockに引っ掛けた洒落のつもりだったんだけどなあ。

>Transatlanticからの2枚ってなんだ?良いの?

 言わずと知れたP.Bardensのソロ・アルバムはTransatlanticから発売された
2枚を指すのだよ。
米盤はVerveから発売されたが、ジャケのデザインとタイトルが違う、ということ。
これに関しては某マ○キ○誌に掲載された『ブリティッシュ・ロックの巨人達』の
Camelに関する拙稿かCamelのディスコグラフィーを参照のこと。

>Camelで1番歌のうまい、クリス・レインボーのソロを
探しているが…。。はぁ…。

 Chris RainbowはCamelの、と言うよりも、むしろAlan Parsons Projectでの
客演ヴォーカルやソロでの活躍の方が
有名だ、と思うぞ。
 
2005/10/12(水) 23:08:21 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
エデン・ローズ聴いた
上でも書いたが、サンドローズの前身バンド。
大きく違うのは、サンドローズで歌っている女性
ヴォーカルがいない、オールインスト。
キーボードを中心に音が組み立てられている、
スリリングで一気に聴ける作品です。
個人的には、サンドローズよりもプログレ色が
強い作品ではないかと思う。
結成されたのは60年代後半らしく、プログレ誕生期
という時代を反映したような作品。
プログレ、シンフォニックファンを名乗るなら
入手しても損はしないんじゃないでしょうか。
「プログレ、シンフォニックって長くてダレるから
手を出しにくい」という人も、この作品を踏み台に
してプログレの世界に突入して欲しいんですが。
でも、マニアック過ぎて手を出さないか(笑)。
一つケチをつけるなら、このアルバムに先行して
発売されたというシングル「トラヴェリング/
アンダー・ザ・サン」も収録して欲しかった。
アルバム収録時間が35分程度しかないなら
余裕で入りそうなんですが。権利関係の問題か?
「トラヴェリング」はアルバムにも収録されている
が、テイク違い。「アンダー・ザ・サン」はアルバム
未収録。聴きたかったなぁ~(泣)。
2005/10/13(木) 12:33:54 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
 ジェネスシさん、どうもです。
Eden Roseですか。なかなか良さそうですね。
残念ながら我輩は未聴ですが、ヴォーカリストがいないだけに、技巧的な部分に
耳を傾けそうですね。
Sandroseはフランスらしくない感じだったけれど、Eden Roseは
どうなんでしょうか?
我輩はAngeのように個性的なグループが好きなので、無国籍サウンドの
グループだとパスだろうなあ。
 ところで、このEden RoseのCDはMuseaからの発売でしょうか?
Pentacle以前のMusea盤は音質が悪過ぎるので、いまいち信用できないもので。(笑)
2005/10/14(金) 07:16:19 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
お、白熊さん
そうですね。エデン・ローズはMusea盤です。
ただし、発掘音源系によくあるような音の悪さは
なかったので、ご安心を(リマスターでもしたか?)
フランスらしくないと言えば、確かにフランスらしく
ないかも知れません。
「プログレ誕生期という時代を反映したような作品」と
上で書きましたが、アレですね。試行錯誤をして
個性を確立しようとしていると感じたんですよ。
まあ、プログレって大体そんなものだとは思いますが。
GGの前身バンド「サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンド」
はご存じかと思いますが、アルバムを出した後の
シングルがボーナストラックで入っているんですが、
その後期のシングル曲って、いろいろと試行錯誤
しているんですよ。
エデン・ローズとは時代的なものもあるかも知れないが、
そのあたりに何か通じるものを感じましたね。
2005/10/14(金) 12:31:59 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>白熊親分
わぉ!!親分が洒落を言うなんて思わないもんな!(;_;)
硬派だからか?とか思ったよん!(爆)

某マ○キ○誌…CDの棚を買った時、置く場所なかったら
物置にしまっちゃったよ…。。

だ・か・らChris Rainbowのソロを探してるのよ!!
Camel FC会報No.23に、彼のソロがまとめて3枚、センチュリー
レコードから出たって書いてあんのよ。世界初CD化って。
しかし、検索しても無いのよ…新宿レコードに聞いてもわからないとか言うし。

「彼を語る上でビーチ・ボーイズを避けて通れない」って、どゆこと?

