放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅惑のリュート
2007年05月14日 (月) | 編集 |
lute

食後の一服の時、いつもNHK FMをつける。
「ベスト・オブ・クラッシック・ヤコブ・リンドベイル・リュート演奏会」

「リュート」…良く聴く名前だ…しかし、詳しくは分からない。
それにしても、素敵な音色を聴かせてくれる楽器だ。
ギターと、チェンバロを混ぜたような音色とでも言うのだろうか…。

ネットで調べた。カタチは、どことなく「琵琶」に似ているではないか。
日本や中国の琵琶とも祖先を同じくする。日本に来たのは奈良時代。
最も初期にはリュートは主にトルバドゥール(吟遊詩人)などが
歌の伴奏として用いていたと思われている所からも、かなり琵琶に近い。

演奏されたのは、バッハの「995番」とか言ってた!(笑)
俺は、こゆ、古楽器の音が本当に好きなんだと思った。
今のように、ステレオ等が発達する前は、みんな『生』で
これらの音を楽しんでいたのだ。贅沢と言えば、こんな贅沢はない。
そ~生でしか「音楽」が聴けなかった時代なのだ。。。

ウィキペディア

コメント
この記事へのコメント
リュート、師匠の悪戯させてもらったことがあります。けっこう軽くて、ペグがギアじゃないんで調弦がすごい難しいです。19世紀ギターもリュートも僕は爪を落とした指頭奏法が好きですね~。フォームもモダンギターとは全然ちがいます。暖かい音がしますよ。ナイジェル・ノースという方の演奏が素晴らしいです。
ところで、ヤングギターがまだ手に入りません・・・。本屋さん、月曜日に来るって云ってたのに来てませんでした。残念です。
2007/05/14(月) 23:36:36 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
古楽器とか民族楽器の音っていいですよね。
先日教育テレビで、リュートににた形の楽器を弾いているアラブ系の人がいました。思わず聞きほれてしまいました。
アラビア語? トルコ語? そのあたりの語学講座の番組でした。
2007/05/15(火) 00:30:39 | URL | Oimizu #7qizzFss[ 編集]
あ~素敵、形といい、細工といい、古楽器いいですね。
ちょっと私もなにか古楽器習ってみようかしら・・・・
次は、花とエロスの弾き語り目指そうかな~~~
2007/05/15(火) 09:27:04 | URL | 瑠璃 #-[ 編集]
コメント感謝です!
■sherbet24
リュートいじったことあるんだ!凄い♪♪♪

「リュート奏者は人生の三分の一を調弦に費やす」という言葉もあるらしいよ。

カタチは、琵琶みたいだけど、音はまったく違うね!
こっちの方が好きかも!!(o^-^o)

音源売ってるかな?探してみたいわ♪

沖縄は、月曜日だと娘は言ってたけど、どしたのかしらね?
も少し待っててね。あまり無理しちゃだめだよ!

■Oimizu
私、民族楽器には目がないのよね。
「シタール」とか「ヴィーナ」とか、凄く好き。
演奏会にも、行ったくらい好き。

リュートに似てるのは「ウード」かもしれないね?

先日、ウクレレ売ってたので、いじってみました。
弦が4本しかないから、どう押さえて良いかわかんなかったけど
ベンベンやっちゃいました。(笑)

■瑠璃
本当に、カタチも素敵だね~(^O^)/
音も凄く素朴で、綺麗な音色だったよぉ♪

実は、「お琴」に興味があったりします。
高くて買えませんが!(ノ_・。)

良いね!良いね!良いね!
瑠璃さんの、「花とエロス弾き語り」観たい♪
2007/05/15(火) 22:21:50 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
AD/仏盤/1987年 フランスの民俗音楽レーベル、オコラからリリース。 オコラのレコードには、書籍のように第何版かが記載されていて 初版が1983年、おれが持ってるのは1987年の第四版。 Munir Bashirというウード奏者のアルバ
2007/05/15(火) 00:01:59 | メタル馬鹿一代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。