放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スペシャルユニット「くるくる」
2007年04月09日 (月) | 編集 |
マイミクの、まっちゃんの所で、とんでもない映像がUPされてました!
行きたかったLiveが、観れただけでも幸せなTommyです!!

曲は、Free Loveの名曲『SHANGRI-LA』の後半部分ですね!!
名古屋のみなさんがうらやましい…こんなの観れちゃうんだもん…。
ドイツプログレ界の重鎮「GURUGURU」のドラマー「MANI NEUMEIER
(マニ・ノイマイヤー)」と「春日井直樹と午前0時」「FREE LOVE」による
奇跡のライブ・パフォーマンス!

drums: マニ・ノイマイヤー / junk: 春日井直樹(午前0時) /
bass: :愛タツヤ(午前0時:FREE LOVE) / guitar: シバタ(午前0時:FREE LOVE) /
synth: マツダ(FREE LOVE)2006年12月10日 鶴舞DAYTRIPにて!


関連記事

コメント
この記事へのコメント
マニさん、日本によく来るな。やっぱ日本が好きなんだろうね。
グル・グルの最新作なんて、日本語のヴォーカル入れている
もんね(ただし1曲目のみ)。
「くるくる」ねぇ~(笑)
グル・グルは何枚か持っているけど、とても追い切れない。
最近リリースラッシュだし。
関連作品も多いのでダメだ。氏んでしまふ。
とりあえず店頭で見つけたら買う。なければパス。これっきゃない!!(爆)

さて、同じく日本がとても好きなニュートロルスに行ってきました。
今回の目玉は、かつての盟友、ニコ・デ・パーロが参加している
のと、ぬわんと世界初(!)コンチェルト・グロッソ3の完全演奏。
しかも、コンチェルト・グロッソ3はまだリリースされていません!!
ニコが参加したツアーはすでにイタリアでやってはいるが、
コンチェルト・グロッソ3を日本で初めて披露するとは、日本に
対する並々ならぬ思い入れがあるに違いない。
実際メンバー全員が日本を気に入ってくれているようだし。
前回との違いは、前回は第一部がヒットパレードで、第二部が
コンチェルト・グロッソ完全再現で、ロベルト・ティランティがいた
せいかもしれないが、ロック色が強かった。
今回は、第一部が若干のヒット曲の後にコンチェルト・グロッソ3、
第二部がコンチェルト・グロッソ1~2と、プログレファンを意識
しすぎているんじゃないかと思うくらいのセットリスト。
当然、全編オーケストラが前よりも大活躍。
コンチェルト・グロッソ3は素晴らしかった。去年の公演がいい
刺激になったらしい。早く発売してくれ。
しかし・・・ヴィットリオとニコが並んでキーボードを弾く姿を見ると
往年のファンには感無量だろう。
ニコは1998年に事故にあって再起不能といわれたが、必死の
リハビリでステージで歌えるまでに回復。
ステージには一人で上がれず、スタッフの肩を借りて上がって
いたが、歌声は力強かった。心の中でヲレは泣いたよ。
アンコール1回目は、ニコがリードヴォーカルを取るコーナー
だった。この公演で彼が一番輝いていた瞬間だね。
これもまた、日本のファンへのヴィットリオのサービスなんだろう。
ニコに花を持たせたヴィットリオよ、ありがとう。
ちなみに、今回のヴィットリオとニコの共演のお膳立てをしたのが
なんとPFMのリーダー、フランツ・ディ・チョッチョというのには
驚いた。
友情に感謝。ニュートロルスファンは次のPFM公演にも足を
運ばねばなるまい。
なお、ニコの復帰はどうやら一時的なものらしい。まあ、完全に
回復していないあの状態でツアーなんて、そう長く続けられないだろう。
ついでにいうと、去年の公演でロベルトをつれてきたのは、
どうやらベースの腕だけでなく、ニコの代役となる高音ヴォーカル
も欲しかったかららしい。それほど彼は重要だ。
まあ、今年のベースさんも歌える人だから、きっとしばらくは
ニコが抜けた5人で活動するのだろう。
さて次はラッテ・エ・ミエーレの再結成かね(笑)
ドラムスのアルフィオ・ヴィタンツァよ、再結成して来日してくれ。
プログレファンで今回の公演を逃した人は、人生の大半を
損したとヲレは断言しよう!!いいライヴだった。
2007/04/09(月) 18:58:08 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
私「GURUGURU」聴いたことないのよ!…(^o^;)

ちょっと視聴したけど、あまり好みぢゃなかったよーな?
不思議な感じだよね?

