放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DREAM THEATER新譜途中経過!
2007年06月10日 (日) | 編集 |
systematic chaos
Systematic Chaos'2007

今日で、3回目の聴き込み。
最初少し聴いた時点では、何となく「う~ん」って感じだった。
DVDを途中まで観る。レコーディングって、スゲェ大変なんだな…。
歌った箇所の1部を差し替える事まで、できるなんて今の技術は凄い…。
プロになるって大変なんだな…。「好き」ってだけじゃ無理だわ…。

「Metropolis Pt.2」が、自分の中では、最高作だったが、聴き込むうちに
「OCTAVARIUM」が、それを超えた。最近の事だ。

今回の新譜は、3回で、なんとなく確かな手応えを感じる。
友達達の評判も良い。DVDで観てるから、曲が頭にインプットされてる。
DVD観てから聴くのも良いかもしれない。

CDは、今の技術では、どんな手直しも可能だ。
CDが素晴らしくて、ライヴ観てガッカリしたBANDもいた。
DREAM THEATERが凄いのは、これを、ライヴで完全再現してしまう所だ!!

しかし、アマゾンでは、酷評だなぁ…Vo首にしろだって!!
人の感じ方って、こんなにも違うもんなんだね…。
だから、面白いのかもしれないけど!聴き込み続行しますTommy

コメント
この記事へのコメント
Vo首にしろ
今は、ラブリエを酷評するのがトレンドなんです、多分。
「イメージズ&ワーズ」の時に首にしろ!っていったら凄いけど
いま騒ぎ立てても「あ~、はやりにのった意見だな」としか。
2007/06/10(日) 19:18:04 | URL | メタル馬鹿一代 #KYvhgCNg[ 編集]
私の評価も・・・
こんばんは。

私の評価も・・・ちょっと・・・でございます。。。
5がピンクフロイド風になってるのが面白いくらいかな。。。
でも、それならフロイドのカバー(オフィシャルブートレグ)
の方が完成度が高い気がします。
6とか7は詩が今の私には痛い(>_<)

それでもラヴリエさんについては一言!
彼、毎度毎度酷評されてますが、
どこが悪いのかな・・・って思います。
確かにメタルには向かないかもだけど、
A Mind Besides Itself組曲、Octavariumなど、
甘い声を生かせるプログレナンバー、バラードナンバー
には必要不可欠だと思うのですけど。。。
2007/06/10(日) 19:53:02 | URL | Camel #XRpZ5Ogs[ 編集]
ドリムシか~・・・。
DVD見て思ったけど、やっぱ曲作りとレコが同時進行だから
その場で濃いアイデアを詰めすぎて、どうしても曲をトータルで見てないと思う。
・・・多分、見てるんだろうけど、DT内でだけしか分からないレベルのトータルだと思う。
ソレこそ、今はレコで簡単にパンチイン出来るしね。
作ったパートをいつでも好きなところに貼り付けることが出来るし
その場その場で最強+最高のプレイが詰め放題出来るし、
だからこそ、濃すぎるプログレになるんだとは思う・・・。

かんさすやラッシュ、ピンクフロイド、Yesが懐かしいですな・・・。
あの頃はプログレなのに、聴きやすく、先を聴きたいという感覚もあった。
でも、ドリムシはぶっちゃけ最後まで一曲が聴けないし
聴こうとも思えなくなってしまった・・・う~ん、あ~ん・・・。
2007/06/11(月) 00:52:08 | URL | Takeyan #-[ 編集]
私もこのアルバムはかなり評価低いです。

聴いた事があるようなフレ-ズを繋げていただけだったり、他のバンドの真似だったり、やはり彼らは楽曲作成能力に欠けているのを暴露したようなアルバムだと思います。もうネタ切れなのか?

メロディ-は薄いし、何回聴いても印象に残らない。テクニカルにして誤魔化しているだけですね。本当に残念です。
2007/06/11(月) 02:29:43 | URL | ギル #-[ 編集]
コメント感謝です!
■メタル馬鹿一代
ラヴリエは、凄いVoだと思う。
けど、このDVD観てると、表情が厳しいんだよね…。
メンバー間の人間関係は、うまく行ってるのだろうか?

■Camel
5は、最初聴いた時、もっとも印象深く残りました。
スローなナンバー結構好きなんですよね~。

詩までは、まだ読んでませんが、今日聴いた所
2曲目が、頭の中に、インプットされちゃいました…。

ラヴリエは、表現力豊かで、素晴らしいVoだと思ってます。
フレイム・シフトとか、お聴きになりましたか?