>ジェネスシさま
エデン・ローズの紹介、どうもありがとう!!
結構良さ気だね~~~~~~!(^O^)/

そういえば、ジェネスシさんは「「アンダー・ザ・サン」という
バンドはご存知?私、大好きでね♪

あと「上野洋子」かなり気になってました…。
http://blog.goo.ne.jp/francofrehley/e/7739ebf410bba4dc738a42e8c56b78bc
2005/10/14(金) 19:19:18 | URL | Tommy #-[ 編集]
Chris Rainbow
>わぉ!!親分が洒落を言うなんて思わないもんな!(;_;)
硬派だからか?とか思ったよん!(爆)

 人には意外な一面というものがあるのだよ。(笑)
硬派というのもあるが、単に駄洒落ではなく洒落のつもりで引っ掛けただけ。

現在、Century Recordsそのものは存在しないので、中古盤を
探さなければ入手が難しそうだね。
 ただ、そんな労力と時間を費やすぐらいならば、インディーズのem Recordsから
編集盤と未発表音源の2種類のCDが発売されているので、それを
入手する方が容易だろうと思うね。
Vivid経由で取り寄せられる筈だが、『音盤組合』ならば大丈夫だろう、と思うよ。
 参考までにChris Rainbowを紹介しているサイト(日本語だから安心して)↓

http://www.h7.dion.ne.jp/~vinyl70/art/Chrisrainbow.htm
2005/10/15(土) 00:16:19 | URL | 白熊くん #tl.z6klY[ 編集]
意外だ!意外だ!!いいぞ~~~~~~!
>白熊親分
今日、Camelプロダクツに、Tシャツ1枚発注した。英語だから、いつも大汗!!

33.4$…。

日本語は安心して読めるから良いよな!(爆)
親分、ありがたきご配慮。
心から感謝するでありまする。

今月の給料、あっと言う間に無くなる予感…
ヽ゜゜(`▽´ )゜゜ノ
2005/10/15(土) 22:29:24 | URL | Tommy #-[ 編集]
>アンダー・ザ・サン
なかなか良いバンドですね。インサイド・アウトで
セカンドを出したとか。
でも当分手を出せそうにないかな。
何せ、中古にレアものが出ているとそっち優先
してしまいますんで・・・。現物限りだし。

>上野洋子
オリジナルのソロアルバムは面白いですよ。
最新アルバムの「自然現象」、個人的には最高
傑作ではないかと。
あと、日本のプログレとも人脈がつながっていますね。
アニメの主題歌とかも歌っているので、探せば
いろいろ見つけることができるかも知れません。
・・・が、やっぱソロアルバムの方が面白い。
ザバダックよりも。
2005/10/19(水) 12:21:37 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>ジェネスシさま
おお!アンダー・ザ・サンを知ってる人に出会ったぞ♪
インサイド・アウトって、なんでっしゃろ?(@@)

凄い名盤でも、再発が望めないものは、中古を
探すしかないもんね…。
ジェネスシさんは、彼らのアルバムは持ってるの?

上野洋子は、「自然現象」頭にインプットしました!∠(`ヘ´)
英語でないのが、ありがたやっす!(爆)
ザバダック?ナメック星人みたいですね?ははは。
2005/10/19(水) 22:16:57 | URL | Tommy #-[ 編集]
え~っ!?
いかんなあ、インサイド・アウトを知らんとわ(笑)。
90年代のプログレ、シンフォニックバンドのアルバムを
たくさん出しているレーベルですよ。
昔マグナ・カルタレーベルにいたけど、インサイド・アウトに
移籍したバンドもあります。
カタログからバンドを軽く拾ってみると・・・
フラキン、スッポコ、ペイン猿、エンチャント、カイパ、
タンジェント、プロト牛、スレッショルド、シンフォニーX、
ジャディス、アルイエン・アンソニー・ルカッセン等
マグナ・カルタからの移籍組として、シャドウ・ギャラリー、マジェラン等があります。
アンダー・ザ・サンが移籍したという話を知り合い
から聞いたが、カタログにはなかった・・・ガセ?
あと、ドリ虫関連も、ドリ虫本体こそないが、充実しています。

