放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cathedralに会いたい…。。
2007年04月03日 (火) | 編集 |
leecathedral

今1番ライヴが観たいBANDは、「Camel」「Pooh」そして「Cathedral」なのだ!!
ラウド・パークにも来たが、やはり単独でしょう!!

できれば、1999年ORANGE GOBLINとのカップリングみたいな!!
これ、今考えたら、豪華過ぎだよな?
1997年Arch Enemyとの、カップリングも凄かったけどね。

よろけ牛さんなんか「RUSH」観る為に、 9月のシカゴかトロント狙い。
もしくはロンドン、ウエンブリーか。とか言ってるもんね。気合入ってるよな~。。

娘がBANDやってるから、BAND側の苦悩とか色々見えてくるわけです。
アルバム1枚出す事の大変さ、BANDを継続して行く事の大変さ。
自分達の時間を削っての練習。死ぬ程の練習…いっぱい、いっぱいあります。

音楽やってる人たちって、絶対ライヴ観て欲しいと思ってるのよ?
それに答えてあげなきゃとか真剣に思うし。
ラビリンスのライヴなんかガラガラだったらしいの。
それでも「また日本に来るからね~」という言葉を残したままいまだに来ません。
客の入りが悪いと待遇も悪いね。。。

凄い才能を持ちながら、ライヴの入りが悪いと呼ばない日本のプロモーター…。
確かに、金儲からなきゃ困るだろうけど、…だから、みんなライヴ行くっきゃないのよね…。
そうしないと、泡のように消えてなくなる…。。(ノ_・。)もん…。。

頑張れ!全てのアーティスト!

でね!(笑)Cathedralはね…Leeのパフォーマンスがね…
これ観るだけでも価値ありです!(爆)

これこそ!はい!みなさんもご一緒に!!

カ~リスマ!!カ~リスマ

(この写真は、Heavy Metal王者決定戦の時に、トイズからいただいたファイルから)

過去のレヴュー

コメント
この記事へのコメント
ラッシュも1984年以降は日本に来ていないが、やはり客の
入りが見込めないんだろうね。
来てほすいバンドはたくさんあるんだけど、よっぽど売れているか
知名度高くないとダメなんだろうな。
(そういう意味ではハットフィールドやイングランドを呼んだクラブチッタに
激烈感謝!!よくやった!!)

ところで、ライヴの醍醐味って何でしょう?
ワシは演奏だけではなく、ファンとアーティストが生で交流する
のも、ライヴの楽しみの一つだと思うんだよね。
で・・・演奏はしっかりするけれど、ファンと交流を持たない
アーティストって何だと思います?
まあ、エイジアのように大ホールでたくさんの観客動員数を
誇る場合はこの際除外するとしましょう。
小さなライヴハウスでやった場合の話ね。
実のところ、音を聴くだけなら家でCD聴いてても問題ない。
わざわざ金を払って見に行く必要はない。
ワシは新幹線で東京まで見に行かなくてはならないから、
それも考慮すると行くだけでもかなりの労力となる。
で、そんな客がまたライヴ見に行くつもりで次のライヴチケットを
買ったとたんに「来なくていいよ」なんていうアーティストがいる
としたら、信じられますか?
これ、冗談でもアーティストが言っていい台詞じゃないよ。
ちなみに、このアーティスト、以前ここでワシが紹介したことが
あります。名前は出さないが。
ワシは怒って、作品全部売っぱらったよ!!4枚くらい。
ちと愚痴が入ってしまったが、ライヴバンドっていうのは、ライヴ
ならではの付加価値をファンに提供できるバンドだと思う。
ファンとのコミュニケーションは、その付加価値の一つだ。
外国のバンドは来るだけでも嬉しいから、それだけで行くと
いうのもありだとは思うが、国内のアーティストは違う。
外国のバンドよりも、ライヴとは何ぞやということを真剣に考えないとダメやね。
ワシは基本的にファンを大事にするアーティストは応援します。
ファンを大事に出来ない奴は、ステージで演奏しなくていい。
2007/04/03(火) 12:41:19 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
ラウパも凄かったです
是非ヘッドライナーで見たいバンドですよね。かく言う私はLoud Parkで初体験でしたがリーのカリスマアクションは凄かったですね!英国の宝の1つですよ、このバンドは。
セールス数も大事ですが、メタルの普及とかアーティストの育成も大事だと思うんですが…プローモーターさん。
2007/04/03(火) 17:20:40 | URL | ファラン #-[ 編集]
ライブ...
やっぱり、難しいですね~~~。ライブとは?!?!