■Takeyan
曲作りと、レコ同時進行って、神業みたいだけど
良く考えると、それなりの問題が出てきますよね。

技術の進歩が、ある意味邪魔してる部分もあるよね。
彼らのレベルならば、一発撮りの方が、逆に面白いものができるかも。
でも、惰性は許されないのかもしれない。

彼らは、ラッシュ、フロイド、Yesとは、違うのは仕方ない。
だって、メタルだから!(^O^)/わ~い!わ~い!

■ギル
家の上の娘は、評価が高く、下の娘は評価が低いっす!
同じ兄弟でも、まったく違う…これが、音楽の醍醐味だと思いますね。

「アウェイク」を評価する人もいるけど、オイラ、ダメっす!(大汗)

このアルバムは、彼らの今までの、集大成だと思ってます。
同じ人間が作るのだから、その辺は、仕方いなと思いますね。

2曲目なんか、ものスゲェ印象に残るメロディーですね…私には。。

しかし、ギルさんとは、いつも合わないね?(笑)
2007/06/11(月) 21:50:33 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
どうなんでしょ?
昨日買ってきて1回しか聴いてないけど・・・。


最近のDTには何か夢中になれないのよね?

買ってはきたけど・・・。



野球とは違うけど、
「名選手、名監督にあらず・・・」って言葉を少し思いだした。


「Metropolis Pt.2」までかな?

ほんとに好きだったのは。


例えは悪いけど、いつもの”まるやん”的という事で許してタ.モ.レ(爆)

2007/06/11(月) 22:01:03 | URL | まるやん #-[ 編集]
アマゾンなどで酷評されているので、個人的意見を言わせてもらうと・・・

個人的にはラブリエは、んまいヴォーカリストだとは思うが、正直
好きと言うところまではいかんなぁ。
だから関連作品までは手が出ないのよ。
ドリ虫の他のメンバーに関してはそれなりに課外活動も追いかけているんだけど。
でもラブリエのヴォーカル、アマゾンで酷評するところまでいくかなぁ~?
ヲレには疑問。
あと、ジョーダン・ルーデスも音色がワンパターンと酷評されていたが、
ヲレに言わせればジョーダンが1つのキーボードをとことん使いこなす
タイプの人だと知っているならそういう事言わないと思う。
ドリ虫って所詮ギターバンドだから(ヲレ的には)、ジョーダンは脇役だね。
でも彼は名脇役だと思う。歴代キーボーディストの中ではもっとも
アンサンブルを重視する人だと思うがどうなんでしょう?
新作がかなりボロクソにけなされているが、たぶんこの作品、あまりにも
難解すぎて、少し聴いたくらいじゃ分からないと思う。
酷評するには、まだ早いんじゃないかな?
1曲1曲がイマイチ弱いんじゃないかというのはヲレもある程度は
感じているんですが。
ちなみに、ドリ虫新作はまだ1回しか聴いていません。
しかも途中で爆睡(死)。いろいろあって疲れた~。
ドリ虫はおろか、他の音楽も今は聴く気になれません。
2007/06/12(火) 12:27:27 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
コメント感謝です!
■まるやむ
人それぞれだからね!!
「Metropolis Pt.2」が、凄すぎたってのも確かにあるね。
オイラだって、「オクタバリウム」最近だもん。
良いなぁ~と思えたのは!(大汗)

■ジェネスシ
ラヴリエの声も、特徴あるから好き嫌いあるかもね。
関連作品は、何枚か聴いたけど、やはり、ドリーム・シアターが
1番好きだな!!(笑)

嫌いならば評価しなければと俺なんかは思うね。
好きな人が見たら、気分悪いもん!(爆)

俺は、前のKeyが結構好きだったから、彼が抜けて
少し離れてた時期があるのよね。
ジョーダンのプレーは凄いと、DVD観てて感じた。
余裕あるプレーってのかね。凄い人だす。

このアルバムは、聴き込みが必要かも。
聴いてるうちに、ドップリよ!(^O^)/

どしたの?
何か嫌なことでもあったの?
ここで、癒して行ってください!!d(^o^)b
2007/06/13(水) 10:13:41 | URL | Tommy #-[ 編集]
良いと思います
こんにちはv-14