※知らない方のための用語解説
 フラキン・・・ザ・フラワー・キングス
        広く使われている略語。
 スッポコ・・・スポックス・ビアード
        ワールドディスク店長がチラシにこう書いていた(笑)。
 ペイン猿・・・ペイン・オブ・サルヴェイション
        「ドリーム・シアターがドリ虫なら、
        ペイン・オブ・サルヴェイションは
        ペイン猿だな」と言ったワシの知人の
        一言で、ワシの仲間内で使われている(笑)。
 プロト牛・・・プロト・カウ
        ペイン猿と同様の理由で出来た単語。
 ドリ虫・・・ドリーム・シアター
       2chで使われていたのを知人が発見し、ワシの仲間内で広く使われている。

上野洋子と言えばザバダックなんですが・・・
でも、最近はアニメ主題歌などでよく歌うから、
ザバダック知らない人もいるみたいですね。
ワシに教えてくれた知人も、最初はザバダック
知らんかったみたいだし。
分かる人は分かるバンドみたいですよ。

ところで・・・彼らって誰ですか?
2005/10/20(木) 12:41:19 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>ジェネスシさま
レーベル名でしたか?(・。・;; ヒヤアセ

フラキンなんて略語初めて聴きましたぞ!(笑)
スッポコもだった!
シャドウ・ギャラリーは、初期の1枚持ってるけど、
今でもやってんの?

ザバダック…それ、プログレ?

彼ら?…アンダー・ザ・サン♪
2005/10/21(金) 21:40:44 | URL | Tommy #-[ 編集]
アンダー・ザ・サンはモチ持っています。
なかなかスケール感があって良いすね。

シャドウ・ギャラリーなんて、最近5枚目が
アヴァロンから出たから、要チェック。
「悪の組織の陰謀を阻止するため、インサイド・
アウトというレーベルとシャドウ・ギャラリーが
協力する」というくだりが個人的に超爆。

ザバダックはプログレではないけど、まあ興味が
あればと言うことで。無理には勧めません。
つーか、上野さんはもう脱退しているし。
2005/10/24(月) 12:15:05 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>ジェネスシさま
アンダー・ザ・サン、そのうちレヴューしたいな!
したい。したい。したい!(爆)

シャドウ・ギャラリー俺的には、イマイチ…。
ザバダックはプログレでなくて、なんなの?
上野さんが脱退って事は、今でも存続してるバンドなの?
2005/10/25(火) 21:59:15 | URL | Tommy #-[ 編集]
ザバダックは元々吉良知彦と上野洋子のコンビ
のユニットだったのだが、上野さんが脱退して
吉良さんの一人ユニットになりました。
現在でも多分活躍しているはず。
ただし、上野さんが脱退してもう10年以上経って
いるため、古いアルバムは入手しにくいかも。
まあ、個人的には普通にポップユニットですね。
上野さん在籍時の作品は、編集盤を狙うといい
かも知れない。
2005/10/26(水) 12:24:44 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
>ジェネスシさま
男女2人のユニットだったんだ~。
クレヨン社みたいな感じだったのかな?

上野さんは、狙うとしたら、例のソロにするわ♪
見つかると良いな…。
2005/10/26(水) 21:59:50 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
~ プログレバンドしりとり合戦 #42 ~・投稿コメント (もあさん)というわけで、フランスのグループです。ヴォーカルは英語で、パワフルかついなたいです。ギターはJean-Pierre ALARCEN。Jean-Pierre ALARCENのソロ・アルバム『Tableau No.1』も名作と名高いですよん。
2005/10/04(火) 09:15:11 | Progressive Cafe
うわ~ん!!フィーゴ負けちゃったよぉ~!!フィーゴ応援してたのに~・・・。フランスの守りは堅かったね。前半のあのPKがなければ、分かんなかったかもね。今更どうのいっても仕方ないんだけど。誰だよ、もうワールドカップ終わった、とか言ったヤツ!?まだよ、まだ。こ
2006/07/08(土) 09:22:06 | Trapo de la eternidad
随分と昔に気になっていて結局買わず仕舞いでそのままになっているというバンドが結構有るんだよね。今更って言うのもあるし、すっかり忘れ...
2009/01/06(火) 21:46:18 | ロック好きの行き着く先は…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。