放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Passion・最後の誘惑/Peter Gabriel'89
2007年03月22日 (木) | 編集 |
Passion

昨日「世界フィギュアスケート選手権」を観ていた。
華麗な演技以上に、俺のハートを捕らえたのは、エヴァン・ライサチェク
ショートプログラムに使われていた音楽だった。
最初に曲名が出るのだが、見落とした…で、調べてビックリ!!
あの、ピーター・ガブリエルの作品ではないか!!

エキゾチックで、中東の民族音楽とばかり思っていたので、かーなりビックリ!!
もー欲しくなったらたまらない!我慢できない性格!!(爆)
アマゾンは在庫切れ!!HMVに発注をかけた!!あー嬉しい♪
Wikipediaによると、このサウンドトラックは、マーティン・スコセッシ監督の
映画『最後の誘惑』(1988年アメリカ)のサントラとして、ピーター・ガブリエル
によって製作され、「パッション」という名で発売されたらしい。
残念ながら、アマゾンでも楽天でも現在品切れになってしまっている。
1曲目の「奇跡の始まり」というのが、「The Feeling Begins」の訳であると推測される。
“民俗音楽を大胆に取り入れた本作にあわせて、その元となった各地の民俗音楽の
コンピレーションアルバム『パッション・ソーシーズ』もリリースされている”そうだ。

映画のタイトルである、『最後の誘惑』というのは、十字架に架けられたイエスが、
マグダラのマリアとの結婚から多くの子どもをもうけ、最期は普通の人間として
死ぬという誘惑があったという解釈に由来するという。
イエスを人間的に描いたことでかなりの物議を醸した映画らしい。
人間としてという言葉に言及すれば(以前も述べたことがある)、今シーズンの
ライサチェクの演技は、そんな人間味を感じる。同じアメリカのウィアーも、別の曲
ではあるがフリーでイエスを演じている。こちらは、聖書や宗教画にあるイエス・キリスト
という印象を受ける。2人ともそれぞれの持ち味と雰囲気が出ていながら、
キリストを演じているのは面白い。

参照サイト
HMV(視聴できます)

コメント
この記事へのコメント
Peter Gabriel
懐かしいですねえ。映画のサントラとして出したアルバムですよね。この頃はピーガブは民族音楽ぽい打楽器に凝ってたような気がします。

私は最近、何故かケイトブッシュのベスト盤を好んで聴いてます。ピーガブとケイトブッシュの「Don't Give Up」ってデュエット曲はいい曲でしたよねえ。
2007/03/22(木) 09:42:10 | URL | Ken #-[ 編集]
ああ、何年か前に買って聴いたことがあったっけな。
個人的にはサントラよりもやはりちゃんとしたソロの方が好み
なんですが、たまにはいいかなって感じ。
ピーター・ガブリエルのサントラ作品は、確か3作あったな。
ワシは3作ともあるけど。
2007/03/22(木) 12:18:36 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
スケート見ていました。
あのパッションが、ガブリエルの曲だったんですね。
映画も見ていないし、サントラも聞いていなかったので、気がつきませんでした。

ガブリエル聞いていたのは、我家でLPからCDに切り替わる頃でした。LPで買っていたので、CDは殆ど持っていません。

Soなんて、もう何回聞いた事か。
ケイト・ブッシュとのデュエット良いですよね。
2007/03/22(木) 23:07:42 | URL | Oimizu #7qizzFss[ 編集]
年のせいか記憶力が落ちている片桐と言います。
フィギュアとか見ていると、使われている曲が思い出せなくなったりして結構悩んだりするのですが。。。。ピタガブの曲でどんな風に滑ったんでしょうね。。。。。
『パッション・ソーシーズ』は結構マニアックだよ。俺っちは好きだけど(爆)。特にアルメニアの笛の音色がたまらん。
2007/03/23(金) 16:13:55 | URL | 片桐真央 #-[ 編集]
ミキティー頑張れぃ!
■ken
私、彼が、こんなアルバム出してたことすら知りませんでした…。
名前見た時は、ビックリです!…(^o^;)

しかも、ケイト・ブッシュとのデュエットですか???
聴いてみたいなぁ~♪

■ジェネスシ
ジェネちゃん持ってるのぉ??
俺、テレビで、彼が歌ってるの聴いた時、ピンと来なくて
「これなら、ジェネシスの時の方が良いぢゃん!」とか思ったので
ソロは、持ってないんですよ。。。

3作のうち、どの作品が1番好きなのかな?

■Oimizu
スケート、昨日も観てたけど、女子は華があって素敵でしたね。
けど、使用曲は、どれも、オーソドックスなクラッシックばかりで
あまり面白くなかった!(笑)

こんな、曲で滑るエヴァン・ライサチェクは、ただものではありません!(笑)

「So」がお薦めですか?
実は、ソロ持ってないのです。
ジェネシスの初期の雰囲気があれば聴きたいです。

■片桐真央
「まお」昨日の滑りは、どうした?(爆)
今日のフリー頑張ってくれ!!(違った?)

どんな風に滑ったか観てなかったの?
凄くマッチしてたと思うよ♪
http://www.youtube.com/watch?v=Oot_iIDRBQw

このアルバム来るの楽しみ!!かなり俺の好みだったよん★
アルメニアか…へぇ…関心…。
2007/03/24(土) 10:38:42 | URL | Tommy #-[ 編集]
ほう
女子フィギュアの音楽でピーターガブリエルですか。このアルバム当りからなんとなくピーターガブリエルの作品は自分敷居が高くなって彼の音楽から心が離れてしまったのですが(それでも新作出るたびに買ってます)、いろいろな世代の人に聴かれる音楽家になったのですね。もうジェネシス復帰は無理でしょうね。
2007/03/24(土) 12:46:44 | URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]
えっと…男子フィギュアなんですけど……(^o^;)

女子の場合は、オーソドックスなクラッシック曲が
多かったですね。
Cottonwoodhillさんは、このアルバムお持ちなんですね!
民族音楽があまり好きじゃない人には辛いかもですね…。

ジェネシス復帰して来日してくれたら行きたいですね♪
2007/03/25(日) 11:00:32 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。