ニュートロルス!お疲れさまでした!!
コンチェルト・グロッソ3の完全演奏は、凄かったらしいね!
全部で、3時間くらいだったけど、みんな足りない書いてますもん。

ニコは、再起不能と言われた時「絶望」という二文字が
頭をよぎったでしょうね?
それでも、歌えて、みんなの前で歌えて、本人が1番感無量かと?
早く、完全復帰できると良いね。(o^-^o)

ロベルトがいたら、娘にも会えたのにね?(笑)
早く、ラビリンスで観たいわ!!

ラッテ・エ・ミエーレ好き?
俺は、なんかいまいち!…(^o^;)

イタリアは、やっぱ「Pooh」に来て欲しい!!

この映像観ました?凄いでしょ?
Free Loveは、世界に通用するくらいのバンドよ♪
2007/04/10(火) 08:26:41 | URL | Tommy #-[ 編集]
映像は鑑賞したいのですが、当分無理っぽいッス・・・(死)
フリーラヴのライヴ見てぇ!!
しょうがないので東京で買ったワールドミュージック系の制覇に走ります(爆)
なかなか聴けないけどね。
とりあえず2枚までは聴いたので、残りはあと4枚くらいか。

すでに聴いた2枚

マヌ・ディバンゴ「B-SIDES」
 得意楽器のサックスをあえて捨て、マリンバで過去の自分の
 曲をセルフカヴァーしたアルバム。
 マリンバ気持ちよすぎ。氏ねる。
 過去のアルバムの再発をキボンヌ。

グランムン・レレ「ゼルヴラ」
 2004年に亡くなったマロヤの王様の遺作。たぶん最高傑作。
 マロヤとは、インド洋はレユニオン島(マダガスカルの東)に
 伝わる伝統音楽。
 パーカッションをバックに延々と続くグランムンとバックコーラスの
 掛け合い。繰り返しに耐える事ができない人にはお勧めしない。
 ヲレ的には70歳を超えているにもかかわらず、若々しくかつ
 演歌のような朴訥さを感じさせないグランムン爺のヴォーカルは
 結構好感が持てる。

聴いていない4枚
 コラ・ジャズ・トリオ(2作品)
 ナタリー・ナティエンベ
 チローロ

聴いたら感想書きます。あと、ラシッド・タハのDVD付き編集盤ほすい。
2007/04/10(火) 12:29:22 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
ジェネちゃん、Free Loveが今度東京に来たら
一緒に行きましょうよ?
生が凄いんです!このBAND!(爆)

マヌ・ディバンゴ
マリンバ好きです!
小学校で、演奏会観ました!!
生が凄いんです!(^O^)/

グランムン・レレ「ゼルヴラ」
ジェネちゃんも幅広いね~尊敬!!
「トラフン・ゲセセ」のようでないことを祈る♪

コラ・ジャズ・トリオ(2作品)
 ナタリー・ナティエンベ
 チローロ

まったく知らない…(大汗)

ゆっくり聴いてくださいね!(^O^)/
2007/04/11(水) 09:42:21 | URL | Tommy #-[ 編集]
次にライヴへ行ったら、フリーラヴ買う予定です。
グランムン・レレは激オススメ。トラフン・ゲセセとは全然違うので
ご安心を。ていうか、トラフン嫌い?

昨日聴いた2枚

ナタリー・ナティエンベ「サンケル」
 若手のマロヤ歌手の中では一番の注目株なんだそうだ。
 ナタリー自身がヴォーカルとパーカッションを兼ねているが、
 時折アコーディオンが入るところが斬新。
 アコーディオンが入ると、なぜかフレンチ・ポップスに聞こえる(爆)
 ヴォーカルは意外に気品がある。なんか、日本のプログレバンド、
 「キキオン」の十時由紀子さんに似ているな。
 グランムン・レレとはまた違った意味で楽しめる。
 もしかしたら、マロヤの枠を超えた音を目指しているのかもしれない。

