放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE GUITAR TRIO'96
2007年05月19日 (土) | 編集 |
guitartrio 1. ラ・エスティバ
 2. ビヨンド・ザ・ミラージュ
 4. カーニヴァルの朝
 5. レター・フロム・インディア
 6. エスピリトゥ
 7. 山の修道院
 8. アズラ
 9. カルデオサ






オイラが彼らを観てから、丁度10年が経過した。
時は、1997・2・23オーチャードホール!!
この時点では、オイラ恥ずかしい話アル・ディメオラしか知らなかった…。
他の人は、「その他」くらいの感覚で、ライヴ行ったさ!!(汗!汗!大汗!)
そしたら、後の2人のプレーの方が、アル・ディメオラを超えていた…。
自分の中では、ある意味カルチャーショック的ライヴだったよ。

その時に書いたライヴ・レポートがあるので、お楽しみください!Tommy

2150席を埋め尽くすお客様。年齢層にも幅がある。
場所がオーチャードホールだけに「皮ジャンとブーツ」どうしようかなぁ~と思いながらも
オイラもメタラーの端くれ、「ヨーガス!このままのイデタチで」ところがどうでしょう?
いるわ、いるわ。若メタラー、中年メタラー、チビメタラー、デブメタラー、
何だかそれだけで感激です!「おっしゃ~今夜は俺様のものだ!」(爆)

(登場人物)
パコ・デ・ルシア(ギター一筋禿げ親父 結構頑固者)
アル・ディメオラ(インギーも真っ青、高速ギター男)
ジョン・マクラフリン(インド哲学と音楽の愛好インテリ)

シンプルなステージセット。アンプ3つに椅子3つ。
アルの足元にだけアタッチント数種。まず、「アル」「パコ」「ジョン」
それぞれ持ち曲2曲ずつ職人芸をみせつける。その後、2人ずつ色々な
組み合わせでの演奏が続く。
その中でも一際オーディエンスの反応が大きかった「エレガント・ジプシー」
からの“地中海の舞踏”やっぱ腕は落ちていない。あの時のままだ!
時を超越してる。JAZZ畑で育ち、スパニッシュ、ラテン、フュージョンと
数々の分野をこなし、もの凄い迫力!!速い!なんて速いんだろう!
高速悪魔もビックリだ!1時間20分間の演奏の後15分の休憩を挟み再開。
今度は3人お揃いだ。ライティングもただの明かり取りからブルーに変わり、
目を閉じるとそこは海!海!海!!それぞれのソロに忠実に2人が
アンサンブルを組み、見事なまでの音の芸術がそこに繰り広げられる。
そして、ライティングがレッドに変わる。Oh!!灼熱の太陽、スペインの
情熱のフラメンコを彷彿とさせる。オ~レ~~~~~~!
3人の演奏がものの見事に調和され、オーディエンスも圧巻だ!
8時20分終了。そして再びアンコールの雨が降り続ける。
最後もスパニッシュ風な曲調だ。本当に3人の息がピッタリ!!
パコ、ジョンが温かくアルを見守っているようにも見えた。
終始アルが少年のようにキラキラ光って見えた。舞台に駆け寄る
オーディエンスからめいめいが花束をもらい、舞台の袖に消えて行く。
だが、アルだけは別れを惜しむかのように詰め寄る人々の握手を快く返していた。
いつもなら、耳の穴全開。次の日まで耳鳴りするのだが、初めて耳に優しい
ライヴに出会った。立つこともなく、コブシを振りかざすこともなく、
一緒に踊ることもない。だけど、満腹。こ~ゆ~のもたまには良いね♪
アル、パコ、ジョン本当に素晴らしかったよ、ありがとう!!
これからも、人々を感動の渦に巻き込むライヴ頼むぜ!!

このアルバムを聴くと、この日の熱いライヴを思い出します。
それから「シャクティー」に走ったのは言うまでもない!(爆)

pacodelucia


コメント
この記事へのコメント
えー、これ生で見ているんですか。
しかもディメオラ以外の2人は「ナンボのもんじゃい」状態という、贅沢さ。すごいですねe-68

シャクティ、FMで聞いてぶっ飛びました。
高校の頃だったか・・・
2007/05/19(土) 01:08:37 | URL | Oimizu #7qizzFss[ 編集]
かろうじて、パコ・デルーシアだけは生で見ました!強烈すぎます。親指一本でも、普通のひとの5倍くらの速さで弾いてますもんね。LIVEには沖縄中のギタリスト(クラッシック畑)が顔をそろえてました・・・。ギタートリオのCDは持っていますが・・・。特に生パコ、できるならもう一度拝見したいです・・・。
2007/05/19(土) 01:38:52 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
レコード聴いて
ってレコードってのが古いな。
ぶっ飛びモンで、その日からフュージョン方面にしばらく
浮気をしていました。

これを聴いていると
「テクニックは表現するためのツールでしかないのよ、キミ」
と言われている気がする。

速弾きなんてのは出来てあたりまえなのね(涙)
基本として
2007/05/19(土) 09:11:16 | URL | katu@wisdom #-[ 編集]
これは愛聴盤です。
神様は一人じゃなかった・・・ってことかな?
2007/05/19(土) 10:37:00 | URL | evergreen #-[ 編集]
コメント感謝です!
■Oimizu
生で観ました!!貴重な体験でしたね♪
こんな面子では、なかなか観れないですよね!!