いつもながら賛否両論のDTですね。メンバーはすっかり慣れているのではないでしょうか。

私としては、今作は期待通りの出来に仕上がって嬉しいです。v-91
難解さの中にキャッチーさがあって、比較的聴き易いと思うのですが、、、

ちょっと聴いた程度で、鬼の首でもとったように酷評する人は、メタ馬鹿さんの言われるようにトレンドに乗っているんでしょうね、きっと。
「愛情の反対は無関心」と言われるように、本当に嫌いなら聴かなければいいだけのことですから。
2007/06/16(土) 13:29:15 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
PLANET X
今日届いた、PLANET X ってバンド (プロジェクト ?) は、Derek Sherinian って、元 D.T. の人でした。Brett Garsed と、Allan Holdsworth なんで、ボー・トラ無しで買っちゃったんだけど、こういうインストには、気持ちよく身を任せられる人です。> 俺。

octavarium、まだ聴いてません。すんません。

2007/06/16(土) 16:10:50 | URL | ばねじい #CrS0LqOg[ 編集]
新作そんなに悪くないと思ってたんで評価にびっくりしました(-_-;)
ジェイムスをなんで責めるんでしょうかね。曲作ってるのは彼じゃないのに・・・。
2007/06/17(日) 08:37:04 | URL | syou #-[ 編集]
コメント感謝です!
■チャーリー432
私も、いつも聴いてるけど、聴けば聴くほど、
素晴らしさを再確認できると思ってます。このアルバム。

たぶん、酷評されてる方は、1、2回しか聴いてないのでは?(^。^ゞ

みんなの批評を見て買う方もいらっしゃるわけですから
発言には、十分気をつけてもらいたいもんですね…。

■ばねじい
Derek Sherinianは、Keyさんですね!!
私は、「 PLANET X」は、未聴なんですけど、インストがお好きならば
リキッド・テンション・エクスペリメントなんかお薦めかな?
http://www.marquee.co.jp/avalon/lte.html

octavariumは、ごゆっくりお聴きくださいませ♪

■syou
新作良いですよね~。
ま、聴く人は、それぞれですからね…。
彼の歌い方とか、好きじゃないのかも…。。
2007/06/17(日) 19:00:01 | URL | Tommy #-[ 編集]
負けへんぞ!
こんばんわ。
遅ればせながらTBさせて頂きました。
非常に分が悪いですが、分る方には分る作品なのでめげずに聴きます。(涙)
2007/06/19(火) 21:03:56 | URL | elmar35 #6M.fxWTA[ 編集]
遅レスすいません!m(_ _)m
音楽は、人それぞれ好みですからね。

好きな人達が、頑張って応援すれば
良いと思ってます!!がんばんべ~(^O^)/
2007/06/21(木) 21:32:32 | URL | Tommy #-[ 編集]
ども、お初です!
やはりSystematic Chaos低評価に思えたのは自分だけじゃなかったんですね;;
バーンでは、かなり評価高かったのは覚えてるんですが・・(ボソ
自分は最近、ぺトルーシのヘヴィなだけのワンパターンで占めるリフに不服が。。
LTEやペトルーシのソロ作品の方が本来のDTのあるべき姿だったりと言う気持ちになりますね。
どう考えてもペトルーシはソロ作品の方にアイデアを詰めすぎたんじゃないのかと思えるくらいw
そうなるとトータルバランスが良かった「Scenes From a Memory」や「Images And Words」の方にやはり軍配があがるのでしょうかね!?

しかし、Voを酷評するのはよくわかりませんけどね・・。
別に彼は昔っから変わってないでしょう??w
2007/10/07(日) 13:34:52 | URL | 802Funky802 #NibbXaJM[ 編集]
はじめまして!(^O^)/

このアルバムは、評価が、2つにわかれてますね。
私は、ぺトルーシのソロは聴いてないから、わからないけど
「次作」が、勝負だと思ってるわ。

みんなが求めているものと、彼らのやりたい事のギャップが
少し、このアルバムでは出た気がするのよね…。どう。?

私、現時点では「オクタバリウム」が一番好き♪

色々な人間がいるっと事よね。
特に、音楽は、感性のものだから、意見がバラバラね。
だから、面白いのかもしれないけどね。

これからも、よかったら遊びに来てね。知識ないけど!…(^o^;)
2007/10/08(月) 12:23:39 | URL | tommyちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ここにも、また凄いアルバムが完成した。前述のMEGADETHと同じ最近ビッグ・レーベルとなっている、ロードランナー移籍第一弾。このバンドも20周年を迎えても尚、コンスタントに新作を提供している。今回4枚アルバムのことを書いていて、このバンドが一番若手(芸人じゃ...
2007/06/13(水) 15:01:51 | METALLICAN Blog
最強の新作が登場・・Dream Theaterは、更なる進化を遂げた。Atlanticから新レーベルRoadrunnerへ移籍後第1弾となる、通算9作目のフルアルバム。プログレ=コンセプチュアルという呪縛から開放され、力強くそして自由な発想で貫かれた作品である。1.In The Presence of En
2007/06/19(火) 21:00:08 | D9の響き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。