チローロ「ベスト・オブ・チローロ」
 ハイチの伝説のパーカッショニスト。なんと、アメリカのジャズにも
 影響を与えたらしい。
 生没年は不明だが、おそらく80年代には亡くなっているとのこと。
 名前の通り編集盤だが、ちゃんとしたフルアルバムがないらしい
 ので(あったとしても全盛期を過ぎている)、自然、ハイチ音楽の
 コンピに収録されていたものや客演を集めてくることになる。
 今から13年前にCD化されてはいるらしいが、内容の良さにも
 関わらずあまり流通しなかったため、久しく入手困難だった。
 パーカッションの神様といわれているだけに、凄まじい演奏の連続!!
 パーカッション&自分のヴォーカルというトラックもあるが、シンプルな
 編成の中に変幻自在のプレイの洪水が迫る。
 たぶん、そこらのパーカッショニストなど足下にも及ばない。
 ただ、録音年代が古いものが多いためか、音は悪い。
 それを我慢すれば、タイコアルバムの決定盤と言っていい内容である事は保証する。
2007/04/11(水) 12:43:02 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
朝、記事書いてたら、手が痛くなったので、休んでました。
少し、腱鞘炎っぽいかも…(ノ_・。)

Free Love買う予定!!偉い!(^O^)/

トランフ…嫌いじゃないけど、毎日聴く音楽ではない!(笑)

マロヤ歌手?
これって、やはり、ワールドのコーナーっすか?
それとも、プログレ?
「キキオン」名前は、知ってるけど、未聴です。。


チローロ、良さそうですね!!
パーカッション大好きなんで!(笑)

アフリカの太鼓と、インドのタブラが好きなんで♪
2007/04/12(木) 17:15:17 | URL | Tommy #-[ 編集]
ここで感想を書いている作品はすべてワールドミュージックのコーナーで
拾ってきたものです。
ただ、個人的にはナタリー・ナティエンベはプログレに入れてもいいかな?
理由はマロヤという枠を超えた音を目指しているっぽいから。
これがプログレッシヴでなかったら、いったい何がプログレなのか?

欧米先進国や日本以外って、ロックやポップスがあっても、全部
「ワールドミュージック」なんだよね。

とりあえず、今のところTommyさん必聴と思える作品は、チローロと
グランムン・レレだす。
ホントは全部勧めたいのだが、優先順位をつけるとなるとこの2枚だな。
(ちなみに、まだコラ・ジャズ・トリオは未聴)
チローロはタイコが好きな人や現役のドラマーは必聴。
タイコアルバムでまず1枚挙げろと言われたら、ヲレはチローロにする。
グランムン・レレはマロヤを聴くなら、一番最初に手を出したいアルバム。
これ聴いてダメならマロヤ、いやインド洋音楽の他のアルバムには手を出すな。
ま、アフリカの音楽が好きなら間違いなく気に入ると思います。
コノノNo.1好きな人にもお勧めとどこかで書いてあったが、コノノと
共通しているのは、繰り返しから生まれるトランス感覚であり、
決してマロヤは爆音を出さないので、その辺期待しないように。
2007/04/12(木) 18:19:19 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
ワールドコーナーとか、ヒーリングコーナーとか
結構掘り出し物が見つかる場合あるよね!!
その中には、勿論プログレだろってのもありますね!!

最近、金欠で、CD屋さんに行かないけど。
行くと、買っちゃうんで!…(^o^;)

グランムン・レレは、
繰り返しに耐える事ができない人にはお勧めしないって
書いてあるけど?俺耐えられるかな?d(^o^)b

まず、マロヤという名前初めて聞きましたよ~。
凄い詳しいね~どこで調べるんだろか?

インドのパーカッションのみのCDをネットで当たって
いただいたけど、パーカッションのみって、つまらなかった。飽きる!(笑)
インド音楽は、やはり、シタールや、ヴィーナの演奏がないとね。。

コノノ、まだ1回しか聴けてない状況っす…。。
2007/04/13(金) 09:45:53 | URL | Tommy #-[ 編集]
ヲレはどちらかというと、面白そうなら買う男ダス。
見ず知らずのアーティストでも、音楽的勘とビックリ棒に引っかかったら即買うかな(爆)
まあたいした勘ではないが、引っかからない場合は調べてみて、
もし良さそうなら買う。
こんなとこか。
ちなみに、グランムンはオススメコーナーに説明書きが書いてあって
面白そうだと思ったから買いました。
ヲレもグランムンを店頭で見るまではマロヤなんて知らなかったしな。
レユニオン島というのがヲレのビックリ棒に引っかかったのよ(爆)