シャクティー聴いた事あるんですか!!
真夏によく聴きましたね、2枚とも。

■sherbet24
パコの銅像があるって本当の話なんだろかね?(((゜д゜;)))

この日も、有名人来てましたよ!渡辺香津美とか!(笑)
ギターは、やはり生が良いなぁ~♪

■katu@wisdom
katuさんが、フュージョン!!(こら!/笑)

ここまで来ると、なんか「凄い」という言葉もチープに
感じてしまいますね。本当に…。

■evergreen
evergreenさんが、これを聴いているなんて…。
本当に幅広いね!恐れ入りました!m(_ _)m
2007/05/21(月) 08:38:55 | URL | Tommy #-[ 編集]
ワシが連休に「ギター三国志」借りたのを覚えているかい?
実は、渡辺香津美氏がジャック・リーと意気投合したことで、
このスーパーギタートリオをヒントにエイジアン・スーパー・ギター・
プロジェクト(ASGP)を思いついたらしい。
東洋版スーパーギタートリオと西洋版(?)スーパーギタートリオを
是非聴き比べたいもんだ。
・・・でも、ジャズ・フュージョンは他にほすいのあるんだよね、実わ(号泣)
2007/05/21(月) 12:13:01 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
渡辺香津美、ユージン・パオ、ジャック・リーの日中韓
スーパーギタリストの共演だぜ。ってやつね!(笑)

このアルバム凄く良いよん★
他に欲しいのあったら、そっち先に買って、これは
その後でも良いじゃない!d(^o^)b
2007/05/22(火) 10:42:27 | URL | Tommy #-[ 編集]
こんにちは。
ライブ盤は持ってるんですけどね。これ持ってないです。

川柳のことで、ありがとうございます!
くだらないネタですよ。勘違いなさってるかもしれませんが。
最近読まれたものだと、

お題”計算”
スイーツは カロリー計算 対象外
九の段が 思い出せずに 湯にのぼせ

お題”変わる”
雷の 向き変わる前に 居間を抜け

こんな感じですよ(笑)

三上寛さんもすごいですよね。すごい!としか言えないんですけど(笑)
2007/05/22(火) 22:18:02 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
こんにちは。
KROHMは、ネットのHMVもアマゾンも調べましたが、売ってますよ。
普通のお店は知らないですけど(笑)
ただ、1997年に出たデモの「Slayer of Lost Martyrs」は音質悪いです。
2007/05/24(木) 07:14:44 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
コメント感謝です!
ライヴ盤持ってるんですか!!
でも、たぶん、スタジオ盤と変わらないかも?
彼らの演奏は、一寸の狂いもないですからね…。
脱帽もんですわ!(^O^)/

>スイーツは カロリー計算 対象外

これ分かります!!上の娘がまさしくこれ!(爆)
炭水化物を取らないで、高い「プロテイン」を飲んでるくせに
ケーキは、いくつでも食べるんです!(^o^;)

この「雷」ってのは、親父の雷ですね!(笑)

KROHM情報ありがとうございます!!
1人ブラックも、侮れないですね…反省。。
2007/05/24(木) 09:00:07 | URL | Tommy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
CD/米盤/1990年 突如としてTOMATOというマイナーレーベルから発売された。 偉大なるアストラ・ピアソラに捧げられたこの1枚は、 ジャズ/フュージョンというよりは、ワールド・ミュージック的なアプローチ。 そのものずば
2007/05/19(土) 19:47:55 | メタル馬鹿一代
AD(2枚組)/国内盤/1980年CDでは1枚組。アナログでは2枚組のため、ヴォリュームたっぷり。それまでの壮絶テクニカル路線から、このアルバムでは多様な音楽性をきかせているので、一般の音楽ファンにはむしろとっつきやすいか
2007/05/19(土) 19:49:16 | メタル馬鹿一代
CD/国内盤/1994年 おれのもってるのは、ジムコ盤。 ジムコは既に潰れてるが、その後、トイズから再発されている… …のだけど、これも廃盤らしい? ジムコの初回盤にはおまけでギターピックがついていた。
2007/05/19(土) 19:51:54 | メタル馬鹿一代
CD/国内盤/1991.10.251972年リリース。サンタナとジョン・マクラフリンとの競演盤。(マクラフリンをしらないひとはギターキッズではない)どうも世評が芳しくないアルバムらしい。サンタナとマクラフリンのギターバト
2007/05/19(土) 19:54:13 | メタル馬鹿一代
 世の中には全くジャンルというモノに属さない音楽もある。ロックでもあるけどジャズでもある、そして高尚な音楽でもあるし技術的にも素...
2008/03/20(木) 19:23:07 | ロック好きの行き着く先は…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。