放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カルメン・マキ/BLUES CREATION'71
2007年05月11日 (金) | 編集 |
carmenmaki

聴きたい時に聴きたいものを聴く!これ極意なり!(笑)
今日は、Metalだの、プログレだの引っ張り出して聴いてみたが、
何かしっくり来なくて、最終的に、このアルバムに落ち着いた!(笑)
BLUES CREATIONについてはここに、
カルメンマキについてはここに以前書いてます。

リアルタイムで聴けたはずなのに、当時BLUES CREATIONを知らず、
「白熱のブルース・クリエイション」を、数年前に聴いてノックアウトを食らい
その後「悪魔と11人の子供達」を購入!!Kabbala20号P47にて、
今はなき金田興一郎さんの「日本のブラック・サバスBLUES CREATION」
にて、本作の事を知る。全てが後追いなんですよ~私の場合…。。

「白熱---」においても、マキは、1曲参加してて、このアルバムは、
同時にリリースされてるみたいです。
で、彼らの1st「BLUES CREATION」のジャケ写を先ほど始めて見ました!(笑)
んん…センス無いというか、グループ・サウンズの延長と言うか…。
狂気のボーカリスト布谷文夫…1度聴いてみたいっすね!!
私が聴いたのは、第二期BLUES CREATIONという事になりますな!!

大沢博美君の「日本語英語」と言われた歌いっぷりも相当好きだが
マキの歌うこのアルバムは絶品だ!!
何しろカッコイイ!!染みる!!
マキは、俺の中では、永遠の憧れ…。。

その後、マキ&OZを結成するわけだから、かなり貴重と言えば貴重。
まだ、声が若々しくて可愛らしい。
OZの時の凄みみたいなのは、まだチョボチョボでね。(笑)
アングラな匂いがプンプンしてる。

今から、30年以上前なのに、今聴いても実に素晴らしい音作り。
今は、デジタルで何でも綺麗に作ってしまえるけど、このアルバムには
なんというか本物のロックの音がギッシリ詰まってる。
ビンビン来るんだよね!!荒削りであるけど「真実」が詰まってる。
数曲カバーがあるものの、殆ど竹田和夫が作詞・作曲してる。
彼は、名ギタリストであると共に、素晴らしい才能を持つ人だね。
この時、若干19歳とは考えられないよね…。

フォーク、ブルース、ロック色々なテイストが目白押しなアルバムだ!
特に、4曲目「EMPTY HEART」(空しい心)8分以上ある大作なんだけど
これは、マジ名曲だと思うね~

尚、このアルバムは、ニューロック期の名盤として評価が高いらしい。

20歳の初々しいマキ…。。ふぁ~(ため息)
cmaki

オフィシャル
BLUES CREATIONについて

コメント
この記事へのコメント
好きです!
“アンダーストッド”だっけ?勢いがあって好きだ!
確かカヴァーだと思ったけど、マキの声がスゴク良い!
しかし、マキ若いなあ!“時には~”の方が老けて見える(笑)
2007/05/11(金) 01:53:21 | URL | Rose #-[ 編集]
マキ は、いいよね。俺も大好き。確か、神大とか行ったんですよね。俺も行きましたが。
ただ ... そして、もう一人、忘れちゃいけないぜ ! な、女性ヴォーカルがいらっしゃる。
麻生レミ。
元祖和製 Janis ..... と言われとるが、俺的には、後にも先にも、レミ しかいない。
レミ がいなかったら、マキ も、金子マリ もいなかった ..... 言い過ぎかな。
ROCK'N ROLL JAM '70 (TOCT-8720-21) という CD が、出ていて、FLOWERS 名義で、Piece Of My Heart と、All Is Loneliness が聴けます。レミ を初めて観たのは、76年頃、井上堯之WATER BAND にて。Janis のカヴァーをバリバリ聴かせてくれた。でも、売れなくて、いつの間にか無くなっちゃった。レミ は、この時期、2枚のソロアルバムを出しているが、残念ながら、アメリカンポップス調で、俺的にはイマイチ。レミさん、何してるんだろ。

布谷文夫 は、知らないんですけど、吉祥寺のココナッツディスクのG.S.コーナーにあったと思います。(07年4月28日現在)
CREATION ...... 実は、樋口さんの大ファンです。ライブ帝国 ヨコハマ・ブルース・ストーリー (JPBP-13039) で、73年の CREATION の雄姿が拝めます。一曲だけですけどね。

すんません、好きなこと書いて。
どんな結果による結末なのか知らないのですが、III が出て (出る前に) 解散。実は、III は、一番好きなアルバムで、ポップすぎるとか言われているけど、南海行路 を、メロディだけで判断しちゃいけなんだけどな。だから、当時、解散ってのは、寝耳に水だった。きっと、金が無かったんだろうね。閉ざされた街 発売直後の、宇都宮での、ワンマンまで見たけれど、そりゃあ、金の掛かったステージングだった。照明だって、コンピュータ化はされていたのだろうけれど、それでも人海戦術だったろうからね。リアルタイムで観れた俺は幸せだけど、もっと続けてほしかったのが本音です。
2007/05/11(金) 09:18:46 | URL | ばねじい #CrS0LqOg[ 編集]
ヤバすぎ!
ブルースクリエイションの『悪魔と~』はモロにサバスの『マスターオブリアリティ』っぽい音でしたね~!ギターがヤバ過ぎる!さらに曲名がプロレス技なのもちょっとキてますね(笑)カルメンマキはOZの三枚目とかいいですよね。
2007/05/11(金) 12:45:27 | URL | ぱぴぴ発狂食品 #-[ 編集]
お久しぶりです!カルメン・マキ!懐かしいです。初めて買ったレコードが「時には母のない子のように」なんですよ。Rock気違いの俺には意外かもね(爆)&Battle Of Rock Ⅱが軽~くなりましたのでお知らせいたします。
2007/05/11(金) 23:59:39 | URL | markunman #jVHfAgrc[ 編集]
コメント感謝です!
■Rose
UNDERSTANDです!そーです!d(^o^)b
珠玉の名曲と言われてますね!!
確かに、「時には…」老けてるかも!(爆)

■ばねじい
ばねじいが来てくれる事を想定して書きました!(爆)
来てくれて嬉しいです!!
しかし、まぁ…詳しいなぁ…(^。^ゞ

マキも和製 Janisとか言われていたような?
麻生レミ…実は名前だけしか存じ上げません。m(_ _)m
67年頃活躍されてたんですね。
今、検索して、お写真だけ観て来ました。
サイケなギター持っててかっこいいですね♪

布谷文夫さんは、ソロアルバム出してますね。
CREATIONは、神大に出てたよね?確か?(^。^ゞ

マキ・OZのアナログは、弟が所有してます!(笑)
弟のバンドで「火の鳥」を歌う事に、私なってました!(爆)

確かに、もっと続けて欲しかったですね。
でも、今も、たまに、その頃の曲をライヴでやってますよ。(^O^)/

■ぱぴぴ発狂食品
君は、若いのに、よくこのバンド知ってるね~?尊敬!!
『悪魔と~』は、も~ジャケからして、ヤヴァイ!(爆)
「原爆落とし」…これ、本来、プロレス技からつけたの?
マキ・OZまで知ってるなんて…凄い…。。

■markunman
お久しぶりです!(^O^)/
「時には母のない子のように」が初めて買ったレコードなの!!
私は、ビートルズだったかも♪
Battle Of Rock Ⅱお邪魔いたします。ご苦労さまでした。m(_ _)m
2007/05/12(土) 11:30:55 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。