ちなみに、またヲレのビックリ棒に見ず知らずのアーティスト(?)が
引っかかりました。
鳥肌実。芸人。
2枚ありましたが、安かったんで両方購入。
 鳥肌黙示録 1575円
 トリズム   2000円

両方合わせても、最近出たリック・ウェイクマンのBBCライヴ2枚組より安い!!(爆)
2007/04/13(金) 12:32:27 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
コメント感謝です!
面白いのが好きなのか…へぇ…。

音楽的勘か…俺は、ジャケ買いとかはするけどね。
ビックリ棒が無いもので!(笑)

確かに、CD屋さんのレヴューみたいなのに釣られる
場合もあるね。みんな良さそうに書いてるけど!(笑)

レユニオン島が、どこにあるのかもわかりません!…(^o^;)

鳥肌実!!!知らない!!「右翼」?
聴いた感想お待ちしております。楽しみ♪

リック様のBBCライヴ2枚組なんて出てたの?
1枚ものなら持ってますけど…。。
2007/04/14(土) 13:14:27 | URL | Tommy #-[ 編集]
鳥肌実は怪しい。意味不明(爆)
ベース音が流れるトラックもあるが、基本的に彼の演説がメインなので、
音楽作品として考えない方が吉。
作品の出来としては、やはりセカンドの「トリズム」の方が出来がいい。
が、初めて鳥肌世界に入るならば、定石通り「鳥肌黙示録」から
聴くのがいいでしょう。
ヲレは映像作品が見たい。あとライヴも。ゴールデンウィークにやってるかね?
Tommyさんが笑えるかどうかは微妙やね。

コラ・ジャズトリオ
 ファーストはバンド名のタイトル、セカンドは安易にも「パート2」。
 ピアノ、コラ(アコースティックギターとハープの中間のような音色を出す弦楽器)、
 パーカッションのトリオ編成。
 セネガル、ギニアのトップクラスのミュージシャンが3人集まっている
 トリオバンドなので演奏は保証できるが、ファーストはピアニストが
 ジャズ志向、他2人が伝統音楽志向で、両者の志向がまだ一体化
 していないって感じ。よって、微妙に演奏がズレる箇所がある。
 セカンドはライヴを重ねたせいか、バンドとしてまとまり、ファースト
 よりも完成度の高い演奏を聴かせてくれる。
 ジャズと伝統音楽の融合を試みる前衛的なバンドなので、評価が
 分かれそうなアルバムだが、個人的にはジャズアルバムとしても
 充分に聴けるアルバムだと思う。ジャズファンに聴かせたい。
2007/04/16(月) 12:23:18 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
コメント感謝です!
今、聴いて来た!
http://japg.com/~doufla/flash/f154.swf

YouTubeのも観た!
これは、アニメに、音楽が流れてて、演説してた!(笑)
なんとなく、スネイクマン・ショーを思い出した。

俺は、パスするよ……(^o^;)

ゴールデン・ウィークは、3日に、濃いデス・スラッシュ系が
あるけど、来る?首鍛えられると思うよ♪

コラなんて楽器初めて知りました…へぇ…。
ジャズと伝統音楽の融合を試みる前衛的なバンドってのが
面白そうだね!!プログレファンには、どうでしょうか?
2007/04/17(火) 09:17:32 | URL | Tommy #-[ 編集]
プログレファンねぇ・・・ま、とりあえずケンソーあたりが好きなら聴いてもいいかな?
2007/04/17(火) 21:44:10 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
コメント感謝です!
ジャスは、たまに聴きたくなる。
特に、ピアノは好きですね~。
できれば、お酒呑みながら聴きたい音楽よね♪

「大人の音楽」って感じ、ジャズはね。
「ガムラン」最初は、良かったけど、やかましい!(爆)

やはり、インド音楽が、私の中では最高峰かな?
テレビで、トルコの音楽(シルクロード)やってたけど
これも、良いわね…今度挑戦してみるわ!d(^o^)b
2007/04/18(水) 09:18:48 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。