基本的に何事も答えが『一つ』と言う事は無いとは思うけど、個人的にはライブに必要な事って「空気感」かなっては感じてるかな。

何事もこの瞬間にしか出来ない事って思えば、それが思い入れになったり、解き放たれる心?みたいなものになったりするのでは...
ライブはその時その時の出来事だからこそ!!、演奏する方も気持ちを込められるだろうし、観ている方もそれに引き込まれれば又「ライブを観たくなる」って事になるのでは...それが『空気感』になり、ハコの温度とかに顕れるのでは...それが「充実感」って事に。。。

やっぱり難しいねっ。

俺は音楽(勿論メタルだけではなく凄いと思うもの)、プロレス、野球、サッカー、映画等々が好きだけどいつも大切な事ってのは『人の心を如何に揺り動かすか?』って事じゃーないかと。。。映画だって色んなタイプがあって恋愛ものにときめいたり、ホラーものに怖がったり、感動ものに感動したり、色々あると思うよ。だから、答えは一つじゃなくって色々あるからこそ、それを楽しめるだけの器が必要かなっては感じる。
ライブであっても一曲一曲タイプが違えば、気持ちも変わるから、その空気感を感じると又その曲の幅の大きさを感じれたりとか、楽しめたりとか出来るんじゃないかな?
ライブ中に酒を呑んでる人もいれば、泣いてる人、歌ってる人、等々、、、、そう言う人たちのエネルギーと演奏が合わさって、『空気感』、『気持ち』につながってるっては俺は思うね。。。

う~~~ん、このネタは難しいよ。Tommyさ~~~ん。
取りあえずこんな感じかな???
2007/04/03(火) 18:08:13 | URL | ニッタ #-[ 編集]
カ~リスマ!!カ~リスマ
Loudparkでは凄かったんで単独みたいです>Cathedral

最近のフェス乱立は単独では採算取れないバンドも呼べる面もあるんでしょうけど、持ち時間が少ないんですよね・・。Cathedral一時間無かったですし。
まあ、短い時間でも充分持ち味を生かしてくれたのは嬉しかったですけど。

PS. ブログ再び移転しました。fc2です。
2007/04/03(火) 18:48:46 | URL | joe #-[ 編集]
ライヴの醍醐味
やはりライヴでしょ!

演奏者は曲を作りリハーサルを重ね、出演当日は(アマの場合)一時間も満たない演奏時間のために丸1日費やす。
リスナーも、CDなら何度も聞けるのにわざわざ会場に足を運んでエントリーフィー(+交通費)を払い参加する。

ここに真実があるのさ!

その感動を知った人だけが得られる麻薬的快感!
それだけの苦労や金銭負担が苦にならない人だけが楽しめる理想郷…シャングリラ!

なぜナマがそれほど素晴らしいか?五感をフル稼働するからだと思う。

音は、聴覚だけではないと思う。
地を這うベースは皮膚を通じて触覚を刺激するし、嗅覚はライヴハウス特有の退廃臭を感じる。
…さすがに味覚はあまり発揮されないか?
で、やはり最大の感覚は視覚じゃないかな?

最近、泉智子というカラーセラピストの著書「色の暗号」という本を何度も読んでいる。その冒頭文
“私たちは、色を肌でも「見ている」ということをご存じですか?”

これだね!

だからこそ衣装や表情にも気を使うし、照明にも注文をつける。
すべてフル稼働で自己表現する訳だ…もしくは、してるつもりだ。

演奏者は“見せる”という使命を与えられ表現する。
聴き手は演奏者のヴァイブレーションを音だけでなく表情や動きで感じる。
そこに照明スタッフまで巻き込んで彩りを補足する…こりゃスゴいに決まってる!
うまくいった場合はね。。ホント、良かったライヴの後は照明さんとも話をするもん。

Tommyさん、ぜんぜん答えになってないけど、こんな事思ってました。

そうろう
2007/04/03(火) 20:30:37 | URL | シヴァ神 #-[ 編集]
サンダーライヴ!!
■ジェネスシ
ラッシュ…俺の周りには、熱心なファンがたくさんいます。
もし、来日したら、結構入るんじゃないのかと思いますが?

チッタは、凄いね!
この勢いで、Camel呼んでちょ?(>_<)

俺は、ライヴさえ観れれば、交流はなくても良いタイプ。
彼らと同じ空間にいるだけで、幸せなんです。

>次のライヴチケットを買ったとたんに「来なくていいよ」なんていう
>アーティストがいるとしたら、信じられますか?

信じられないです。それが本当なら、アーティスト失格ですね。
ファンを大切にしないアーティストは、応援しようと思いません。

■ファラン
ファランさんは、彼らを観てるんだよね!!良いなぁ~。
こゆ凄いBANDを知らない人は、逆に可愛そうだな、人生損してるなと
本気で思いますもん。観たら、絶対釘付け!(笑)

■ニッタ
俺ね、ライヴは体験すれば、その必要性ってわかると思ってる
人間なんだけど、ライヴに来ない人は、それなりの理由があると
思うんですよね。客のマナーが凄く悪くて、良い思いしなかったとかね。
演奏を聴いてガッカリしたとか。金が無いとか!(笑)

その瞬間を観れる事のしあわせって言うのかな…。
「空気感」凄くわかります。
全ての一体感は、ライヴでしか味わえないと思います。

プロレスだって、テレビで観るのと、生で観るのとじゃ
確実に、“迫力”が違うし、選手1人1人の息遣いまで聞こえてきますからね。
その流れの中に、ドラマを見出し、感動するわけですもんね。

■joe
絶対、単独だよな~彼らの場合。
単独でも、2時間じゃ足らない!!
1日観ていたい…。。

リンク貼り替えした方が良い?

■ シヴァ神
>その感動を知った人だけが得られる麻薬的快感!

本当に、その通りですよね!!同感です!!
シャングリラ!!シャンバラ王国!!!(^O^)/
五感…CDは、聴覚と、イマジネーションのみですもんね。
色を肌でも見ている…凄い言葉ですね…。
目のご不自由な方も、ライヴでも、振動で伝わるみたいです。

照明だけでなく、ミキシングとかも、凄く関わって来ますよね。
音の作り方1つで、ライヴが台無しになる事もある。

それを、全てひっくるめて、「ライヴの醍醐味」だと思います。
2007/04/05(木) 09:36:52 | URL | Tommy #-[ 編集]
CATHEDRAL、来日公演は全部観てます。
ギターのGazと同じ音楽の趣味なのが他人事とは思えん。
LOUD PARKの時にやつが着てたACIDのTシャツには痺れたなあ。

ライヴ・・・・自分にとってはLIVE=生き様です。
今生きてるこの瞬間の感情、気持ちをぶちまける。
それは演奏する時も、ライヴを観ている時も同じ。

レコーディングなんていくらでも誤魔化せます。
間違えたら何回も録音し直せばいい。
うちのバンドは一切オーヴァーダビングはしません。
ギター録音する時だって、バッキングもソロも一本のみ。
だからその時その時で音は変わるし弾く音色も変わる。
間違いだってあるし、正確にだって弾く事は出来ないけれど
でもそれが真のROCKじゃないかな、と思います。
70年代のハードロックバンドが一切のオーヴァーダビング無しで凄い曲やプレイを録音していた、
あのライヴ感覚や熱い気持ちをいつも心も秘めているつもりです。
2007/04/05(木) 20:10:09 | URL | JxExRxO #LPgq5aQ6[ 編集]
そういえば、5/3日にお嬢さんがクラブチッタでやるんですよね?
ワシは見に行くが、一緒に行きませんか?

明日はいよいよニュートロルスだ!!
ニュートロルス作品で金が飛んでいきそう~(血涙)
2007/04/06(金) 12:05:03 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
うーむ
Cathedralは単独で観たいですわ。
今年もLOUD PARKなんてこともありうるかもね(苦)
来ないよりはいいけど。
2007/04/06(金) 13:16:26 | URL | よろけ牛 #-[ 編集]
俺はライヴ派だもんね!(笑)
■JxExRxO
お忙しいのに、書き込みありがとうございます!
Gazは、もープログレマニアさんですもんね。
Sandroseも、彼関連で買いました!(笑)
http://tommy666.blog20.fc2.com/blog-entry-55.html

LIVE=生き様!!←これですよ!これこれ!

私は、生きてるうちに、観れるものは、全て観ておきたいです。
「音源」は形として残るけど、ライヴ体験ってのは、自分の心と体に
押されたある種の「刻印」であると思ってます。

オーヴァーダビングしないってのは、凄いですね!!
今は、色々なテクノロジーが発達してて、どうにでもできますもんね。
そこまで、徹することのできるアーティストが、今どれくらいいるでしょうね?

あの熱い気持ちは、ライヴ観てて伝わって来ます。
東京でライヴやってちょ~~~~~~(>_<)

■ジェネスシ
メールしたのでご確認くださいね!m(_ _)m

ニュートロルス!!楽しんで来てくださいね!!
ライヴレポ楽しみにしてまーす♪

■よろけ牛
LOUD PARKはねぇ…体力的に持たないよーな気がして…。

絶対!単独!!<(`^´)>だよね~~~~~~♪
2007/04/07(土) 10:33:12 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
’70年代のヘヴィー・ロック・バンドと言えばUriah Heepが思い浮かぶけど、それよりはるかに重く、ダークなバンドがこのCathedral=カテドラルである。そのジャケットの異様さも人目を引くが音の方は正統派!ブリティッシュ・ヘヴィー・ロックである。
2007/04/08(日) 00:03:53 | Rockなんでもてんこ盛り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。